4月が見頃!関西(京都・大阪・神戸周辺)の花の名所・スポット9選

※緊急事態宣言発令により、営業休止や入場制限を行っている場合がありますのでご注意ください。

眠っていた草木や花たちが一斉に動き出す4月!ツツジ、ヤマブキ、フジ、ポピー、ネモフィラなど、鮮やかな花々が見頃を迎えます。

神戸から西宮、宝塚、箕面、吹田、京都まで、各地の花の名所・花スポットを紹介します。(スポット情報は随時追加予定)

春の陽気に誘われて、関西の花の名所・スポットを訪れてみませんか?

※2021年の花の見頃は、例年よりも早まっているようです。また、気象条件や場所により異なりますので、事前にご確認のうえお出かけください
※花の見頃は、紹介している社寺・施設での見頃です。一般的な見頃と異なる場合があります。
※各スポットで紹介している花は花の種類により見頃が異なります。

【京都・西京区】まぶしい黄色の花が古社を彩る「松尾大社」

ヤマブキ(例年4月中旬〜5月上旬頃)

水辺に咲いたやまぶき

約3,000株のヤマブキが境内を黄色に染めます。花盛りの4月25日には、恒例行事「神幸祭」も行われます。

スポット名 松尾大社
料金境内自由、庭園拝観料:大人500円、中高大生400円、小学生以下300円
時間9:00~16:00(日曜・祝日は~16:30)
問い合わせ075-871-5016
アクセス阪急松尾大社駅下車すぐ
住所京都市西京区嵐山宮町3【MAP
URL http://www.matsunoo.or.jp/

【京都・右京区】風情ある庭園の花景色「妙心寺 退蔵院」

紅枝垂れ桜/フジ/ヤマブキ/ハナミズキ・ツツジ

庭園に咲くフジ

一年を通じて色とりどりの花が咲く、池泉回遊式庭園「余香苑」。池の端にある藤棚から、フジの花越しに優美な庭の姿が見渡せます。

見頃(例年)/
紅枝垂れ桜…4月上旬~下旬
フジ・ヤマブキ…4月中旬~5月上旬
ハナミズキ…4月下旬~5月上旬
ツツジ・ユキヤナギ…4月下旬~5月中旬

スポット名 妙心寺 退蔵院
料金大人600円、小中生300円、小学生以下無料
時間9:00~17:00
問い合わせ075-463-2855
アクセス阪急嵐山・西院・大宮各駅から嵐電のりかえ妙心寺駅下車 南へ1km、または阪急烏丸駅から市バスのりかえ妙心寺前停下車 北へ300m
住所京都市右京区花園妙心寺町35【MAP
URL http://www.taizoin.com/

【吹田】多彩な花が見られる「万博記念公園」

ポピー/ネモフィラ/チューリップほか

ポピーが一面に広がる万博公園
画像提供:大阪府

広大な園内に、一年を通じて様々な花が咲く万博記念公園。4月から5月にかけて、自然文化園・花の丘が約38万本のポピーで彩られます。黄色やオレンジのポピーの間からは、さわやかな青いカラーのネモフィラが顔を出し、色彩の対比が目を楽しませてくれます。またチューリップの花園の斜面にも、ネモフィラ約7,000株が咲きます。

見頃(例年)/
ポピー…4月上旬~5月上旬
ネモフィラ/4月から5月
チューリップ…3月下旬~4月下旬

スポット名万博記念公園
料金自然文化園(日本庭園含む):大人260円、小中生80円
時間 9:30~17:00(入園は~16:30)
定休日水曜休(祝日の場合は開園、翌日休。4月1日~ゴールデンウイークは無休)
問い合わせ06-6877-7387(万博記念公園コールセンター)
アクセス阪急山田・南茨木・蛍池各駅から大阪モノレールのりかえ万博記念公園駅下車 北へ800m
住所吹田市千里万博公園【MAP
URL https://www.expo70-park.jp/

【箕面】紅葉の名所の春も美しい「箕面公園」

青モミジ(例年4月下旬〜5月下旬)

霧が立ち込める森の青モミジ

赤く染まったモミジは秋の箕面の名風景ですが、日の光にキラキラ輝く青モミジもまた美しい。箕面大滝へ続く川沿いの道を、野鳥のさえずりをBGMに心地良くハイキングしてみては。

スポット名箕面公園
アクセス阪急箕面駅下車(箕面公園入口まで北へ500m)
住所箕面市箕面公園1-18【MAP
URL http://www.mino-park.jp/

【宝塚】青空に浮かぶ雲のよう「中山寺」

フジ(例年4月中旬~下旬)

連なるフジの花

「星の広場」にあるのは、なんと約80メートルも続く藤棚。そこに連なる圧巻の白いフジの花は、まるでたなびく雲のよう。甘い香りも楽しめます。

スポット名中山寺
問い合わせ0797-87-0024
アクセス阪急中山観音駅下車すぐ
住所宝塚市中山寺2丁目11-1【MAP
URL https://www.nakayamadera.or.jp/

【西宮】頭上にも足元にも花がいっぱい「西宮市北山緑化植物園」

八重桜/ハナミズキ/チューリップなど

チューリップと八重桜

春を迎えた園内には、様々な花が咲き出します。頭上には、八重桜や可憐な花びらが揺れるハナミズキ、足元にはチューリップ、どこを見ても癒やされます。

見頃(2021年)/
八重桜…4月上旬~中旬
ハナミズキ…4月中旬
チューリップ…4月上旬~中旬

スポット名西宮市北山緑化植物園
料金入園無料
定休日無休(緑の相談所・温室は10:00~16:00、水曜休〈祝日の場合は開園、翌日休〉)
問い合わせ0798-72-9391
アクセス阪急夙川駅→阪急バスまたはさくらやまなみバス・柏堂町停下車すぐ、または阪急甲陽園駅下車 約30分
住所西宮市北山町1-1【MAP
URL https://www.nishi.or.jp/kotsu/kankyo/hanatomidori/shokubutsuen/index.html

【伊丹】背の高い清楚な白い花「昆陽池公園」

リキュウバイ(例年4月上旬〜下旬)

白い花をつけたリキュウバイ
画像提供/伊丹市役所公園課

野鳥が集まる自然豊かな公園。真っ白な花を咲かせるリキュウバイが、新緑と青空に映えます。

スポット名 昆陽池公園
問い合わせ072-784-8134(伊丹市役所 公園課)
アクセス阪急伊丹駅から市バスのりかえ松ヶ丘停または昆陽池公園前停下車すぐ
住所伊丹市昆陽池3丁目【MAP
URL http://www.city.itami.lg.jp/shokai/sansaku/oashisu/1392342840680.html

【尼崎】まるで樹上に雪が降ったみたい「尼崎市都市緑化植物園(上坂部西公園)」

ナンジャモンジャ(例年4月下旬〜5月上旬)

白い花を付けたナンジャモンジャ
画像提供/尼崎市都市緑化植物園

敷地全体が木々に覆われた自然豊かな都市緑化植物園。ナンジャモンジャの繊細な花が満開になると、まるで雪が降ったかのような風景に。

スポット名尼崎市都市緑化植物園(上坂部西公園)
入園料無料
時間 4月~9月/6:00~21:00、10月~3月/6:00~18:00
定休日無休(温室は火・水曜・祝日休〈ゴールデンウイークを除く〉)
問い合わせ06-6426-4022(尼崎市都市緑化植物園・緑の相談所)
アクセス阪急塚口駅下車 南東へ1.1km
住所尼崎市田能5-12-1【MAP
URL https://www.amaryoku.or.jp/

【神戸・花隈】ピンクのグラデーションに染まる名勝地「相楽園」

ツツジ (例年4月上旬~6月上旬)

相楽園の庭園に満開のツツジ
画像提供/相楽園

名勝地として国の登録記念物に登録されている相楽園。池泉回遊式の庭園を艶やかなツツジが埋め尽くします。毎年4月下旬~5月初旬に開催される「つつじ遊山」では、様々なイベントも開催。

スポット名相楽園
料金大人(15歳以上)300円、小・中生150円
時間 9:00~17:00(入園は~16:30)
定休日木曜(祝日の場合は開園、翌日休園)
問い合わせ078-351-5155
アクセス阪急花隈駅下車 約11分
住所神戸市中央区中山手通5-3-1【MAP
URL http://www.sorakuen.com/

この記事を書いたのは… TOKK編集部T

夕日

「TOKK(トック)」編集部T。豊中育ち→箕面→豊中→池田→神戸・岡本→池田と阪急沿線を転々とする。そのたびに、その街と周辺を隅々まで歩き、住人だからこそ分かる見どころを掘り起こしている。次に住んでみたいのは阪急京都線の大山崎。趣味は、おいしいもの発掘と山歩き。

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から49年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月2回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。
【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia
【Twitter】@hankyu_tokk

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 各社寺・施設等は、閉門(閉館)20~30分前に受付を終了する場合があります。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!