梅が見頃になる京都・北野天満宮で、菅公をしのぶ「梅花祭」を2月25日に開催

京都の北野天満宮で、菅原道真公を偲(しの)ぶ約900年続く祭典「梅花祭」を2月25日(木)に開催。

梅が見ごろを迎えた北野天満宮で、菅原道真公の祥月命日に祭典を執行。蒸した米を盛った「大飯」「小飯」や、梅の小枝を挿した「紙立(こうだて)」という特殊な神饌(しんせん)を供えて神事を行う。参拝者には、紙立に用いた厄除玄米を授与。

まつられた祭壇
行事名梅花祭
場所北野天満宮
時間【梅花祭神事】10:00~11:00
料金【梅苑拝観料(梅茶・菓子付き)】大人(中学生以上)1,000円、小人500円
問い合わせ075-461-0005
アクセス阪急西院・大宮各駅→市バス・北野天満宮前停下車すぐ、または阪急西院・大宮・嵐山各駅→嵐電・北野白梅町駅下車 約7分【MAP
URL http://kitanotenmangu.or.jp/

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!