神戸・南京町が提灯で幻想的に「南京町ランターンフェア」開催中

神戸の人気観光地・南京町広場を約400個の中国提灯で彩る「南京町ランターンフェア」が、2022年1月10日(祝)まで開催中。

毎年開催される「南京町ランターンフェア」が今年もスタート。多数の飲食店が連なるエリアの中心地が、優しく温かな赤い提灯で照らされる。

提灯で照らされる南京町広場

南京町広場は、新型コロナウイルスの感染拡大予防のため中止になった「神戸ルミナリエ」の代わりに行われるイベント「ロソーネまちなかミュージアム」の会場の一つにもなっており、12月12日(日)までは“ロソーネ”も展示される。“ロソーネ”は、神戸ルミナリエの装飾の一部で大きさは直径3メートル。 南京町広場には、2006年に実際に使用された実物を設置する。

「南京町ランターンフェア」の点灯時間 は16:00頃(日没後)から22:00頃まで。入場無料。

公式ホームページ
http://www.nankinmachi.or.jp/

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







編集ディレクター募集

Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!