夏のお出かけに、六甲の山上カフェがいい!涼しい、絶景、おいしいを満喫!

神戸・阪神間に住んでいるものにとって、六甲山はいつもそこにある山!都心から30分ほどで到着する近さなのに、そこはもう別天地!

六甲山の8月の平均気温は23.4℃で、神戸・阪神間の街中とは10℃前後の差。天然のクーラーです。暑い夏には、六甲の山の上で涼しさを満喫しましょう。

さらに、眺望のいいカフェもたくさん。この夏は、涼しさ、眺望、そしておいしさを存分に楽しむために、六甲の山の上のカフェに出かけませんか?

六甲からの絶景を楽しむならTENRAN CAFE(テンランカフェ)

TENRANカフェから眺める絶景

六甲の絶景を楽しむといったら、なんといってもTENRAN CAFEがおすすめです。まさに、「絶景かな!絶景かな!」です。TENRANとは、天覧のこと。1985年に昭和天皇がお立ち寄りになられたことを記念して「天覧台」と名付けられたという、由緒正しいものです。カフェのテラス席から同じ景色をお楽しみください。

TENRANカフェの竜田揚げ淡路鶏の彩(いろどり)にんにく醤油バーガー
竜田揚げ淡路鶏の彩(いろどり)にんにく醤油バーガー

こちら、この夏の自信作、竜田揚げ淡路鶏の彩(いろどり)にんにく醤油バーガーです。香草に漬け込んでカリッと揚げた淡路鶏の竜田揚げにさっぱりした大根ピクルスがアクセント!テイクアウトも可です。絶景を見ながら、ガブっといっちゃいましょう!

TENARANカフェのマンゴラッシー
六甲山のマンゴーラッシー

六甲山麓のヨーグルトと牛乳で作ったラッシーに、ブルーキュラソーの柑橘シロップと自家製ゴロゴロマンゴージャム!トッピングは、六甲山麓のバニラアイスで、「The 六甲山」な六甲山を満喫できるラッシーです。(写真はテイクアウト用

スポット名TENRAN CAFÉ
時間11:00~19:30LO(~7/31)、11:00~20:00LO(~8/31)
※コロナ感染症の状況によっては変更がある場合もありますので、ご確認の上、ご来店ください。
定休日火曜日(夏季は無休)
問い合わせ078-891-1011
アクセス六甲ケーブル・六甲山上駅下車すぐ
住所神戸市灘区六甲山一ケ谷1-32【MAP
URL https://www.rokkosan.com/top/eat/tenran_cafe/

別荘をリノベーションした豪華なシチュエーションが自慢の653.café(ろっこうさんカフェ)

六甲山カフェの様子

653カフェは、653と書いて、六甲山と読みます。なるほど・・・。かつて、個人の豪壮な別荘をリノベーション。広大な芝生広場が自慢です。お庭のハンモックやヒマラヤ杉にかかる大きなブランコで遊べます。子供たちが大喜び!大人も、子どもと一緒に楽しみましょう!テラスやお庭は、ペットも可なので、ゆったり過ごせます。

六甲山カフェの遊具

メニューも充実しています。定番のオリジナルカレーやハンバーガー、サンドイッチの他、デザートメニューもいっぱい!季節のメニューなら、季節の心地よい風を感じることができますね。

六甲山カフェのスイーツ

ピクニックメニューもあって、レジャーシート(消毒スプレー完備)をレンタルして、お好きな場所で食べられます。手ぶらで、六甲山のハイキングを味わえるのがうれしいです!

スポット名653.café(ろっこうさんカフェ)
時間11:00~17:00(木・金・土)
11:00~19:00(日・祝日)
※土・日・祝は前日までに要連絡。山の天気次第ではクローズが早まる場合もあります。
定休日月・火曜日、雨天の場合
問い合わせ078-891-0218
アクセス六甲ケーブル・六甲山上駅下車 北側すぐ
住所神戸市灘区六甲山一ケ谷1-70【MAP
URL https://653.cafe/

思わず息をのむ絶景を見たいならグラニットカフェ

グラニットカフェからの絶景

六甲ガーデンテラスにあるグラニットカフェは、とびきりの絶景を楽しめるカフェです。「息を飲むような」という表現が誇張でないことがわかります。ほんとに、すごいです。きっと、どの季節、どの天候でも、それぞれの美しさを満喫できます。

グラニットカフェの夜の様子

外の風に吹かれるテラス席も素敵ですが、屋内からも同じ景色が楽しめますので、寒い冬や雨の日にはいいですね。夜景を見るのもおすすめです。ふたりでロマンチックナイトが過ごせます。

グラニットカフェのフードメニュー一例

グラニットカフェは、絶景だけのカフェではありません。旬の食材を使ったシェフ特製のおしゃれな創作料理、スイーツなどのメニューがいっぱいで、どれもこれも食べたくなります。季節ごとに、フェアを随時開催されますので、公式サイトは要チェックです。

スポット名グラニットカフェ
時間11:00~19:30(LO)
※新型コロナウイルス感染症等の影響により営業時間が変更になる場合があります。
詳しくはHPをご覧ください。
定休日季節による異なる
問い合わせ078-894-2112
アクセス六甲有馬ロープウェー・山頂駅から約5分
住所神戸市灘区六甲山町五介山1877-9 六甲ガーデンテラス内【MAP
URL https://www.rokkosan.com/top/eat/granitecafe/

木漏れ日の中で静かな大人の時間を過ごすTHIRD PLACE ROKKO(サードプレイスロッコウ)

サードプレイスの施設
写真は予約制のプライベートモーニングサービス時、または空席がある場合

「夏と言えば海!」という方も多いかもしれませんが、今年の夏は、静かな木漏れ日の中、ゆったりと大人の夏を過ごしませんか?緑に囲まれた隠れ家的カフェが、サードプレイスロッコウです。

サードプレイスのハンモック
プライベートモーニング時、またはハンモックランチご利用の場合

忙しく日々を送る私たちには、心も体もリラックスする時間が大切です。鳥のさえずりだけが聞こえる林の中、ハンモックに揺られる休日も素敵です。スケジュールに追われる休日より、ゆったり流れる時間を過ごす休日をおすすめします。

サードプレイスのバーベキュー
サードプレイスのバーベキュー

心身ともにリラックスできたら、さぁ、次はエナジーチャージ!サードプレイスロッコウのバーベキューは、ただの屋外焼肉ではありません!塊肉を炭火で焼いて、食べるときに薄くスライスしていただく本格派!豪快でありながら、繊細なお肉の味を楽しめます。

サードプレイスのカラフルソーダ

こんなカラフルなドリンクはいかが?ビールもいいですが、フォトジェニックなソーダもおしゃれです。

スポット名THIRD PLACE ROKKO
時間11:00~16:00(月・火・木・金)、11:00~17:00(土・日・祝)
※貸切・焚火焚き・BBQ時は、上記時間外も営業)
定休日水曜日
問い合わせ078-891-0529
アクセス阪急バス・六甲山頂停(記念碑台)から約5分
住所神戸市灘区六甲山町南六甲1034-104【MAP
URL 3rdplacerokko.com

昼と夜でまったく違う雰囲気が楽しい六甲山PISKA(ピスカ)

piskaの夜の様子

六甲山ピスカは、林の中の道沿いの木漏れ日の中のたたずまいも、暗い林と店内からこぼれる赤い灯のコントラストも、どちらも心惹かれるものがあります。昼間はランチが楽しめ、夜はカフェバーとしてお酒も楽しめます。

piskaのミートソースパスタ

ランチは、ドイツ仕込みのPISKAのミートソースパスタが、本格的!木漏れ日が躍る林を見ながらいただくランチは、最高です。

ラルフ店長

そして、六甲山ピスカの一押しは、ゴールデンリトリバーのラルフ店長!お客様を愛嬌でおもてなししてくれます。愛犬家でなくても、心安らぐひと時です。

スポット名六甲山PISKA
時間11:00~22:00
定休日なし
問い合わせ078-891-0500
アクセス阪急バス・六甲線六甲山頂(記念碑台)停から約4分
住所神戸市灘区六甲山町南六甲1034-240【MAP
URL https://www.instagram.com/rokkosan_piska/

四季折々の高山植物とともに楽しめるエーデルワイス(六甲高山植物園内)

エーデルワイスの外観

六甲高山植物園は、本州にありながら、北海道南部に相当する六甲山の気候を生かし、高山植物や世界の寒冷地植物、六甲山の四季折々の自然を楽しむことができます。50,000㎡の広大な園内には約1,500種が栽培されています。

エーデルワイスは、六甲高山植物園の東入り口近くにある山小屋風のロッジカフェです。植物園に入らなくても、お店利用だけでもOKなので、気軽に利用したいですね。

エーデルワイスのカレーセット
カレーセット

山小屋風カフェでいただくカレーセットは、ピリッと辛くてスパイシー!山歩きの後食べるカレーは最高です。

エーデルワイスのケーキセット
ケーキセット

緑に囲まれたテラス席がとっても素敵!ずっと座っていたい心地よさです。

スポット名エーデルワイス(六甲高山植物園)
時間11:00~16:30(LO16:00)
定休日植物園の定休日に同じ
問い合わせ078-891-1247
アクセス六甲山上バス・高山植物園停から約2分
住所神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150【MAP
URL https://www.rokkosan.com/top/eat/edelwaiss/

最後に

六甲山の山の上のカフェをご紹介しました。最高のロケーションで、眺望を楽しみ、おいしさに舌鼓!ゆっくりと流れる時間と新鮮な空気に、いやされてください。
Have a nice holiday!

この記事を書いたのは、TOKK編集部 K

生まれも育ちも京都。阪急電車の全駅を紹介した『まちあるき手帖 神戸線・宝塚線・京都線』を編集し、阪急電車の全駅を踏破した経験の持ち主。気になること、興味の対象は数限りなく、一日24時間では足りない!

うどん/コーヒー/ロードバイク/猫/読書/SNS(dispoで何を撮影するのが良いかお悩み中のこの頃)/ピラティス/和菓子/パン/電車/旅/東京/アンティーク/写真/建築

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から49年目を迎える情報紙。関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月2回、各30万部発行するメディア。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Twitter】@hankyu_tokk

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!