【TOKK編集部厳選】宝塚で行きたい イタリアン6選

宝塚市は宝塚歌劇団があるため、街に上品で高級な印象を持つ方が多いのではないでしょうか。そのイメージの通り、瀟洒なレストランが宝塚市にはいくつもあります。そんな宝塚市でぜひ行っておきたい、イタリアンを今回セレクト。観劇の前後や、食事会などにおすすめしたいとっておきのイタリアンをTOKK編集部が厳選しました。

目次

  1. 【逆瀬川】ciccio
  2. 【逆瀬川】ピッツェリア ダ マサニエッロ
  3. 【宝塚】ワイン食堂エノテカバッコ
  4. 【宝塚南口】カロスキューマ
  5. 【宝塚南口】アモーレ・アベーラ
  6. 【逆瀬川】PISOLA(ピソラ)宝塚東洋店
  7. いかがでしたか

【逆瀬川】ciccio

イタリアの国旗に赤いドアが目印の イタリアン料理店「CICCIO(チッチョ)」。 こちらは、落ち着いた雰囲気で気さくなオーナー夫婦が迎えてくれるお店です。

赤い扉が目印のciccio

お店の名前の「CICCIO(チッチョ)」とは、イタリアで見た猫の名前からいただいたもの。(イタリア語でぽっちゃりの意味だとか)。ここ「CICCO(チッチョ)」では、本格的なイタリアンが手軽に楽しめると地元の人にも人気のお店です。

新鮮な野菜は岡山から

店内は、小さなお店ですがオープンキッチンでとても開放感のある雰囲気。野菜は、店主の親戚の農園でつくられている無農薬野菜を使用しています。

基本的に、昼・夜両方コース料理がメインの「CICCO(チッチョ)」ですが、コースがいくつかあるので選ぶこともできます。

メニューも、季節を感じる旬の素材を使用したパスタやメインをいただくことができます(メニューは一例のため、実際の内容は店舗へ確認ください)。

ウニとからすみをつかった濃厚なパスタ

濃厚なウニとからすみの贅沢(ぜいたく)なソースでいただく、「北海道産ウニのアーリオオーリオ」はディナータイムでのメニュー。

レモンの香りがする剣先イカのパスタ

「剣先イカとセミドライトマトのアーリオオーリオ レモン風味」。

赤ワインがよく合う仔羊の香草パン粉焼き

やわらかく、ジューシーに仕上げた「仔羊の香草パン粉焼き」。

お店では、テイクアウトも実施しているので上手に利用してみて。

スポット名 CICCO(チッチョ)
時間11:30〜15:00(LO14:00)、17:30〜22:00(LO21:00)
定休日日曜休(不定休あり)
問い合わせ0797−75−3311
アクセス阪急逆瀬川駅下車 約10分
住所宝塚市伊孑志3-15-49【MAP
URL https://www.instagram.com/ciccio114

【逆瀬川】ピッツェリア ダ マサニエッロ

ピッツェリアダマサニエッロの入り口

宝塚でピッツァといえばすぐ名の挙がるのが「ピッツェリア ダ マサニエッロ」です。こちら「ピッツェリア ダ マサニエッロ」は、真のナポリピッツァ協会から418番目に認定を受けた宝塚で初めての協会認定店なんです。

石窯で焼き上げるピッツァ

それゆえ、ピッツァメニューもクラシックなもののみ。店内のピッツァ窯は自作というから驚きます。ピザの具材に新鮮な野菜や魚介類を使うのはもちろん、ピッツァ生地の食材である小麦粉、塩、オイルにもこだわっていて、南イタリアのピッツァそのままを堪能することができます。

生ハムがのったマルゲリータ

ジューシーなトマトソースで作ったマルゲリータに、塩気のある生ハムをのせた「マルゲリータ生ハム」。

ズッキーニとリコッタチーズのピッツァ

毎年大人気の期間限定メニュー。クリーミーなリコッタチーズとアンチョビがたまらない「旬のズッキーニとアンチョビ、リコッタチーズのクリーム」(現在販売は終了しています)。

大ぶりの有頭海老が豪華なパスタ

「ピッツェリア ダ マサニエッロ」ではピッツァだけでなく、1種類ですがパスタもいただけます(パスタの内容は季節によって変更あり)。ディナータイム限定のナポリのマンマの味「有頭海老手打ちパスタ パッパルテッレ」。

デザインもすてきなピッツァのテイクアウト用の箱

「ピッツェリア ダ マサニエッロ」では、ピッツァのテイクアウトも実施中。(前菜やパスタはディナータイム時のみ受付)。こんなかわいい箱に入れてもらえるってうれしいですね!手土産にしても喜ばれそう!

スポット名 ピッツェリア ダ マサニエッロ
時間11:30〜14:30、17:30〜21:00(いずれもLO)
定休日月曜休(祝日の場合は翌日休)
問い合わせ0797−71−5971
アクセス阪急逆瀬川駅下車 約5分
住所宝塚市伊孑志1−8−20【MAP
URL http://masaniello-p.com/

【宝塚】ワイン食堂エノテカバッコ

阪急宝塚駅南側の温泉街の中にある、オレンジ色のフラッグが目印のお店が「ワイン食堂エノテカバッコ」です。こちらでは、おしゃれな空間でイタリア料理と多くのワインをコスパ良くいただくことができます。

ワイン食堂だけあって、「ワイン食堂エノテカバッコ」ではワインの飲み比べだったり、ボジョレー解禁の時には飲み放題のイベント(それも生樽!)なども実施!ワインに詳しくない人は、自分の好みをお店の人に伝えて相談してみては。グラスワインも多いので、いろいろ飲んでみたい人にも良さそう。

辛めの白ワインはいろいろな料理と相性抜群

ハチミツやグレープフルーツのような、さわやかな香りの辛口の白ワイン「ピーニャ ウィリアム フェーヴル チリ エスピノ シャルドネ」。魚料理やピクルス、バーニャカウダーなど幅広い料理に合うワインです。

2種類からパスタを選べて、コスパが良いと評判のパスタランチは1,180円〜。写真のパスタは「生ハムのペペロンチーノ」(内容は季節によって変わります)。

バルでの楽しみタパスの盛り合わせ

バルでの楽しみ、「タパス5種の盛り合わせ」。

おいしい赤身肉は、塩と赤ワインで作ったソースで「国産牛ランプステーキ 岩塩と赤ワインソース」。

パーティー料理はお得にいただける内容

期間限定でお得なパーティプランなども実施しています。

スポット名 ワイン食堂エノテカバッコ
時間11:30〜15:00(LO14:30)、18:00〜23:00(LO22:00)、金・土曜・祝日は〜24:00(LO23:00)
定休日月曜休
問い合わせ0797−84−1125
アクセス阪急宝塚駅下車 約6分
住所宝塚市湯本町10−43【MAP
URL https://www.instagram.com/bacco1125

【宝塚南口】カロスキューマ

武庫川沿いビルの2階にある「カロスキューマ」は、宝塚大劇場と阪急電車が両方見られる抜群の立地のイタリアンです。武庫川を渡る阪急電車の景色は、「開店して10年以上経つけれど、毎日見ていても飽きない景色」と店長。確かにずっと眺めていたくなる風景です。

テラス席は特等席
いろいろ食べられてうれしい前菜の盛り合わせ

そんな立地のため観劇の人やタカラジェンヌもよく訪れる「カロスキューマ」。遅くまで営業していて、食事だけでなくワインバーとしても使う人も多いと言います。そんな「カロスキューマ」では「パスタソースが絶品!」の声も。ランチ時は「前菜付きパスタセット」などはデザートにドリンクまでがついて、コストパフォーマンスも良いと人気です。

デザートピッツァ

自家製生地のピザ生地でいただくピッツァ類も好評。特に「デザートピッツァ」はクリスピーな生地に、カスタードクリームを塗り好きなフルーツを乗せたもので、甘いものが好きな人は必食の1枚。冬にはチョコレートを使用した内容になったりと季節によって変わるので、訪れるたびに味わってみたい逸品です。

ソースが大人気のマグロとアボカドのカルパッチョ

また「カロスキューマ」では、現在テイクアウトも実施中。お店で人気の「マグロとアボカドのカルパッチョ」なども。自宅でも「カロスキューマ」の味がいただける、うれしい機会です。

スポット名 カロスキューマ
時間11:30~15:00、18:00~24:00
定休日水曜休
問い合わせ0797-57-9953
アクセス阪急宝塚南口駅下車すぐ
住所宝塚市湯本町2-4サウス宝塚弐番館2階【MAP
URL https://www.instagram.com/karos_kuma/

【宝塚南口】アモーレ・アベーラ

歴史を感じる風格ある入り口

昭和21(1946)年創業という老舗イタリアン、それが「アモーレ・アベーラ」です。創業者でイタリア人のアベーラさんがはじめたこちらの名物メニューは「ミートソース」と、日本で初めて提供したといわれるピッツァです。

濃厚なミートソース

3日間煮込んでとろりとしている「ミートソース」。見た目の濃厚な感じと違って、後味は意外にさっぱり。

チーズたっぷりのミックスピッツァ

どこか懐かしさすら漂う「ミックスピッツァ」は、しっかりしたピザ生地にサラミとマッシュルーム、たっぷりのチーズがのったもの。

アモーレ・アベーラをもっと詳しく知りたい方は下記もチェック!

アベーラ【宝塚 老舗イタリアン】一度は訪れたい アモーレ・アベーラで過ごす優雅な時間

スポット名 アモーレ・アベーラ
時間11:30〜14:30(LO14:00)、17:00〜20:30(LO19:50 )
定休日火曜休(祝日の場合は営業)
問い合わせ0797−71−3330
アクセス阪急宝塚南口駅下車すぐ
住所宝塚市南口1-9-31【MAP
URL http://amoreabela.com/

【逆瀬川】PISOLA (ピソラ)宝塚東洋店

広い店内に個室も多い

リゾートホテルのダイニングをイメージした、「PISOLA 宝塚東洋店」。チェーン店ですが、化学調味料、保存料無添加。料理は店ですべて手作りしています。広い店内は、落ち着いた雰囲気で個室席も多く、ゆっくり食事ができると女性客に大人気なことも納得、のつい長居してしまうお店です。

そんな「PISOLA 宝塚東洋店」でいただけるのは、モチモチの生パスタや十六穀ブレンドのリゾット、石窯焼きのナポリピッツァなど全200種ものメニュー。

特にランチ時は、パスタ、ピッツア、リゾットのいずれかから1つと、スープなどもあるプレミアムドリンクバー(全35種類ものドリンク類が!)にサラダまたはキッシュから選べる「セレクトランチ」がコストパフォーマンスが良いと大人気です。

白いエスプーマが気になる冷製パスタ

夏の期間限定メニュー「熟成生ハムと水牛モッツァレラの冷製トマトソース、白いエスプーマを添えて」は、サーブ時に白いトマトのエスプーマをかけてもらえます。特製トマトソースにさわやかなジェノベーゼソースがぴったり。

栄養価抜群のアワビがのった贅沢なリゾット

「アワビのリゾット、焦がしバターの香り」は大人気のメニュー。

2種類のチーズがのったマルゲリータ

「マルゲリータ」はモッツァレラチーズに加えて、やさしい味わいのグラナパダーノを使用したトマトソースとチーズのバランスがよいピッツァ。

チーズを目の前で削ってくれるカルボナーラ

グラナパダーノを目の前で削ってサーブする「究極のカルボナーラ」は、芳醇な白トリュフオイルと向原農園の濃厚な温泉玉子ていただく一品。

スポット名 PISOLA 宝塚東洋店
時間11:00〜23:00(LO22:00)
定休日無休
問い合わせ0797-78-8797
アクセス阪急逆瀬川駅下車 約17分
住所宝塚市東洋町5-3【MAP
URL https://pisola.jp/

いかがでしたか

本当にイタリアンがたくさんある宝塚。その中で今回編集部が厳選しました。ピッツァが得意だったり、パスタが得意だったりと”イタリアン”と一言で言えど、どのお店も個性的ですてきなお店ばかり。ぜひ宝塚に観劇などで遊びに行った際は、これらのすてきなイタリアンに足を運んでみてくださいね。

この記事を書いたのは… TOKK編集部R

TOKK編集部R

大阪・北摂育ち。甘党で1日1回の甘いものが欠かせません。
愛しているものは、ミルクティーとチョコレートとナッツとチーズケーキ…
趣味は、美術館巡り(浮世絵大好き)と観劇(ストレートプレイ中心)
シネマやイベント、TOKKの公式Twitterを担当しています

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から48年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月2回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Twitter】@hankyu_tokk

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!