宝塚でスイーツを食べるなら!おすすめカフェの人気スイーツ5選!

観光や観劇で宝塚を訪れたら、「ちょっと寄り道して美味しいスイーツが食べたい!」と思う人は多いのではないでしょうか。

宝塚にたびたび訪れているスイーツ好きな編集部スタッフが、宝塚市内のお店でイートインできるスイーツを厳選!スイーツ好きな人は、ぜひ巡ってみてください!

目次

  1. ふわっふわ!とろける「カフェ・ド・ヴォアラ」のパンケーキ
  2. 完成された料理みたいな「アンベルジェモンクゥ」のかき氷
  3. しっかり焼き込んだ「TAKI BAKE(タキベイク)」のタルト
  4. 「リントッコ」の至極の無添加ジェラート
  5. 英国ティールーム「TEA HOUSE SARAH(ティーハウスサラ)」のスコーン

ふわっふわ!とろける「カフェ・ド・ヴォアラ」のパンケーキ

宝塚大劇場の近くにあるパンケーキ専門店「Cafe de Voila (カフェ・ド・ヴォアラ)」。

パンケーキはお店によって食感が全く違いお店の特徴が出るスイーツですが、「カフェ・ド・ヴォアラ」のパンケーキはふわふわタイプのパンケーキです。

ふわふわのパンケーキ

パンケーキは、注文後、素材を混ぜ合わせて1枚1枚焼き上げ。生地にはクリームチーズとメレンゲが入っています。

ナイフとフォークでパンケーキに触れてみると、ふるふると揺れるくらい、ふわふわ!そのまま口に運ぶと、ふわふわのパンケーキが口の中でとろけてゆく……。まさにこの瞬間は至福の一言に尽きます!

人気ナンバーワンのメニューは、「カスタードブリュレ」。

表面をキャラメリゼしたパンケーキ

ふわふわのパンケーキの上にカスタードクリームをのせて、表面をキャラメリゼ。香ばしさとパリパリとした食感がアクセントです。

写真映えを狙いたい人は、たっぷりのフルーツとクリームをトッピングした「フレッシュフルーツデコレ」がおすすめ。

フルーツがたっぷり盛られたパンケーキ

「焼きりんごのキャラメリゼ」は、宝塚歌劇団・雪組トップスターの望海風斗さんが撮影で召し上がったそうで、ファンの間で人気なのだとか。

焼きリンゴがトッピングされたパンケーキ

また、季節に合わせて期間限定のパンケーキも登場するので、選ぶのに迷ってしまいそう。でもそれもスイーツを食べる楽しみですよね。

手塚治虫記念館で開催中の「よつばと!展」とのコラボメニューは、甘酸っぱいキウイを使ったさわやかな味。提供は2020年10月18日までです。

キウイとクリームで飾ったパンケーキ
スポット名 Cafe de Voila (カフェ・ド・ヴォアラ)
時間10:00〜19:00(LO18:00)
定休日水曜日(祝日の場合は営業)、年末年始
問い合わせ0797-86-1111
アクセス阪急宝塚南口駅下車 約5分
阪急宝塚駅下車 約8分
住所宝塚市武庫川町2-10 NTTビル1階【MAP
URL http://voila-cafe.com/

完成された料理みたいな「アンベルジェモンクゥ」のかき氷

一年中かき氷を提供する逆瀬川の隠れ家カフェ、「un berger manquant(アンベルジェモンクゥ)」。

食通のご夫婦がこれまで出合った料理からインスピレーションを受けて創作したかき氷が有名です。メニューは他にはない、大人が食べたいものばかり。

例えば、ワインの一種・シェリー酒を使ったかき氷。

ジャージ牛乳と平飼い卵で作ったカスタードクリームと、ナッツとメレンゲを加えて食感をプラス。最後に、シェリー酒の中でも極甘の「ペドロヒメネス」をかけていただきます。

他にも、白桃のかき氷には、ナツメグとオリーブオイルを組み合わせ。

石焼き芋をイメージしたかき氷は、クリームソースに、中にみたらし風味のさつまいも煮が。

ハロウィンシーズンには、かぼちゃクリームのソースに、バルサミコのシロップ、中に黒糖かりんとう入りのかき氷が登場。

素材を際立たせたり、味を引き締めたり、食感のアクセントを加えたり。計算された味と、口の中で溶けていく氷の間から現れる様々な食感は、「かき氷」の枠を超え、完成された一つの料理のようです。

メニューは常時2~4種類。2〜3週間、早いときは1週間ほどで入れ替わるので、訪れるたびにわぁっと驚くメニューに出会えるはず!

スポット名un berger manquant(アンベルジェモンクゥ)
時間11:30~19:00
定休日水曜、ほか不定休あり
問い合わせ050-7117-6356
アクセス阪急逆瀬川駅下車すぐ
住所宝塚市逆瀬川1-13-27 トヨタビル201号室【MAP
URLhttps://www.instagram.com/yukuehumei_no_hitsujikai/

しっかり焼き込んだ「TAKI BAKE(タキベイク)」のタルト

パティシエ・滝川さんが営む、阪急逆瀬川駅すぐの「TAKI BAKE(タキべイク)」。

タルトやマフィン、クッキーといった焼き菓子を中心に、キッシュやデリなどランチや夜メニューも充実しているお店です。

「TAKI BAKE」のお菓子の特徴は、どれもしっかり焼き込まれていて、食べてみると骨太な力強さが感じられること。素材を生かしたほど良い甘みなので、食べ飽きることはありません。

毎日焼き上げるケーキ類は、タルトやチーズケーキなど数種類が登場。

中でもイチオシは、冬限定のタルトタタン!バターと砂糖だけで煮詰めたリンゴは酸味がしっかりあり、トロトロの果肉が口の中で消えていくんです。

数量限定なので、タイミングよく出合えたら必食です!

また最近は特にマフィンも人気で、これを目当てに訪れる人が増えているそうですよ。

焼き菓子に合わせるドリンクは、お酒好きならワインがおすすめ。店主はソムリエの資格を持っており、取りそろえる自然派ワインの種類も多彩!選んだスイーツに合うワインを店主に相談してみましょう。

スポット名TAKI BAKE(タキベイク)
時間11:00〜22:00(ランチは〜16:00。温かいフードLO20:30、ドリンク・冷たいフードLO21:00。土・日曜・祝日は12:00〜)
定休日火曜休、月曜不定休
問い合わせ0797-91-2227
アクセス阪急逆瀬川駅下車すぐ
住所宝塚市中洲1-15-33【MAP
URLhttps://www.instagram.com/takibake/?hl=ja

英国ティールーム「TEA HOUSE SARAH(ティーハウスサラ)」のスコーン

宝塚歌劇ファンの方が、観劇前後のカフェでよく利用するという人気のお店「TEA HOUSE SARAH(ティーハウスサラ)」。1993年のオープン以来、宝塚の地で愛され続けています。

イギリスに来たかのような外観と、アンティークの調度品でコーディネートされた店内は優雅な雰囲気。紅茶専門店として、厳選した紅茶に合う手作りのお菓子が揃っています。

イギリスのティータイムの定番と言えば、スコーンと紅茶を楽しむ「クリームティーのセット」。イギリス伝統のレシピを忠実に再現したスコーンは、プレーンと紅茶のスコーン、その時で変わるオリジナルスコーンの3種類があります。

紅茶のスコーンは、ロイヤルミルクティーで練り上げ、さらにアールグレイの茶葉を練り込んだ香り高いメニュー。

オリジナルスコーンは、チョコとオレンジピール、アップルシナモン、ホワイトチョコとレモンピールなど種類は様々!どんな味に出会えるのか楽しみになりますね。

「クリームティーセット」は、プレーン、紅茶スコーン、オリジナルの3つの中から好きなスコーン2つと、クロテッドクリームかホイップクリームのどちらかと、紅茶がセットになります。

紅茶は、ミルクをたっぷり使って茶葉を煮出したロイヤルブレンドティーがおすすめ。また、オリジナルブレンドの茶葉を使用した香り高いセイロンティーは、どんなスイーツとも好相性です。

また、旬のフルーツを使った季節限定のケーキも人気なので要チェック!

スポット名 TEA HOUSE SARAH(ティーハウスサラ)
時間9:00〜21:00、水曜は〜17:00(LOは閉店の30分前)、土・日曜・祝日は8:30〜 ※宝塚歌劇の公演時間により営業時間が変更するため詳しくは店舗へお問い合わせください。。
定休日無休
問い合わせ0797-86-1615
アクセス阪急宝塚駅下車すぐ
住所宝塚市栄町2-1-1ソリオ宝塚1階【MAP
URL https://www.instagram.com/tea_house_sarah/?hl=ja

「リントッコ」の至極の無添加ジェラート

「Gelateria Rintocco(ジェラテリア リントッコ)」は、オーガニックや自然栽培のフルーツや原材料を使って、添加物は一切加えずに手作りしているジェラート専門店。

食材の仕入れ先は、国内外問わず店主が生産者を訪問して見極めたものだけと、素材へのこだわりを徹底しています。

メニューは、日替わりで約10〜24種類を毎朝手作り。

お店の一番人気「ジャージーミルク」は、福岡県・白木牧場から直送してもらう特別牛乳を使用。白木牧場はジャージー牛の特別牛乳を生産している日本唯一の牧場で、生産量が少なく貴重な牛乳です。

店主が試行錯誤を何度も重ねた、有機煎茶「八雲みどり」を使ったジェラートは、鼻に抜けるお茶の香りと上品な苦味が特徴。

座席は、数人が腰かけられるベンチのみとなりますが、すぐそばに末広中央公園があるので、のんびりと屋外で食べるのも気持ちよくていいですよ。

お店は阪急宝塚駅から2駅の逆瀬川駅から10分程歩きますが、駅からお店までの間には、ケーキや焼き菓子、チョコレートで有名なテイクアウト専門のパティスリー「ミラヴェイユ」や先述の「アンベルジェモンクゥ」があり、また「TAKI BAKE」も逆瀬川駅の近くにあるので、一度に数店巡るのもおすすめ。

スポット名Gelateria Rintocco(ジェラテリア リントッコ)
時間11:00〜19:00(土・日曜・祝日と7・8月は〜21:00)
※新型コロナウイルスの影響により現在は全日11:00〜19:00で営業。
定休日不定休
問い合わせ0797-61-8305
アクセス阪急逆瀬川駅下車 約10分
住所宝塚市中洲1-15-33【MAP
URLhttps://www.instagram.com/gelateria_rintocco/?hl=ja

この記事では宝塚で特におすすめしたいカフェのスイーツを5つ紹介しましたが、宝塚には他にもたくさんの素敵なカフェや飲食店、スポットがあります。

↓の記事も参考にして、素敵な時間を過ごしてくださいね。

【TOKK編集部厳選】宝塚で行きたい イタリアン6選

【宝塚のおしゃれカフェ・ショップ】名店から穴場まで人気スポット6選

宝塚駅周辺&武田尾の温泉で日帰り入浴できるおすすめ施設5選

宝塚ホテル移転オープン!【ヅカファン必読】9つのポイント

【宝塚】1人でも安心!おひとりさま観劇ランチ4選

この記事を書いたのは… TOKK編集部T

夕日

「TOKK(トック)」編集部T。豊中育ち→箕面→豊中→池田→神戸・岡本→池田と阪急沿線を転々とする。そのたびに、その街と周辺を隅々まで歩き、住人だからこそ分かる見どころを掘り起こしている。次に住んでみたいのは阪急京都線の大山崎。趣味は、おいしいもの発掘と山歩き。

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から48年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月2回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia

【Twitter】@hankyu_tokk

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!