梅田の夜カフェ9選。まだ帰りたくない!21時以降も入れるおしゃれでゆっくりできる店

梅田の夜。「友達とごはんやデートの後、あともう少し話したい!」という時や「カフェでひとりの時間を味わってから家に帰りたい」という時。あと1時間、あと2時間、カフェでゆっくりできたらうれしいですよね。

ところが、パッと見つけたお店は21時で閉店、遅くまで営業しているカフェって意外と少ないのかも?

だからといって、どんなカフェでもいいわけではありません。できればおしゃれな雰囲気で、おいしいコーヒーやおいしいスイーツもあって、心もお腹も満たしてくれるカフェ。

梅田のエリア別に、21時以降でも入れるおすすめのカフェを紹介します。

※営業時間は時短営業等により変更される場合があります。来店前に各店舗の公式サイト・Instagramにて最新情報をご確認ください。

目次

【JR大阪駅】梅田の駅近カフェで堪能する、夜の〆パフェ!「マルトメ・ザ・ジューサリー パフェテリア」

【ラストオーダー】22:45【閉店】23:00

夜ごはんの後にパフェを食べる、札幌が発祥の「〆パフェ」文化。梅田で夜の遅い時間に本格的なパフェがいただけるカフェはまだ少ないですが、ちゃんとあります。しかも、ルクア大阪の地下という便利な場所!

マルトメのマスカットパフェ

「マルトメ・ザ・ジューサリー パフェテリア」は、創業100年を超える贈答用高級フルーツの専門店「丸留」直営のショップ。老舗が選び抜いたフルーツをふんだんに使ったパフェやクレープ、多彩なドリンクが味わえます。

年間を通じていただける定番メニューもありますが、やはり食べたいのは、旬の果物を使った期間限定のスイーツ!

マルトメの桃のパフェ

春はいちご、夏は桃やマンゴー、秋はイチジクにブドウ、梨、冬はみかん…と、プロの目利きで厳選された、瑞々しいフルーツが次々と登場。上質な完熟桃を使った夏のパフェは、とろりとした食感と甘い果汁が口の中で広がります。

マルトメの季節のフルーツのクレープ

もちっとした生地に、ほのかに甘いクリームとフルーツの酸味&甘みのバランスが絶妙なクレープは、満足感があるひと品。

ほかにも、フルーツそのままの果肉感のあるフレッシュジュースは夜のビタミン補給におすすめ。フルーツとバニラアイスを合わせてホイップクリームをトッピングしたシェイクは、ドリンクというよりデザート感覚なひと品で、「パフェを食べるほどのお腹の余裕はないけど、デザートは食べたい!」という気持ちに応えてくれるメニューです。

マルトメのいちごシェイク

「マルトメ・ザ・ジューサリー パフェテリア」 のスイーツは、新鮮な果物が主役。夜遅い時間に食べても罪悪感が少ないのもうれしいですね。

店名 マルトメ・ザ・ジューサリー パフェテリア
通常営業時間10:00~23:00
定休日ルクア大阪に準ずる
問い合わせ06-6151-2803
アクセス阪急大阪梅田駅下車約5分、JR大阪駅下車すぐ
住所大阪市北区梅田3丁目1−3 ルクアイーレ B2F【MAP
URLhttps://www.instagram.com/marutome_the_juicery/

【うめきた】終電ギリギリまでカフェでゆっくり話したい夜はここ「GARB MONAQUE(ガーブ モナーク)」

【ラストオーダー】スイーツ23:00、ドリンク24:30【閉店】25:00

グランフロント大阪のうめきた広場に面した、オオバコダイニング 「GARB MONAQUE(ガーブ モナーク)」 。目立つ建物の1階にあるので、一度は目にしたことのある人が多いはず。

ガーブモナークの外観

「GARB MONAQUE(ガーブ モナーク)」 が夜カフェにおすすめの理由は、阪急、地下鉄、JR、各線からアクセス抜群なうえ、営業時間はなんと25時まで!というところ。

店内も広々としているので、ゆっくり過ごしたい人にもおすすめなカフェです。

ガーブモナークの内観

カフェのドリンクは、兵庫県淡路島 平岡農園の「まんまみかん」や、山梨県勝沼町産のマスカットベリーA100%ジュース、トマトジュース、ルイボスティーといった、ヘルシーなドリンクが豊富。これなら、夜遅い時間でも罪悪感なくカフェタイムが過ごせそうです。

ガーブモナークの季節のドリンク

果実がごろっと入った季節限定のドリンクは、鮮やかな見た目に心惹かれます。

また、スイーツメニューも多彩で、旬のフルーツを使った瑞々しいタルトや、様々なチョコスイーツを盛り合わせたプレートなどがラインアップ。中でもおすすめは、「フランス産発酵バターと塩キャラメルのワッフル」。

ガーブモナークのワッフル

上質なバターの香り漂う焼き立てワッフルと冷たいバニラアイス、それに塩キャラメルの甘じょっぱい味の対比は、至福の一言に尽きます。

店名 GARB MONAQUE(ガーブ モナーク)
通常営業時間モーニング7:30- 10:00(l.o.)
ランチ11:00 – 15:00(l.o.)
カフェバー7:30 – 24:30(l.o.)
ディナー17:00 – 23:00(l.o.)
定休日グランフロント大阪に準ずる
問い合わせ06-6359-5180
アクセス阪急大阪梅田駅下車約5分、JR大阪駅下車すぐ
住所 大阪市北区大深町4-1グランフロント大阪 うめきた広場【MAP
URLhttps://garbmonaque.com/

【堂島】西梅田から6分。隠れ家的な夜カフェで今日をリセット「NITO(ニト) Coffee&Craft Beer」

【ラストオーダー】なし 【閉店】23:00

西梅田駅からドーチカを南へ進み、途中で地上に出て徒歩1分。一日の締めくくりに、ヒュッゲなひと時を過ごせるカフェバーがあります。

nitocoffeebeerのロゴ

「NITO Coffee&Craft Beer」 は、「昼からビール、夜までコーヒー」をテーマにした、ビールとコーヒーのセレクトショップ。エイジングにより味わいを深めたレンガや欠けたコンクリート、配管などをあえて残した、無骨なインテリアがかっこいい空間です。

nitocoffeebeerの内観

自宅に帰る前に気軽に立ち寄って、ほっと一服。読書をしたり、スマホで今日のニュースを読んだり。商業ビルが密集する梅田の中心地から少し離れているせいか、大切なひとり時間の自由を許してくれるような雰囲気です。

nitocoffeebeerのカウンター

店内では、東京、福岡、名古屋、長崎など日本各地の有名ロースターが手掛けるコーヒーや、世界各地のクラフトビールが楽しめます。毎日様々な種類の銘柄が登場するので、コーヒー通が毎日通っても飽きません。

nitocoffeebeerのホットドッグとコーヒー

また、福島の名ベーカリー・パンスケープのパンを使ったホットドッグや自家製スイーツといった、コーヒーに合うフード&スイーツもスタンバイ。小腹も満たしてくれます。

革張りチェアに腰かけて、今日一日がんばった自分をいたわる時間を過ごしてみては。

店名 NITO Coffee&Craft Beer
通常営業時間11:00~23:00
定休日不定休
アクセスJR北新地駅下車 約4分、Osakametro西梅田駅下車 約6分、阪急大阪梅田駅下車 約15分
住所大阪市北区堂島2丁目2−22 1階【MAP
URLhttps://www.instagram.com/nito_coffee_beer/
備考席の予約は不可

【お初天神】わざわざ目指して行きたい、梅田の外れの夜カフェ「Whitebird coffee stand(ホワイトバードコーヒースタンド)

【ラストオーダー】月~土曜22:30、日曜祝日22:00【閉店】月~土曜23:00、日曜祝日22:30

「Whitebird coffee stand(ホワイトバードコーヒースタンド)」は、梅田の中心地からは少し離れていますが、それがかえって隠れ家のようであり、ひそかに通いたいお店です。

whitebirdの外観

シンプルで無機質な外観。木の扉を開くと、店内は木目の壁やテーブルとグリーンに癒される、ぬくもりを感じるおしゃれな空間です。

whitebirdの内観

お店のこだわりは、コーヒースタンドという冠の通り、ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れるコーヒー。

ですが、特筆すべきはコーヒー専門店の枠を超えた充実したスイーツの数々です。

whitebirdのプリン

特に「クラシックプリン」は、固めタイプのプリンで「ホワイトバードさんのプリンが今まで食べた中で一番おいしい」という声もあるほど人気。コーヒーシャンティやラムレーズンアイスなどトッピングも複数あるので、何度行っても選ぶのが楽しい。

whitebirdのパフェ
「抹茶と珈琲のパフェ」

スイーツ類は、深煎りと浅煎りの2種類の豆を使ったコーヒーゼリーに、ベイクドチーズケーキ、焼き菓子などなど。スイーツのラインアップの中には季節限定のパフェも。「抹茶と珈琲のパフェ」は、満月のような最中の中に、柚子餡が入っています。スイーツ一つにもこだわった、コーヒー専門店の実力を味わってみては。

店名Whitebird coffee stand(ホワイトバードコーヒースタンド)
通常営業時間月〜土曜11:00〜23:00(日曜・祝日は ~22:30。LOは閉店の30分前)
定休日不定休
アクセスOsakametro東梅田駅 約5分、阪急大阪梅田駅 約10分
住所 大阪府大阪市北区曾根崎2-1-12 国道ビル1階【MAP
URLhttps://www.instagram.com/whitebirdcoffeestand/
備考席の予約は不可

【茶屋町】デートにもいい。空間も音楽もおしゃれなカフェで楽しむ夜時間「 WIRED CAFE(ワイヤードカフェ) 梅田NU chayamachi店 」

【ラストオーダー】フード22:15、デザート&ドリンク22:30【閉店】23:00

壁に飾られたアートや照明、流れてくる心地良い音楽。おしゃれな部屋のような店内。ソファー席も用意された「WIRED CAFE(ワイヤードカフェ) 梅田NU chayamachi店」は、高い天井と大きな窓が開放的で、ゆったりと過ごしたい夜にぴったり。

NU茶屋町のワイアードカフェ

雑誌や漫画もあるので、カフェラテを片手にカルチャーに触れて、自分だけの時間を過ごすのもおすすめです。

NU茶屋町のワイアードカフェ

メニューは、フードやアルコールに加えてスイーツも豊富。水を使わず牛乳で練り上げたミルクトーストを使った自慢の「フレンチトースト」は、アツアツのうちにどうぞ。

シュー生地に、カスタードクリームとバニラアイス、焼いたリンゴを添えた「アップルポップオーバー」は、2~2.5人前のビッグサイズも用意されているので、友達とシェアして楽しめそう!

ワイヤードカフェの内観
店名WIRED CAFE 梅田NU chayamachi店
時間11:00~23:00(L.O. 22:15 デザート&ドリンクL.O. 22:30)
定休日NU茶屋町に準ずる
問い合わせ06-6377-2399
住所大阪市北区茶屋町10-12 NUchayamachi 2F【MAP
アクセス阪急大阪梅田駅下車 約5分
URLhttps://www.cafecompany.co.jp/brands/wiredcafe/

【茶屋町】癒しの健康ごはんも。靴を脱いで寛げる梅田の夜カフェ「chano-ma(ちゃのま) 茶屋町」

【ラストオーダー】22:00【閉店】23:00

清潔感のある真っ白な空間が特徴的なカフェ 「chano-ma(ちゃのま) 茶屋町」 。ほかの梅田のカフェにはない特徴がもう一つあります。靴を脱いで寛げるマットレス席があるところ!

chanomaの内観

夜に行ったらついつい寛いでしまって、もうここから動けなくなってしまうかも……。

また、 「chano-ma(ちゃのま) 茶屋町」は寛げるだけではありません。夜ごはんを逃した時の救世主!でもあります。

chanomaの食事メニュー

家庭料理がテーマの健康的なごはんがメニューにあり、一人の夜ごはんにもおすすめなカフェです。遅い時間にバランスの取れた食事を提供しているカフェは貴重!

野菜をたっぷり使ったお料理や五穀米、お味噌汁は何時に食べても体に染み渡っていきます。ちなみに、テーブル席もあるので席に座ってじっくりと味わえます。

chanomaのドーナツ

お茶とスイーツがお目当ての人は、サクサク、もっちりなクロワッサンドーナツを。旬のフルーツでデコレーションした季節限定メニューは要チェックです。

店名chano-ma 茶屋町
時間11:00~23:00(LO22:00)
定休日NU茶屋町に準ずる
問い合わせ06-6940-7983
住所大阪市北区茶屋町10−12 NU茶屋町 9F【MAP
アクセス阪急大阪梅田駅下車 約5分
URLhttps://www.instagram.com/chanoma.chayamachi/?hl=ja

【中崎町】梅田から夜の散歩の後、テラス席で心地良いカフェタイム 「食堂PLUG(プラグ) 」

【ラストオーダー】フード22:30、ドリンク23:00 【閉店】23:30

古民家をリノベーションしたカフェや雑貨店がひしめく中崎町は、梅田から行くと夜の散歩に程良い距離。そんな中崎町に、ニューヨークのダイナーのようなカジュアルな雰囲気の「食堂PLUG(プラグ)」があります。食堂という名前がついていますが、夜カフェもOKなお店です。

プラグの内観

夜は昼間の明るい雰囲気とはうってかわって、優しいライトが照らすちょっと大人なムードに。ウッドデッキのテラス席もあり、中崎町ならではのゆったりとした空気感の中、心地良い夜風を感じながら一息つけます。

食堂プラグの夜の外観

ニューヨークのストリートで人気のフードのほか、「大人ティラミス」などのスイーツもあります。 深煎り豆のコーヒーを染み込ませたスポンジに、コク深いマスカルポーネチーズを合わせた濃厚な味。

ティラミスをすくう手元

ラストオーダーの時間も比較的遅いので、ゆっくりできて助かります。

スポット名 食堂PLUG(プラグ)
時間11:30~23:30(フードLO22:30、ドリンクLO23:00)
定休日月曜(祝日の場合は営業、翌日休)
問い合わせ06-6225-8498
アクセス阪急大阪梅田駅下車 約8分
住所大阪市北区中崎西1-8-3【MAP
URLhttps://www.instagram.com/plug_shokudou/

【東梅田】静かにひとり、カフェで夜を過ごしたい時におすすめ「 NORTH LOUNGE 北欧館(ノースラウンジほくおうかん) 」

【ラストオーダー】フード21:00、ドリンク21:30 【閉店】22:00

仕事終わりに、友達とのごはんの後に、カフェでひと息ついてから帰りたい。そんな時には、駅チカの好立地な場所にある「北欧館」がおすすめです。

HEPナビオの地下2階。ホワイティうめだから、HEPナビオのビルに入るところの奥まった場所にあり、「こんなところにカフェがあったのか!」という人も多い、穴場のカフェです。

地下二階の穴場的カフェ

店内は木のぬくもりを感じる、北欧インテリアのナチュラルな空間。リビングでくつろぐように、肩の力を抜いて過ごせます。ゆっくり本でも読みたくなりますね。

木の温もりと緑のやすらぎ

北欧館は、ドリンクメニューにムレスナティーがあるのもうれしいポイント。ムレスナティーは紅茶の名産地・スリランカのブランドで、ハイクオリティな紅茶として有名です。日本でも人気!

スイーツも食べたいという人は、パンケーキの「フランス産発酵バターとハニー」をぜひ。リコッタチーズを使用した生地を、注文を受けてから1枚1枚丁寧に焼き上げます。ふわふわの食感と発酵バターの上質な香りがたまりません。しかも分厚くて、満足感も高い!パンケーキセットの紅茶はおかわり1杯無料というのもうれしいサービスです。

リコリッタパンケーキ
スポット名NORTH LOUNGE 北欧館
営業時間8:00〜22:00(LOフード21:00、ドリンク21:30)
定休日不定休(HEPナビオに準ずる)
問い合わせ先06-4709-0112
アクセス阪急大阪梅田駅より徒歩 約5分、JR大阪駅から徒歩約5分、地下鉄梅田駅から徒歩約3分、地下鉄東梅田駅より徒歩約3分
住所大阪府大阪市北区角田町7-10 HEPナビオB2F【MAP
URLhttps://daiwa-kigyo.jp/shop/hokuokan/

【東梅田】夜の飲み会終わりに便利なダイニングカフェ&バー「BUZZ 梅田」

【ラストオーダー】月~土曜22:00、日曜祝日21:00【閉店】月~土曜23:00、日曜祝日22:00

居酒屋や飲食店が連なる東通り商店街。商店街の入口(阪急うめだ本店側)にあるのが 「BUZZ 梅田」です。東通りやお初天神で飲んだ後、阪急、JR、地下鉄の各駅へ向かう途中にあって便利な、頼れるカフェです。

BUZZ梅田の内観

「BUZZ 梅田」は、便利なだけではありません。ガラス張りの店内に、まん丸い照明と重厚なカウンター、ワインボトルなどを飾ったインテリアが、まるでヨーロッパのカフェのようでおしゃれ!

BUZZ梅田の内観

カフェのメニューは、エスプレッソやコーヒー、紅茶に、自家製レモネードのほか、ワインカクテル、モヒートといったアルコールも用意されているので、友達の中に「もう少し飲みたいな」という人がいても大丈夫。

またスイーツには、南国の島をイメージしたこんなユニークなティラミスも!

BUZZ梅田のスイーツ

たっぷりのクリームチーズに、鮮やかなフルーツを合わせたココットケーキも見逃せません。

BUZZ梅田のケーキ
店名 BUZZ(バズ) 梅田
通常営業時間11:30~23:00(日曜・祝日は~22:00。L.Oは閉店の1時間前)
定休日不定休
問い合わせ06-6363-2411
アクセス阪急大阪梅田駅下車 約3分、Osakametro東梅田駅すぐ、JR大阪駅下車 約5分
住所大阪府大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル 1F【MAP
URLhttps://www.bwc-buzz.jp/

限られた夜の時間を、梅田のカフェで思いのままに楽しむ

友達と一緒の時も、ひとりの時も。梅田のカフェは、誰といるか、どんな気分か、どんなシーンかによって使い分けができるほど、たくさんのカフェであふれています。

梅田のカフェを網羅した、下記の記事もチェックしてくださいね。
梅田エリアのカフェ32選。後悔しないおしゃれカフェ、行っておきたいおすすめカフェ

<梅田カフェの関連記事>
梅田カフェのおしゃれランチ10選(一人でもゆっくり過ごせて安心!中崎町・中津エリアも)
スイーツが絶品の梅田のカフェはここ!マニア厳選おすすめ&人気10選
梅田のケーキカフェ】やっぱりやめられない!ケーキ食べ歩きのためのカフェ6選。

この記事を書いたのは… TOKK編集部T

夕日

「TOKK(トック)」編集部T。豊中育ち→箕面→豊中→池田→神戸・岡本→池田と阪急沿線を転々とする。そのたびに、その街と周辺を隅々まで歩き、住人だからこそ分かる見どころを掘り起こしている。次に住んでみたいのは阪急京都線の大山崎。趣味は、おいしいもの発掘と山歩き。

阪急沿線情報紙「TOKK」は2022年で創刊50年を迎えた情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月1回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。
【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia
【Twitter】@hankyu_tokk

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!