宝塚観光とあわせるなら?【定番たからづか土産7選】

兵庫県の南東部に位置する宝塚市。宝塚歌劇の本拠地・宝塚大劇場手塚治虫記念館があり、日本独自の文化の発信地として人気の観光地です。また、安産祈願で有名な中山寺台所の神様・清荒神清澄寺など歴史ある社寺も点在。古くから温泉や植木の街としても知られています。

そんな魅力溢れる宝塚に訪れたら、ぜひ購入していただきたい定番のお土産7つを、主要な観光地ごとでエリアに分けてご紹介します。

※新型コロナウイルスの影響により、営業日時や定休日などが変更になる可能性があります。お出かけの際には事前に公式サイトなどで最新の情報をお確かめください。

宝塚大劇場周辺で人気のお土産

宝塚大劇場周辺は、宝塚を代表する観光地であることから、有名な土産物店が軒を連ねています。まずは、阪急宝塚の駅前から――。

きねや「乙女餅」

「乙女餅」は、宝塚歌劇の往年の大スター・天津乙女さんにあやかって名付けられた言わずと知れた宝塚を代表する銘菓です。

乙女餅の箱をあけたところ
商品名 乙女餅
価格10個入り:1,200円
12個入り:1,400円
15個入り:1,800円
20個入り:2,400円
24個入り:2,800円
賞味期限10・12個入り:常温3日 15・20・24個入り:常温7日

原材料は、もち粉、きび粉、きな粉、砂糖、塩といたってシンプル。プルプルとした、みずみずしい食感が特徴のお餅に、特選のきな粉がたっぷりと使われています。お口にいれると、お餅がとにかくやわらかなことに驚きます。きな粉の上品な甘さと相まって、どこか懐かしく優しい味わい。乙女餅が宝塚で長く愛されているのも納得です。

皿にのった乙女餅

ところで「お餅はすぐにかたくなってしまうのでは?」とお土産にするのに躊躇する方がいるかもしれませんが、ご安心ください。乙女餅には、もち粉のほかにきび粉が使われていて、賞味期限内なら、かたくならずに、ずっとやわらかな食感を保つことができます。これなら安心して、お土産に買って帰ることができますね!

お店は、宝塚駅前のショッピングセンター・ソリオ宝塚の中にあってとっても便利です。

販売場所きねや
時間10:00~19:00
定休日不定休
問い合わせ0797-87-2453
アクセス阪急宝塚駅下車すぐ
住所兵庫県宝塚市栄町2-1-1(ソリオ宝塚グランドフロア)【MAP
URL https://sorio.jp/food/shop_detail/kineya/

永楽庵「寶もなか」

宝塚名物として有名な明治創業の老舗・永楽庵の「寶もなか」は、サクッとした皮に包まれたつぶあんが絶品子どもにも食べやすい小型サイズのもなかに、大納言小豆を使った自家製あんがたっぷりと詰まっています。

お皿に盛られた寶もなか
寶もなか箱入り
商品名 寶もなか
価格6個入り:780円
10個入り:1,350円
15個入り:1,950円
20個入り:2,600円
24個入り:3,100円
賞味期限常温5日

もなかの形は全部で8種類

小判、打ち出の小槌、真珠の宝石の珠(たま)、金と銀の塊の分銅(ふんどう)、古代の香料の丁字、銭や宝石を入れる巾着、金糸の隠れ蓑(みの)、宝庫の鍵の形をしたもなかが店頭に並びます。

ショーケースに並ぶ8種類の形のもなか
1個でも購入は可能なので、店先で試食してみるのもよいですね。

縁起が良くって贈り物にぴったり

もなかとあんが別々になっていて、食べるときに自分であんを挟むことで、サクっとした食感が楽しめる「寶あわせ」や、もなかが一つずつ個包装になっていて2週間日持ちする「ひめたから」もおすすめ。

寶あわせ箱入り
「寶あわせ」(30個入り) 5,000円
ひめたから箱入り
「ひめたから」(8個入り) 1,250円

寶あわせ」は、家族団らんであんを詰めて食べるのも楽しそう。「ひめたから」はなんとタカラジェンヌの発案なんだとか。宝塚らしい永楽庵のもなかは、先に紹介した「乙女餅」と同じくソリオ宝塚で購入できます。

自分であんこを詰める寶あわせ
ひめたから2個
販売場所永楽庵
時間9:30~19:00
定休日水曜
問い合わせ0797-86-3863
アクセス阪急宝塚駅下車すぐ
住所兵庫県宝塚市栄町2-1-1(ソリオ宝塚グランドフロア)【MAP
URL https://sorio.jp/food/shop_detail/eirakuan/

黄金家「炭酸煎餅」

歴史ある温泉街・宝塚市湯本町で明治30年創業の黄金家。先々代店主が湯本町に湧く天然炭酸水にちなんで「炭酸煎餅」と名付けて売り出したのが始まりだそう。レトロな缶に入ったおせんべいは、サクサクとした食感が特徴で、優しい甘さで飽きのこない味が老若男女問わず人気です。

炭酸せんべい
商品名 炭酸煎餅
価格丸缶(小) 18枚入り:660円
丸缶(中) 27枚入り:880円
丸缶(大) 36枚入り:1,100円
角缶(小) 36枚入り:1,350円
角缶(中) 54枚入り:1,750円
賞味期限常温90日

昔ながらの手焼き製法で丁寧に焼き上げていて、2002年には全国菓子大博覧会で最高位にあたる名誉総裁賞を受賞しました。

看板商品の「炭酸煎餅」でクリームを挟んだ「クリーム炭酸煎餅」もあり、味はチョコレート、ストロベリー、抹茶、レモンの4種類。クリームそれぞれにしっかりと味を感じられます。

クリーム炭酸煎餅
「クリーム炭酸煎餅」丸缶(小)9枚入り:660円
丸缶(大)16枚入り:1,100円

いろいろ食べ比べたい人は「詰合せ」をどうぞ。炭酸煎餅、クリーム炭酸煎餅に、宝来橋の焼き印が押された、香ばしく優しい甘みの玉子煎餅が入っています。

炭酸煎餅、クリーム炭酸煎餅、玉子煎餅の詰合せ
「詰合せ」角缶(小)32枚入り:1,485円

温泉街としても知られる宝塚ならではの銘菓。「黄金家 本店」の近くには「ナチュールスパ 宝塚」や「ホテル若水」などの温泉施設がありますので、あわせて立ち寄ってみてくださいね。

販売場所黄金家 本店
時間9:30~18:00
定休日水曜(祝日の場合は営業、翌日休)
問い合わせ0797-86-2962
アクセス阪急宝塚駅下車 約5分
住所兵庫県宝塚市湯本町9-27【MAP
URL http://koganeya.jp/koganeya/

宝塚駅周辺のおすすめの温泉施設は↓↓この記事もチェック↓↓

宝塚駅周辺&武田尾の温泉で日帰り入浴できるおすすめ施設5選

御菓子所 泉寿庵「花すみれ」

宝塚歌劇100周年、市制60周年、手塚治虫記念館20周年という宝塚トリプル周年を記念し、2014年に誕生した宝塚の新名物です。北海道あずきにミルクを含ませて仕上げた饅頭は、しっとりとした優しい味わいが魅力

ミルク饅頭
商品名 花すみれ
価格6個入り:720円
10個入り:1,200円
15個入り:1,800円
賞味期限常温40日

饅頭の皮の白さには、タカラヅカの“清く 正しく 美しく” の心が表現されているそうです。そういえばパッケージの緑もタカラジェンヌの袴の色を連想させますね!泉寿庵 本店は、宝塚大劇場から徒歩10分圏内ですので、観劇とあわせて訪れるのもおすすめです。

本店の外観
製造工場直売で甘い香りに包まれる本店。
販売場所御菓子所 泉寿庵 本店 
時間9:00~18:00
定休日1月1~3日
問い合わせ0120-69-1238
アクセス阪急宝塚駅下車 約15分
住所兵庫県宝塚市宮の町10-8【MAP
URL http://www.1238h.com/

清荒神清澄寺周辺で人気のお土産

宝塚市にある真言三宝宗の大本山、清荒神清澄寺へ続く参道には、多くの土産物店が立ち並びます。中腹では一味違ったごま豆腐が販売されています。

参福(みふく)「ごまとうふ」

通常ごま豆腐は、原材料に葛を用いるのが一般的ですが、参福では本わらび粉を使用しています。ねっとりとしたごま豆腐特有の食感とは違い、あっさりしていて食べやすい、それでいてごまの風味はしっかりと利いたごま豆腐なのです。

ごまとうふ
商品名 ごまとうふ
価格小分け1パック(40g): 150円 ※予約販売
小分け5パック(210g): 700円 ※予約販売
袋詰め(330g): 700円
賞味期限冷蔵5日

美味しさの秘密は製造方法にあります。参福の「ごまとうふ」は、2年以上寝かせた本わらび粉を使用しています。寝かせることで程よい弾力と食感が引き出され、ごま本来の風味が生きた製品になるのです。

また、まろやかな風味と弾力を楽しめるようにと、作り置きはせずに、その日に売る分だけを店頭に並べているのだとか。

ごまとうふパッケージ
1パックからでもだし醤油が付いてきます。

原材料や製法にこだわり、子どもからお年寄りまで愛される参福の「ごまとうふ」。参拝のお供にお買い求めください。

販売場所参福
時間10:00~17:00
定休日水曜、12~2月は無休
問い合わせ0797-84-5628
アクセス阪急清荒神駅下車 約10分
住所兵庫県宝塚市清荒神3-13-27【MAP
URL http://mifuku.org

中山寺周辺で人気のお土産

1400年以上の歴史を誇る安産祈願の霊場・中山寺には、全国から参拝者が絶えません。安産の観音様のお膝元では、神々しいばかりの銘菓に出合えます。

寶菓匠 菅屋「金覆輪」

中山寺周辺で親子三代で和菓子店を営む「寶菓匠 菅屋」。こちらを代表する和菓子が、金箔があしらわれた上品な「金覆輪」です。

金覆輪がカットされたところ
商品名 金覆輪
価格2個入り:1,016円(家庭用サービス箱)
3個入り:1,685円(進物用)
6個入り:3,294円(進物用)
賞味期限冷蔵7日

外側は卵黄を使用したなめらかな手芒豆(てぼうまめ)のあんで包まれていて、内側には十勝小豆のこしあん、さらにその中にはやわらかな大粒の栗がごろりと入っています。一個がどっしりとしていて存在感がありますね。

金覆輪がカットされたところ

4つに切り分けて断面を楽しみながら食べるのがおすすめです。高級感があるパッケージは贈り物にも最適ですね。

金覆輪6個入り進物用の箱

広々とした店内には、和のテイストを取り入れた色とりどりのケーキも並びます。ぜひ、中山寺観光とあわせて訪れてみてください。

販売場所寶菓匠 菅屋 本店
時間9:30~19:00 
定休日月曜(祝日の場合は営業、翌日休)
問い合わせ0120-81-4655(フリーダイヤル)、0797-86-4748
アクセス阪急中山観音駅下車 約12分
住所兵庫県宝塚市泉町19-14【MAP
URL https://sugaya-web.com/

あいあいパーク周辺で人気のお土産

花と緑の情報ステーション・あいあいパークのある宝塚市山本エリアは、日本3大植木産地のひとつ。花と緑に囲まれた癒しのスポットで見つけた、とっておきのお土産をご紹介します。

宝塚はちみつ「フローラ宝塚」

宝塚の奥山に700万匹のミツバチが飛び交う、宝塚はちみつの養蜂場があります。そこで生み出される天然蜂蜜は、無添加・無加工、そして完全非加熱。採れたままを瓶詰めした生のはちみつです。

養蜂場

ミツバチは4月から7月までの短い期間に、次々に咲く花々から蜜を集めます。
花ごとにそれぞれの味と香りがあり、それらがミツバチによってブレンドされ風味豊かな味わいを生み出しているのです。

数ある製品の中でも「フローラ宝塚」は、初夏に可憐な花をつけるソヨゴを主として、山栗・野ばらなどの蜜がミツバチによって自然にブレンドされました。蓋を開けると花の香りがふわりとし、口に含めば豊かな風味が広がります。

フローラ宝塚
(写真手前)宝塚はちみつ「フローラ宝塚」
商品名 フローラ宝塚
価格170g:1,250円
250g:1,800円
賞味期限常温3年
パンにハチミツをたっぷりかけているところ

パンに塗ったり、ヨーグルトや紅茶に入れれば濃厚で贅沢な味わいを楽しめます。年配の方からは「子どもの頃に食べた懐かしい味がする」と好評なのだとか。

宝塚はちみつのオーナーで養蜂家の明利さんいわく、非加熱の蜂蜜を生産するのは大変な手間と時間が掛かるそうで、日本の蜂蜜の95%以上は加熱処理をしているのだそうです。加熱すると蜂蜜はサラサラになってフィルターを通りやすくなり、巣のかけらなどの不純物を簡単に取り除けますが、一方で栄養や風味が損なわれてしまいます。

宝塚はちみつでは、手間を惜しまず時間を掛けて、蜂蜜に混じった巣のかけらなども一つ一つ手作業で取り除いています。

宝塚はちみつのオーナーで養蜂家の明利さん

そうした品質が認められ、厳しい基準をクリアした製品に贈られる「食の3重丸」を7年連続受賞。その他「五つ星ひょうご」「モノ・コト・バ宝塚」にも選出。宝塚市のふるさと納税記念品にも選ばれています。

奥山の、清々しい空気の中で育ったミツバチからの贈り物――。生命力に溢れる天然の蜂蜜をどうぞ。

販売場所あいあいパーク あいあいギャラリー
時間10:00~17:30
定休日12月28日正午~1月3日 
問い合わせ0797-82-3570
アクセス阪急山本駅下車 約5分
住所兵庫県宝塚市山本東2-2-1【MAP
URL https://www.aiaipark.co.jp/

あいあいパークについては↓↓この記事もチェック↓↓

【宝塚】ガーデニング好きなら行きたい宝塚・山本のスポットはココ!

いろいろ選ぶなら宝塚北サービスエリアが便利

移動手段が車の方は、様々なお土産が集まる宝塚北サービスエリアへ。今回ご紹介した以下の商品が手に入ります。

宝塚北サービスエリア取り扱い商品 

※記事配信日時点での取り扱い商品になります。

・きねや「乙女餅」
・黄金家「炭酸煎餅」
・黄金家「クリーム炭酸煎餅」
・黄金家「詰合せ」
・御菓子所 泉寿庵「花すみれ」
・参福「ごまとうふ」
・宝塚はちみつ「フローラ宝塚」
 ※季節により入荷は異なります。

宝塚北サービスエリアは、新名神高速道路上り線、下り線共通のサービスエリアで、一般道からもアクセスが可能です。詳しくは公式ホームページをご確認ください。

宝塚北サービスエリアの外観
「花のみち」周辺の南欧風景観をイメージしたお洒落な外観
スポット名宝塚北サービスエリア
時間 お土産の販売は24時間営業
定休日無休
問い合わせ0797-83-5601
住所兵庫県宝塚市玉瀬字奥之焼1-125【MAP
URL http://www.takarazukakita-sa.jp/

最後に

宝塚は、兵庫県屈指の観光地ということもあり、魅力あふれる土産物がたくさんありますね。この記事が、宝塚観光を有意義に過ごしていただくための一助になれば嬉しいです。

この記事を書いたのは… TOKK編集部S

編集S

グルメと絶景があればどこへでも。子育て奮闘中のママ編集。学生時代はリュック一つで旅をするバックパッカー。企業広報、ライターの経験を経て2010年にTOKK編集部へ。街ネタ・グルメ・カルチャーの発信に携わる傍ら、阪急沿線を飛び出し、全国の観光地やホテルを取材した経験も。仕事柄たま~に鉄分高め。

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から48年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月2回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia

【Twitter】@hankyu_tokk

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、内容などは、記事配信日時点での情報です。予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード






Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!