【大阪・神戸・西宮】阪急沿線、名店の裏名物<スイーツ編>

【TOKK2020年9月1日号 特集掲載】

誰もが知る定番じゃないけれど、実はおいしくて誰かにすすめたい。阪急沿線でおなじみの「あの店」の、隠れた名品をご紹介。きっと再訪したくなります!

【大阪・十三】喜八洲総本舗 本店の「花ぼた餅」

甘みあっさり、満足感たっぷり

あんこたっぷりの牡丹餅

昭和から続く和菓子店の、餡(あん)好きが一目置くぼた餅が「花ぼた餅」2個入り340円。2種類をブレンドしたのびがよくコシがあるもち米を、餡でしっかりと包んであります。「安くて大きい」がモットーの同店らしく重量感は特筆ものですが、味わいはあっさり。

喜八洲総本舗の定番は「みたらし団子」

タレたっぷりのみたらし団子

香ばしく炙(あぶ)った俵型の団子に甘辛いたれを絡めて。焼きたてがおいしい「みたらし団子」1本98円。

歴史を感じさせる店の看板
スポット名喜八洲総本舗 本店
時間 8:00~23:00(日曜・祝日は~22:00)
定休日無休
問い合わせ06-6301-0001
アクセス阪急十三駅下車すぐ
住所大阪市淀川区十三本町1-4-2【MAP
URL http://www.kiyasu.jp/

【神戸・花隈】本髙砂屋 元町本店の「きんつばアンフィーユ」

サクサク軽い、洋風きんつばパイ

あんこを挟んだパイ

「きんつばアンフィーユ」各200円(税別)は、和・洋菓子を扱う同店だからこそ実現した、和洋融合の一品。カラメルを塗って香ばしく焼き上げたパイで、きんつば餡とクリームをサンド。クリイモ、ショコラカラメル、ラムレーズンの定番3種のほか、季節限定品も登場します。

本髙砂屋の定番は「髙砂きんつば」

ずっしり大きな四角いきんつば

焼きたてを販売する「髙砂きんつば」1個160円(税別)。きんつばを四角形にしたのは同店が初めて。

木製の店の看板
スポット名本髙砂屋 元町本店
時間 11:00~19:00
定休日第1・3水曜休(祝日の場合は営業)
問い合わせ078-331-7367
アクセス阪急花隈駅下車 約7分
住所神戸市中央区元町通3-2-11【MAP
URL https://www.hontaka.jp/

【神戸・岡本】レオニダス&ガトーエモア 神戸岡本店の「フルーツゼリー」

“チョコ店のゼリー”とあなどるなかれ

ころんとかわいいフルーツゼリー

ベルギー王室御用達のチョコレート専門店でありながら、実は支持率の高い「フルーツゼリー」3個入り840円(種類の組み合わせはランダム)。瑞々(みずみず)しい天然果汁を秘めた大粒のゼリーは、1粒で満足感もひとしお。桃、イチゴ、チェリー、パイナップル、青リンゴなど全8種。

レオニダス&ガトーエモアの定番は「オランジェット」

箱に詰まったオランジェット

砂糖漬けにしたオレンジピールをビターチョコでくるむ「オランジェット」100g 1,350円。ほろ苦く、お酒とも好相性。

スポット名レオニダス&ガトーエモア 神戸岡本店
時間 11:00~19:00
定休日水曜休(祝日の場合は営業)
問い合わせ078-414-5338
アクセス阪急岡本駅下車 約6分
住所神戸市東灘区岡本2-8-3【MAP
URL http://okamotomacaron.blog64.fc2.com/

【阪神西宮】エビスヤ小松商店の「自家製ソフトクリーム」

昔ながらのミルキーな味わい

手に持ったソフトクリーム

えびす様を祀(まつ)る西宮神社のお膝元に店を構える、創業93年の老舗(しにせ)。昭和40年頃から始めたソフトクリーム250円は、発売当初と変わらず練乳ベースの優しい甘さ。潔いほどのシンプルさが、長く愛されてきた秘訣です。

エビスヤ小松商店の定番は「ゑびす焼き」

半分にカットされた大判焼き

創業当時からの看板商品。もっちり生地に餡みっちりの「ゑびす焼き」(黒あん・白あん)1個100円。

味わい深い店の看板
スポット名エビスヤ小松商店
時間 10:00~19:00(LO18:30)
定休日火曜休 
問い合わせ0798-34-0828
アクセス阪急大阪梅田・今津・神
戸三宮各駅→阪神電車・西宮駅下車すぐ 
住所西宮市馬場町2-23【MAP
URL https://twitter.com/ebisuyaki?lang=ja

【西宮・夙川】エルベランの「生チョコふたつ」

口溶け滑らかな2つのチョコクリーム

ころんと丸いチョコレート

素材のうまみを生かした菓子作りを続ける西宮の名店。ケーキやクッキーが有名だが、冷凍菓子で一番売れているのが30年以上前からある「生チョコふたつ」10個入り1,620円。2種のガナッシュをくっつけた1粒は、濃厚ながらさっぱりとした後味。

エルベランの定番は「シャンティシトロン」

半分にカットされたシャンディシトロン

創業時から受け継がれる「シャンティシトロン」411円。生地にもクリームにも国産レモンを使用。

エルベランの店の看板
スポット名エルベラン
時間 9:30~12:30、13:00~18:00(月曜は10:00~12:30、13:00~16:00)
定休日火曜休(祝日の場合は営業)※月曜はクッキーデー(ギフト商品のみ販売)。
問い合わせ0120-440-380
アクセス阪急夙川駅下車すぐ 
住所西宮市相生町7-12【MAP
URL https://elberun.gift/

【箕面・北千里】デリチュース 箕面本店の「和と輪」

重ねた年輪の香ばしい余韻

皿に盛られたバームクーヘン

店名を冠したチーズケーキで知られる洋菓子店の、意外な伏兵がバウムクーヘン「和と輪」1,512円。油脂はバターだけを使い、本場ドイツの味わいに近付けたどっしりとした仕上がりに。噛むほどにアーモンドの香りが広がり、香ばしさが後を引く。

デリチュースの定番はチーズケーキ「デリチュース」

一人分にカットされたチーズケーキ

熟成したブリー・ド・モーチーズを贅沢(ぜいたく)に使った「デリチュース」410円。驚くほど濃厚で滑らか。

おしゃれな店のロゴ
スポット名デリチュース 箕面本店
時間 10:00~19:00
定休日火曜休(祝日の場合は営業)
問い合わせ072-729-1222
アクセス阪急北千里駅→阪急バス・小野原南停下車すぐ
住所箕面市小野原西6-14-22【MAP
URL http://www.delicius.jp/

ご紹介した「裏名物」はご存じでしたか?まだ「名物」を食べていなかった人は、この機会に「名物」と「裏名物」両方を食べてみてはいかがでしょうか。

次のページでは、大阪土産の代名詞ともいえるあの「フード」や大阪に来たら食べたい「カレー」の名店の裏名物が登場!

↓下のボタンから続きをご覧ください!↓

  • 新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。
  • 写真/津久井珠美

この記事をシェアする

関連キーワード







編集ディレクター募集

Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!