【大阪梅田】おいしい台湾料理を食べるならここ!人気のルーロー飯に牛肉麵、タピオカまで

台湾カステラ、台湾ラーメンなど「台湾」と名の付くフード類が人気となったり、台湾の店舗が日本へ出店するなど台湾関連のニュースが続いています。「台湾へ行きたいけどいけない…」そんな気持ちを慰めてくれるのは、やはりおいしい台湾料理ではないでしょうか。最近は台湾料理の新しいお店も増えています。

ただ人気があるだけに、台湾料理が曖昧になっていて「中国料理とどう違うの?」「具体的にどういう料理を指すの?」そんな疑問を持つ方にもわかりやすく、かつ大阪梅田で一人でも複数人でも気軽に食べられる、おいしくておすすめのお店をご紹介します。

この記事では、台湾大好きなTOKK編集部Rが大阪梅田周辺で食べられる台湾料理のお店をチョイスしました。今回ご紹介するお店は台湾で実際に人気のお店の出店だったり、修業した料理を提供する本格的なお店ばかりです。

ぜひ台湾に行きたい気持ち、台湾グルメを食したい時などに訪れてみて。

※店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合があります。お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。

台湾料理ってどんなもの?

台湾のもともとの食事は、だしを使用し、油や塩分なども控えめな食事でした。台湾では宗教上の理由や健康的な理由で素食と呼ばれるベジタリアンのお店も多いんです。この辺りは和食とも似ていますよね。台湾の肉料理はもともと豚や鶏だったところへ、中国からもたらされた食文化などがミックスされ、牛肉などの料理も増えました。今では牛肉を使用した麺類やご飯なども多く、台湾を代表する料理に。その多様性は日本の食にも近く、それゆえ台湾はグルメ天国と呼ばれるのだと思います。

台湾料理の味わいは甘めで、スパイスが利いた料理も豊富です。もともと湿度が高く四季がある台湾では、スパイスなどを使用することで、体に溜まる水分の排出を促しているのだそう。スパイスと聞くと辛い!と思う方もおられますが、台湾料理で辛い料理はどちらかと言えば少な目。それよりスパイスで爽やかさや独特の甘い香りなどの風味付けしたものが多いので、辛いものが苦手な方でもおいしく食べられると思います。

また、外食文化が根付いているので屋台料理なども多く、地元の人々が普段食する料理を旅行者でも試しやすいんですね。台湾と日本との距離の近さもあると思いますが、日本人の行きたい旅行先・第1位に台湾が選ばれているのも、日本人が好きなグルメが(それでいて日本にはない味付けが)多いのも、理由の1つではないでしょうか。

台湾の名物・夜市

春水堂(チュンスイタン)グランフロント大阪店

春水堂はタピオカミルクティー発祥のお店

「春水堂(チュンスイタン)グランフロント大阪店」は台湾・台中に本店があるお店。創業は1983年、台湾でも50店以上を有するお茶専門カフェです。そして、タピオカミルクティー発祥の店としても知られています。お茶専門だけあって、お店にはお茶マイスターなどがいて、有資格者しかドリンクを作ることが認められていないのだと言います。

1人でもグループでも使い勝手のよいお店

そんなお茶専門カフェですが、「春水堂(チュンスイタン)グランフロント大阪店」で提供される食事類は本格的な台湾料理をいただくことができます。

一番人気は豆漿鶏湯麺(トウジャンジータンメン)

麺類やご飯類も多くある「春水堂(チュンスイタン)グランフロント大阪店」ですが、一番人気は「豆漿鶏湯麺(トウジャンジータンメン)」950円。豆漿とは、台湾の朝食でよく食べられる豆乳のこと。台湾の豆乳は日本の豆乳と違って、軽く飲みやすいことが特長。台湾では、この豆漿に干しエビや黒酢にネギなどの薬味類を入れた鹹豆漿(シェントウジャン)が朝食としてポピュラーなんです。

ところどころ豆乳が固まっているのもまたおいしい!スープはとってもまろやか

鹹豆漿(シェントウジャン)に、あっさりした鶏ガラスープを合わせてもちもちの麺を入れたのが「豆漿鶏湯麺(トウジャンジータンメン)」。鹹豆漿(シェントウジャン)は、黒酢が入っているので豆乳が所々固まっておぼろ豆腐のようになって、蒸した鶏肉をゴマダレであえたものもジューシー!上には、パクチーもあってその香りもアクセントに。スープがおいしくて、ずっと飲んでしまう一品です。

八角香る牛肉がのった牛肉麺

ほかにも、とろとろになるまで煮込んだ牛肉が入った「牛肉麺(ニューローメン)」1,050円や、台湾の代表的なスパイスとも言われ、花椒(ホワジャ)、クローブ、シナモン、スターアニス、フェンネルなど5種類のスパイスが混合される五香粉(ウーシャンフェン)が堪能できる「五香湯麵(ウーシャンタンメン)」850円など、台湾らしい料理もいただくことができます。

五香粉が香る五香湯麺

また、日本でもよく見かけるようになってきた豚バラ肉を甘辛く煮込んだ屋台飯「魯肉飯(ルーローハン)」850円や、鶏むね肉をオリジナルの台湾しょう油で和えた「鶏肉飯(ジーローハン)」850円などもラインアップ。

豚バラを甘辛く煮たごはん、ルーロー飯
鶏のささ身たっぷりヘルシーなジーロー飯

どの料理にもプラス500円で好きなお茶を付けることができるセットも(点心や豆花などのスイーツ類のセットも)。ぜひ台湾料理を食べて、おいしいお茶をゆっくり飲んでみるのはいかが。

豆花にはタピオカや茹でピーナッツをトッピング
スポット名春水堂(チュンスイタン)グランフロント大阪店
時間10:00~22:00
定休日不定休(グランフロント大阪に準ずる)
問い合わせ06-6131-8520
アクセス阪急大阪梅田駅下車 約8分
住所大阪市北区大深町4-1グランフロント大阪南館 うめきた広場地下1階【MAP】
URL https://www.chunshuitang.jp/
https://www.instagram.com/chunshuitang/

騒豆花(サオドウファ)ホワイティうめだ店

開放感のある店内

2001年台北にて創業し行列のできる人気店としても知られた、「騒豆花(サオドウファ)ホワイティうめだ店」は劉親子三代続く豆花専門店です。専門店だけあって、豆花の種類も多く、「騒豆花(サオドウファ)ホワイティうめだ店」では特にフルーツを使った南国らしい華やかな豆花が得意のお店。また、豆花以外でも台湾フードをいただくことができるカフェスタイルのお店です。

また、豆花以外にも台湾から直輸入した茶葉を使用したぷるぷるもちもち食感のタピオカミルクティーなどを楽しむことができます。「騒豆花(サオドウファ)ホワイティうめだ店」では、大きなテイクアウト専用カウンターも併設しているので、購入しやすいこともうれしいですね。

ホワイティのイーストモール扇町にある騒豆花

食べて欲しいのは劉ママの牛肉麺

「騒豆花(サオドウファ)ホワイティうめだ店」の台湾フードで気になるのは、店舗で牛バラ肉と香味野菜からダシをとり、各種台湾秘伝の調味料で仕上げるという「劉ママの牛肉麵セット」880円(15時までのランチ限定メニュー。単品はすべての時間で提供あり)。

お昼のセットは800円から

台湾の牛肉麵(ニューローメン)は、五香粉が香ることが多いのでシナモンや八角が苦手な人には手を出しにくいメニューですが、「騒豆花(サオドウファ)ホワイティうめだ店」の「劉ママの牛肉麵」はとっても穏やかな味わい。

秘伝のスープが絶品の牛肉麵

麺はもちもち、牛肉はホロホロとしていて、スープには牛肉のうま味や甘めのダシの滋味深さがにじみ出ていてついつい飲んでしまう一品。五香粉はほんのり甘く香る程度なので、苦手な人も一度は試して欲しいメニューです。

皮がもちもちの水餃子

「劉ママの牛肉麵セット」には、水餃子2個と茹でピーナッツの入った豆花がついたステキなセットですが、この水餃子も皮がもっちもっちしていてQQ(台湾でもちもちとしたものなどを指す言葉)好きにはたまらない逸品。ショウガたっぷりの醤油をつけていただきましょう。

「騒豆花(サオドウファ)ホワイティうめだ店」では、台湾屋台料理として「大根餅」748円やピリ辛でお酒が進んでしまいそうな「台湾式えだまめ」308円といったメニューもラインアップ。アルコール類もあるので、ちょい飲みとしても使えそうですよ。

ルーロー飯にはスープも、麺類も豊富

自家製肉味噌をたっぷりとのせ、もちもち太麺にラー油と山椒をあわせた「白胡麻坦々麺(汁なし)」968円は辛さを3段階から選ぶことができ、ヤミツキになる刺激がたまりません。担々麵だけでも汁あり・汁なし(汁なしは黒ゴマもあり)と魅力的なメニューが並びます。

また「劉ママのルーロー飯」968円はやさしい味わいのスープがついた台湾を代表する伝統的ごはん。台湾醤油、赤ネギなどで豚バラ肉を甘辛く煮込んだものをごはんの上に乗せたもの。青菜の漬物がアクセントになり、煮卵がうれしいメニューです。

湯圓などが入った単品の豆花

たっぷり食べた後は、12種類もある豆花でひと休み。写真は台湾伝統豆花の「芋圓豆花(ユーエントウファ)」858円。もちもちの芋の団子に、ピーナッツ、小豆が入ったものに冬瓜糖のさっぱりシロップでいただきます。

店内は落ち着いた空間

「騒豆花(サオドウファ)ホワイティうめだ店」は、こんな感じで台湾料理を1人でも複数で訪れても気軽に味わえる上、居心地いいお店です。

スポット名騒豆花(サオドウファ)ホワイティ梅田店
時間10:00~20:00
定休日不定休 ホワイティ梅田に準ずる
問い合わせ06-6131-3637
アクセス阪急大阪梅田駅下車 約6分
住所大阪市北区小松原町4-2 梅田地下街ホワイティ梅田 イーストモール扇町【MAP
URL https://saodouhua.jp/
https://www.instagram.com/saodouhua_osaka_umeda/

台北餃子 張記(たいぺいぎょうざ ちょうき)茶屋町店

「台北餃子 張記(たいぺいぎょうざ ちょうき)茶屋町店」は、台湾・台北の西門近くで地元の人たちから愛されている「張記鍋貼牛肉(チャンチー ゴーティエ ニュウルウ ミェン)」の味わいに惚れ込んだ店主が、お店で修業し、日本出店したお店の2号店です(1号店はホワイティうめだ NOMOKA内にあり)。

1階にはカウンター席もあるのでおひとりさまでも入りやすい!

2021年3月にオープンした「台北餃子 張記(たいぺいぎょうざ ちょうき)茶屋町店」は、レトロなトタン作りの外観に一際目立つネオンサインが目印。台湾の裏路地に迷い込んだような錯覚を起こすお店です。

2階は怪しげな赤いネオン(麻雀牌)と文字が雰囲気を醸し出します

「餃子」と聞くと、日本人は焼き餃子、中国や台湾の人は「水餃子」を思い出すとはよく言われていますが、そんな台湾において人気を誇るのが「張記鍋貼牛肉(チャンチー ゴーティエ ニュウルウ ミェン)」の焼き餃子なのだとか。

「張記鍋貼牛肉(チャンチー ゴーティエ ニュウルウ ミェン)」では、餃子にニンニクを一切使用せず、やわらかく甘みのある黄ニラと豚肉だけを餡に使用しています。それゆえ飽きがこず、いつでも食べたくなる餃子に。そんなお店の餃子が梅田で食べられるとはうれしい限りですね。

一押しは張さんの鍋貼(ゴーティエ) 焼棒餃子

「台北餃子 張記(たいぺいぎょうざ ちょうき)茶屋町店」でいただきたいのは、やっぱり餃子。なかでも一押しは看板商品の「張さんの鍋貼(ゴーティエ) 焼棒餃子」5個319円(鍋貼<ゴーティエ>とは、焼き餃子の意味)です。

「台北餃子 張記(たいぺいぎょうざ ちょうき)茶屋町店」の「張さんの鍋貼(ゴーティエ) 焼棒餃子」は、ニンニク不使用で国産の黄ニラをたっぷりと使用したうま味たっぷりの餃子。台北のお店と同じように餃子の皮も薄めのため、パリパリともちもちが味わえるところも◎。やっぱりつるんもちもちの食感が好きな人は「張さんのあっさり 水餃子」5個429円も。どちらも秘伝ダレもついた生の餃子を持ち帰ることもできるので、お土産にするのもよさそうですね。

平日のランチ時には、餃子類とルーロー飯やホルモンを使用した麻婆豆腐がセットになったお得なランチも。ボリューミーなセットなので、がっつり食べたい時におすすめです。

また、一風変わったメニューが「皿台北定食」979円。台湾チャーシューまぜ焼きそばと銘打っているのですが、焼きそばとはまた少し違うオリジナルメニュー。自家製秘伝の醤油ダレでトロトロに煮込んだ分厚いチャーシュー、シャキシャキのもやしと青ニラ、そしてパンチのあるニンニクと唐辛子やスパイス類たっぷりのソースが夏の暑さを吹き飛ばしてくれそうな焼きそばです。途中で酢を加えればまたさっぱり。元気になれる一品ですよ。

夜は、「台北餃子 張記(たいぺいぎょうざ ちょうき)茶屋町店」限定の「張記式牛肉麺」902円などのほかに、お酒が進みそうなメニューも豊富です。台湾カクテルなどお酒の種類も多いので、一人のみはもちろん、居酒屋使いにも良さそうです。

スポット名台北餃子 張記(たいぺいぎょうざ ちょうき)茶屋町店
時間11:00~15:00、17:00~23:00(土・日曜・祝日は通し営業)
定休日無休
問い合わせ06‐6375‐4555
アクセス阪急大阪梅田駅下車すぐ
住所大阪市北区茶屋町13-10【MAP
URL https://www.instagram.com/chayamachi_choki/
http://www.opefac.com/store/c_choki/index.html

いかがでしたか

今回は、大阪梅田で本格的な台湾料理がいただけるお店を3店ご紹介しました。いずれも1人でも複数人でも訪れやすいお店です。また食事だけでなくカフェとして使えるお店もあって、使うシーンを選ばなさそう。

台湾は近くの国でありながら、今はなかなか訪れることが難しい状況。いつの日か訪れることができるまでの間、予習や復習として本格的な台湾料理を味わってみてはいかがでしょうか。

台湾料理をまだまだ知りたい!そんな方にはこんな記事も

湯圓、茹でピーナッツ、愛玉子なども選べる豆花専門店!

↓↓詳しくはこちら↓↓

南所豆花はトッピング豊富の豆花(とうふぁ)!台湾の味が大阪で味わえる!

ふわふわ、しゅわしゅわ!みんな大好きな台湾カステラを購入したい

↓↓詳しくはこちら↓↓

【大阪・京都・神戸】人気の台湾カステラをお持ち帰り!おすすめのお店からふるふる食感の秘密

老舗茶藝館のような趣で中国茶を楽しむのなら…

↓↓詳しくはこちら↓↓

【池田】心ほどける隠れ家カフェ5選。ゆっくり過ごす大人時間

池田でゆっくり隠れ家ランチ。大人が行きたいおすすめカフェグルメ5選

この記事を書いたのは… TOKK編集部R

TOKK編集部R

大阪・北摂育ち。甘党で1日1回の甘いものが欠かせません。
愛しているものは、ミルクティーとチョコレートとナッツとチーズケーキ…
趣味は、美術館巡り(浮世絵大好き)と観劇(ストレートプレイ中心)
シネマやイベント、TOKKの公式Twitterを担当しています

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から49年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月1回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Twitter】@hankyu_tokk

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!