岡本・御影で人気のパン屋さんはココ!地元民厳選のおすすめ5店

石畳みの街並みがおしゃれな岡本、そして閑静な住宅街に美食が集まる御影。神戸の東に位置する2つの街には、素敵なベーカリーやスイーツ店、雑貨店などが軒を連ね、落ち着いた雰囲気の街並みをゆっくりと楽しみたいエリアです。

そんな街で、パンで有名なのが岡本にある「フロイン堂」。ご存じの方も多いでしょうが、「フロイン堂」以外にもおいしいパン屋さんがあります。岡本に2年半住んだ編集部スタッフと、お隣、六甲在住の編集部スタッフが、街をよく知るからこそおすすめしたいパン屋さんを厳選してご紹介。「フロイン堂」とはしごして、ぜひ訪れてみてくださいね。

【岡本】どこまでもおいしさを追求する「knead(ニード)」

早い時は14時半頃に売り切れて閉店する時もあるという人気店「knead(ニード)」。ハード系から食事パン、菓子パン、クッキーやタルトまで、バランスのとれたラインアップで、毎日40種類以上のパンが並びます。

店主がこだわるのは「小麦の味をいかに引き出すか」ということ。「春よ恋」「ゆめちから」といった国産小麦を中心に、それぞれが持つ小麦の風味を引き立てるため、自家酵母を使った製法はごくシンプル。素材のありのままの味が楽しめるように仕上げているのが特徴です。

パンだけでなく、合わせるものにもこだわりが。パンに使うソースなども自家製、具材も徹底して選び抜く。店頭に並んだらゴールというわけではなく「もっとおいしくなるのでは?」と、妥協せずに改良を重ねることもしばしばだそう。

クロックムッシュ

バーナーで炙った香ばしい匂いが食欲をそそる「クロックムッシュ」。小麦と発酵による自然の甘みが感じられる人気の食パンに、ハムと自家製ホワイトソースを重ね、チーズをあぶって仕上げています。これも、グルエールチーズに変えたことで、ようやく納得のいく味にたどり着いたそう。いただいてみると、確かにチーズが抜群においしい!全体の味のバランスも一本筋が貫くようにピシッと決まっています。

艶やかなクリームパン

ハリと艶が美しい、人気急上昇中のクリームパンは、時間がたってもおいしく食べられるようにひと工夫。甘さを控えた自家製カスタードがたっぷり入っています。

おいしさを提供するためにどこまでも追求する、職人のこだわりが一つ一つに込められています。

スポット名 knead(ニード)
時間10:00〜売り切れ次第閉店
定休日日・月曜、不定休あり
問い合わせ078-803-8874
アクセス阪急岡本駅下車 約9分、JR摂津本山駅下車 約5分
住所神戸市東灘区岡本2-5-6【MAP
URL https://www.instagram.com/bakery_knead/?hl=ja

【岡本】いろんな酵母で作る食パンが人気「ぱんらぼSaku(サク)」

2014年5月にオープンした「ぱんらぼSaku(サク)」。食パン「本山パン」は、1か月先まで注文の予約が埋まっているという人気のお店です。

「本山パン」は、国産小麦と自家製酵母と微量のイーストで長時間発酵することにより、しっとり、もっちりした食感に仕上げているのが特徴。そして、実はちょっとした秘密が。季節によって酵母を変えているんです。

夏はトマトの酵母、冬は伊予柑の酵母を。トマトなら酸味が、伊予柑なら爽やかな柑橘感が、ほのかに食パンにも現れるそう。ほかにもイチゴやぶどう、ミントなど、「果物屋に並ぶ素材はだいたい試した」と店主。この素材だと、どんなパンができるのか――? お店の名前通り「ぱんらぼ」=パンの研究所として、酵母の可能性を実験的に試し、おいしくできたものは晴れて店頭へ。

その新作が店頭にお目見えするのが水曜日。「酵母パンシリーズ」として、テーマを持って新しいメニューが登場。どんなメニューかは、インスタグラムでチェックを。

また、この食パンを使った人気メニューが卵サンド。牛乳とバターでふんわりと仕上げた厚焼きタイプで、ファンが朝から列をなすほど!ぜひ一度食べてみて。

スポット名 ぱんらぼSaku(サク)
時間9:00〜18:00(売り切れ次第閉店)
定休日月・火曜、第1・第3水曜
問い合わせ078-855-7822
アクセス阪急岡本駅下車 約12分
住所神戸市東灘区本山中町3丁目1−14【MAP
URL https://www.instagram.com/panlab_saku/?hl=ja

【岡本】まるでスイーツ!遊び心のあるパン「ブーランジュリー・グルマン」

2017年4月にオープンしたブーランジュリー・グルマン。お店の特徴は、まるでスイーツのようなデザインの創作パン!

名パティスリーの高級ガトーのような形のパンや、

食べるのがもったいないほどデザイン性の高い「抹茶と黒豆ときな粉のブリオッシュ」。

定番のバゲットも、フランボワーズとチョコレートで装いが華やかに。真っ赤な「バゲットルージュ」は、12月の期間限定メニューです。

こうした、店主のオリジナリティーが発揮された創作パンたちは、同じ料理界で活躍するシェフやパティシエとの会話やメニュー、日常の中からヒントを得て生み出されているそう。

また、毎日の食事に合うパンにも力を入れています。食パンやフランスパン、カンパーニュなどは、余計なことはせず製法に忠実に。

「食事パンをいつも買ってくださる方、新作を楽しみに来てくださる方、季節限定を楽しみに待っていてくださる方。それぞれにファンの方がいらっしゃって、支えられています」と店主。

基礎はきっちりおさえながら、遊び心は創作パンに発揮して、店主自身がパン作りを楽しむ。その心意気がパンにも現れて、「いいもの」としてお客さんに愛されているのでしょう。

スポット名 ブーランジュリー・グルマン
時間8:30〜18:00 (日曜、祝日は14:00まで。売り切れ次第閉店)
定休日月・火曜
問い合わせ078-262-1025
アクセス阪急岡本駅下車 約11分、JR摂津本山駅下車 約8分
住所神戸市東灘区本山中町3-6-23 TMハイツ本山【MAP
URL https://www.instagram.com/boulangerie_gourmand/

【御影】お酒と合わせたいハード系パンが美味「ito(イト)」

ご夫婦で営む「パンのお店ito(イト)」は、2017年にオープンしたお店。パンの種類が出そろうお昼前の時間帯になると、約60種類がずらりと店内に並びます。

主に店頭に並ぶのはハード系のパン。セミドライのイチジクやくるみ、栗、柚子など季節ごとに変わる具材はたっぷり入っています。また、近くに小学校や幼稚園があるので、子どもでも食べやすい甘めのパンも用意されています。

大切にしているのは、「子どもが食べることを考えて、出来るだけ安全な国産の素材や兵庫県産の野菜を使うこと」。パンに使うソースやジャムもすべて手作りで、日々パン作りに励んでいます。

店主一番のおすすめはクロワッサン。北海道産の発酵バターを使って香り高く、サクッとした食感にこだわっています。ぜひ、オーブントースターで温め直してからいただきましょう。

編集部スタッフのおすすめは細長い形をした「ナッツスティック」。これがお酒によく合うんです!

棚に並んだナッツスティック

はちみつに漬け込んだくるみとピーカンナッツが入ったパンで、「パンというより、ナッツにパンが付いているような感じ」というほど具材がぎっしり!ポリポリと、あっと言う間に食べ終えてしまうので多めに購入しておきましょう。

スポット名 パンのお店 ito(イト)
時間8:00~18:00(売り切れ次第閉店)
定休日日・月・火曜
問い合わせ078-891-5047
アクセス阪神御影駅下車 約5分
住所神戸市東灘区御影本町6丁目4−16【MAP
URL https://www.instagram.com/pan.ito/

【御影】スイーツも充実、ハイブリッドなパン屋さん「ビアンヴニュ」

平日昼間でも、お客さんが途切れることなく訪れるブーランジェリー「ビアンヴニュ本店」。

店内に並ぶ約80種類のうち、ざっと見ても4割くらいがスイーツ系を占めています。その多彩さはパンに留まらず、タルト、プリン、バスクチーズケーキまで。棚の一角には、フィナンシェやクッキーなど焼き菓子のコーナーもあるくらいの充実ぶり。

店内の棚

オーナーシェフの大下さんいわく「パン屋以上、ケーキ屋未満を目指した」とのこと。修業時代、ホテルやスイーツ店のブーランジェリー部門を任され、スイーツが身近にあった環境から、スイーツ作りの知識も自然と覚えたそう。

パンを買うついでに、手土産も買えてしまう、ありがたいお店です。

特に編集部スタッフのおすすめは、シナモンロール。くるみがゴロゴロと入っていて、どこを食べてもザクっとした食感!甘さ控えめです。

スイーツ系のパン

と、スイーツ推しではありますが、ハード系や食事パンももちろんおいしい!焼き色の美しいバゲットや、具材が惜しみなく入ったハードパンもスタッフのイチ押し。「自分の子どもが食べても安心できる素材で」と、添加物不使用で作りあげています。

棚に並んだおいしそうなパン
スポット名 ビアンヴニュ
時間8:00~19:00
定休日日曜
問い合わせ078-771-2866
アクセス阪急御影駅下車 約9分
住所神戸市東灘区御影1-16−15【MAP
URL http://www.mikage-bienvenue.com/

パン屋さんが盛りだくさんな岡本・御影エリア。お隣、六甲や神戸など、エリアごとにおすすめのパン屋さんを紹介しているので、ほかの記事もチェックしてみてくださいね。

【神戸周辺、阪神間のパン】
【神戸の人気パン屋】サマーシュ、レコルト、バカンス他おすすめ4選
六甲に行ったら連れて帰りたいパン。地元民おすすめベーカリー5選
【西宮・夙川・門戸】ミヤナガ、フリアンド、トリコ等人気パン屋6選

【京都のパン】
【京都の人気パン屋】メゾンカイザー、オレノパン、ファイブラン他4選
京都・大宮はパン屋巡りに最適!歩いて行ける5店とパン屋巡りのコツ

【大阪のパン】
【梅田・中津・十三】大阪キタ周辺人気パン屋5選、シティベーカリー・カンテ・パリジーノ他
高槻発が熱い!編集部厳選【パンの名店ベスト4】地元で愛されるとっておきのパン屋さん
人気の住宅街・箕面でパン屋さん巡り。個性豊かな5店舗を編集部が厳選!
【大阪・吹田】ル・シュクレクール岸辺、サニーサイド吹田南千里本店、ミル・ヴィラージュ 人気のパン屋さん3選
【大阪・豊中】パトリエフクモリ桃山台店、ブーランジェリーカラン、ア・ビアント本店 北摂の人気パン屋さん3選

【惣菜パン】
大阪・神戸の人気パン屋さん4店のおすすめ!おいしい惣菜パン12選【TOKK2021年3月1&15日号】
<大阪・兵庫・京都>人気パン屋の絶品具材を生かした惣菜パン12選【TOKK2021年3月1&15日号】
大阪・京都のおしゃれな絶品パン!おすすめ人気ベーカリーカフェ4選【TOKK2021年3月1&15日号】

この記事を書いたのは… TOKK編集部T

夕日

「TOKK(トック)」編集部T。豊中育ち→箕面→豊中→池田→神戸・岡本→池田と阪急沿線を転々とする。そのたびに、その街と周辺を隅々まで歩き、住人だからこそ分かる見どころを掘り起こしている。次に住んでみたいのは阪急京都線の大山崎。趣味は、おいしいもの発掘と山歩き。

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から49年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月2回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。
【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia
【Twitter】@hankyu_tokk

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!