【箕面】船場がいま熱い!おしゃれでゆったり過ごせるカフェ3選(駐車場情報)

2021年4月、大阪大学の新キャンパスや箕面市の図書館などができると注目を集めている箕面・船場エリア。そんな箕面には、街の雰囲気を映したようなゆったりした雰囲気漂う、おしゃれなカフェが多くあります。

今回は、北大阪急行が箕面まで延伸(2023年予定)、新しくできる箕面船場阪大前駅と箕面萱野駅の2駅周辺のすてきなカフェを北摂生まれ・北摂育ちの編集部Rがセレクトしました。

いずれも今しか感じられない、良い意味でのどかさが漂う、おしゃれで居心地抜群のお店です。ぜひ今の箕面を感じに、訪れてみて。

※店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合があります。お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。

2021年箕面の船場に何ができるの?

古くは、繊維団地 (COM ART HILL) として作られた箕面船場エリア。ここに、2021年4月に箕面船場に大阪大学箕面キャンパスがオープンします。このキャンパスには、外国学部などができるほか、留学生と日本人学生が交流できるグローバルビレッジ箕面ができます。

そして2021年5月には、箕面市立船場図書館と文化ホールなどを擁する箕面市立船場生涯学習センターがオープン。この図書館は、箕面市立萱野南図書館の蔵書を移動させただけでなく、大阪大学の図書館とも一体化するそうで、大学の蔵書なども見られるようになるのだとか。また滞在型図書館として、ゆったり本を読むスペースも設けるのだそう。

これらの施設は2023年(予定)に北大阪急行が延伸することに伴い、新駅の箕面船場阪大前駅が誕生、その駅と直結を予定しています。延伸されると、北大阪急行は大阪メトロ・御堂筋線に乗り入れしているため、大阪市内からのアクセスもとても便利になりますよ。

箕面船場阪大前駅エリア

2021年、大阪大学箕面キャンパスができることを皮切りに様々な施設がオープンするため、今後発展するエリアとしても注目を集めています。実はコーヒーが自慢のお店が多く、街巡りにも楽しいエリアです。

【箕面船場】SQUARE FURNITURE COFFEE STAND(スクエアファニチャーコーヒースタンド)

家具を製作・提案する「SQUARE FURNITURE (スクエアファニチャー)」に併設されたコーヒースタンドが「SQUARE FURNITURE COFFEE STAND(スクエアファニチャーコーヒースタンド)」です。

ラフで飾り気のない、無垢材や鉄材などを使用した家具などがメインのインテリアショップに併設のため、店内はモデルルームのようなカフェスペース。すてきな家具に囲まれながらのカフェも良いのですが、ここの魅力はなんといっても屋上テラス席です。

「SQUARE FURNITURE (スクエアファニチャー)」は自社ビルのため、屋上にあがることができるのですが、その屋上テラス席が本当に気持ちいい!(上がる場合は、必ず店員さんにひと声かけてからあがってくださいね)。

階段は細く、安全確保のため子どもの利用は不可。ですが、その細く少し怖い階段を上る甲斐あって、ものすごく特別な場所。屋上テラス席から見えるのは、船場の街並みと箕面の美しい山々です。建物と豊かな緑が調和した景色は、まさに北摂・箕面です。

なお、駐車場は店舗の裏手・敷地内に4台ありますよ。満車の場合はコインパーキングを利用しましょう。

SQUARE FURNITURE COFFEE STAND(スクエアファニチャーコーヒースタンド)ではボリューミーなサンドをぜひ

ボリュームだくさんのBLTサンド

こちらの名物は、分厚いベーコンを挟んだ「BLTサンド」1,100円。香り高いベーコンに、タマゴにトマト、そしてたっぷりのレタスでサンドは崩壊しそうなボリュームです!

大きなサンドイッチには、吹田市山田にある人気の「kawakami coffee roaster(カワカミコーヒーロースター)」ブレンドの「BLEND COFFEE」550円を。

またコーヒーやサンド以外にも、「シフォンケーキ」770円や「フレンチトースト」880円などもラインアップ。フード類とセットにすると100円引きになりますよ(ちなみにコーヒー「kawakami coffee roaster(カワカミコーヒーロースター)」のお店のインテリアを「SQUARE FURNITURE (スクエアファニチャー)」が手掛けたつながりなんだとか。ステキですね)。

おいしいサンドとコーヒーをいただきながら、インテリアも見られる「SQUARE FURNITURE COFFEE STAND(スクエアファニチャーコーヒースタンド)」へ立ち寄ってみて。メニューはテイクアウトも可能です。

スポット名SQUARE FURNITURE COFFEE STAND(スクエアファニチャーコーヒースタンド)
時間 11:00~17:00(LOは15:00、土・日曜・祝日は16:00)
定休日木曜、不定休あり
問い合わせ072-737-9234
アクセス北大阪急行・千里中央駅下車 約29分または阪急バス・新船場北橋停下車 約6分
住所箕面市船場東1-8-58 スクエア箕面2階【MAP
URL  https://square-factory.com/
https://www.instagram.com/square_furniture_coffee_stand/

【箕面船場】北摂焙煎所 本店/cafe matin(カフェマタン)

船場にあるおしゃれなセレクトショップがいくつか入るレトロなビル・ウォールマンビル。新御堂筋を南側に向けて車で走ったことがある人は、左側にある印象的で、大きなこのビルを見たことがある人は多いかもしれません。そのウォールマンビル内にあるのが、「北摂焙煎所 本店/cafe matin(カフェマタン)」です。

このビル、外から見るとかなりレトロな印象が強く、エレベーターも業務用のもののみ。ただ、倉庫ビルのように見えていた内観は「北摂焙煎所 本店/cafe matin(カフェマタン)」のあるフロアに入ると、うまく印象が変わってとても魅力的な雰囲気に。窓からは、御堂筋を行き交う車を見渡すことができます。

天井が高く、スペースも広く、そして窓は大きくなっていて、レトロビルのポテンシャルを最大限に利用した、本当に居心地の良いそして他にはないカフェになっているんです。店内には、アンティークでそろえた家具などが並んでいます。

なお車で訪れる場合には、ビルの南側(隣接した駐車場ではありませんのでご注意ください)セレパークに専用駐車場(45・46番)が2台あるのでそこへ。また満車でも、近隣のパーキングを利用した人は、駐車券提示で「北摂焙煎所オリジナルドリップパック」を1人1パックもらえるとか。ぜひ車の場合は利用して。

北摂焙煎所/cafe matin(カフェマタン)ではラテを!

店名にも入っているように、コーヒーを自家焙煎している「北摂焙煎所 本店/cafe matin(カフェマタン)」でいただきたいのは、12種類の新鮮な豆がそろうコーヒー。毎日飲んでも飲み飽きないように焙煎にこだわった自慢の品です。また、かわいいラテアートが入った「マタンラテ」682円も人気の一品。

そしてそんなラテとともにいただきたいのが、数々ある自家製スイーツの中でも1番人気の、注文が入るたびにバーナーでキャラメリゼする「クレーム ブリュレ」ドリンク料金にプラス473円。

もちろん、スイーツだけでなくフード類も豊富です。特に「北摂焙煎所 本店/cafe matin(カフェマタン)」は朝から営業しているため、モーニング類は7種類もラインアップ。朝は「本日のスペシャルティコーヒー」470円がおかわり自由になるため、ぜひ優雅な朝の時間過ごしてみては。

お店では、自家焙煎したコーヒー豆やカフェオレベースなどを購入することもできますよ。

スポット名北摂焙煎所 本店/cafe matin(カフェマタン)
時間 9:00~18:00(土・日曜・祝日は8:00~。LOは17:30)
定休日木曜休
問い合わせ072-726-2266
アクセス北大阪急行・千里中央駅下車 約27分または阪急バス・新船場北橋停下車 約4分
住所箕面市船場東1-2-20 ウォールマンビル3階【MAP
URL http://matin-coffee.com/

箕面萱野駅エリア

箕面萱野駅は、新御堂筋の一番北の地点に2023年誕生予定。北大阪急行が延伸した際の終点駅となります。駅には「箕面キューズモール」などの商業施設が直結予定で、駅周辺にもスペシャルな食事ができる郊外型のレストランなどが多くあります。

【箕面萱野】coffee&bakes YATT(コーヒーアンドベイクス ヤット)

箕面は緑が多く山の麓の町のため、坂も多め。今回ご紹介する「coffee&bakes YATT(コーヒーアンドベイクスヤット)」も、箕面キューズモールからだいぶ高台にあります。お店まで歩くのが厳しければぜひバスで、でもそれだけの価値がある絶景が臨めるカフェなんです。

「coffee&bakes YATT(コーヒーアンドベイクスヤット)」は、北摂のおしゃれなカフェをいくつもプロデュースしている箕面船場「neu cafe(ノイカフェ)」の運営。ちなみに「coffee&bakes YATT(コーヒーアンドベイクスヤット)」は、姉妹店の菓子工房も兼ねているのだといいます。

真っ白でウサギが跳ねている様子がロゴになっている、白いかわいいお家のような「coffee&bakes YATT(コーヒーアンドベイクスヤット)」は、1階が食パンとコーヒー豆、焼菓子類を販売していて、2階がカフェになります。

そしてなんといっても「coffee&bakes YATT(コーヒーアンドベイクスヤット)」の魅力はその眺望!高台にあるため街並みを見渡せるのですが、個人的には箕面船場のあたりと新御堂筋をこんなにもゆったり眺められたのは「coffee&bakes YATT(コーヒーアンドベイクスヤット)」がはじめてでした。

特に刻々と色合いが変わり、夕暮れに染まりゆく箕面の町はなんとも魅力的です。誰かと訪れてもその風景をぼんやり見ていると、会話を忘れてあっという間に時間が過ぎてしまうほどなんです!ぜひ時間に余裕をもって訪れて欲しいカフェです。

駐車場はお店のすぐ横に10台あります。車で訪れた場合はこちらを利用して。またお店にはフリーWi-Fiの設置や充電ができる電源もあり。ゆったり長居してしまいそうですね。

coffee&bakes YATT(コーヒーアンドベイクスヤット)ではモーニング!

夕暮れがおすすめ…と書きましたが、実は「coffee&bakes YATT(コーヒーアンドベイクスヤット)」は朝から営業しているため、モーニングをいただくこともできます。「coffee&bakes YATT(コーヒーアンドベイクスヤット)」ではドリンク類を注文すると、無料のトーストセットがついてきます。それも11時まで対応しているので、ブランチにもいいですね。

またランチ時には、パスタ類などもラインアップ。「サルシッチャと彩野菜のパスタ」1,350円。軽めにいただきたい時は「パストラミサンド」1,260円、「マスカルポーネとフルーツのサンド」920円などのサンドイッチ類もおすすめです。

もちろん、スイーツ類も豊富にあります。「やっとロール」450円はランチ時には食事を注文するとお得にいただけるサービスケーキ(350円)もあるので、甘いものは別腹の人にもうれしいですね。

スポット名coffee&bakes YATT(コーヒーアンドベイクスヤット)
時間 8:30~19:30
定休日不定休
問い合わせ072-737-9666
アクセス北大阪急行・千里中央駅→阪急バス・如意谷住宅前停下車すぐ、または阪急箕面駅下車 約17分
住所箕面市如意谷1-12-19【MAP
URL https://yattcafe.com/

いかがでしたか

ステキなカフェがいくつもある箕面から、今回は今注目が集まる箕面船場~萱野までを中心にお店を選びました。

どこものんびり、ゆったり、つい長居してしまうお店ばかりです。この3店は時間に余裕をもって訪れて欲しいと思います。これを機にまだまだ魅力的なお店が多い箕面を、散策しに行ってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたのは… TOKK編集部R

TOKK編集部R

大阪・北摂育ち。甘党で1日1回の甘いものが欠かせません。
愛しているものは、ミルクティーとチョコレートとナッツとチーズケーキ…
趣味は、美術館巡り(浮世絵大好き)と観劇(ストレートプレイ中心)
シネマやイベント、TOKKの公式Twitterを担当しています

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から49年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Twitter】@hankyu_tokk

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!