レブレッソの食パンのおいしい食べ方!絶対おさえたい4つのポイント

阪急沿線情報紙TOKK(トック)の特集で人気のテーマ「パン」。近年は高級路線の食パンがブームで、いろんなお店の食パンを食べている、という人も多いのではないでしょうか。

今回は、関西の数々の食パンを食べ比べている食パン通・TOKKのスタッフMに聞いた、人気の専門店「LeBRESSO(レブレッソ)」の食パンの食べ方をご紹介します。

「LeBRESSO(レブレッソ)」って?

どんなお店?

「LeBRESSO(レブレッソ)」は、大阪・鶴橋でスタートした、食パン専門店&コーヒースタンドのお店です。

「嵐にしやがれ」「めざましテレビ」など人気のテレビ番組で取り上げられたこともあり、注目度の高い食パン専門店の一つ。

店舗は、鶴橋にある本店以外に、阪急大阪梅田駅から近いグランフロント大阪店のほか、東京や福岡、福井、広島など各地に店舗があり、人気の高さが伺えます。

レブレッソの店舗ロゴ

食パンのコンセプトは「長年食べ続けても飽きのこない食パン」。毎日食べるものだからこそ、おいしさだけではなく、「飽きない」という考えを大切にされているのではないでしょうか。

レブレッソの食パンのメニュー

「レブレッソ」の定番の食パンが「LeBRESSO BREAD(レブレッソブレッド)」。卵や防腐剤は使用せずに作っています。

「レブレッソブレッド」の特徴は、炊きたてのご飯みたいに、もっちり、しっとりとした食感と、ほんのりとした甘さ、独特のうまみがあります。

店頭に並ぶレブレッソの食パン

「レブレッソブレッド」以外の食パンメニューには、バリバリの食感が軽やかな「ハードトースト」と、季節で変わる期間限定の食パンがあります。

期間限定の食パンは、レーズンが贅沢に入った「レーズンブレッド」、サイコロ大のチーズがぎっしり入った「チーズブレッド」、トーストするとたっぷりのチョコチップがとろーり溶けて生地に絡まる「チョコチップブレッド」などがあり、2種類ほどがお店に並んでいます。

初めてならまずは定番の「レブレッソブレッド」を食べておきたいですね。

コーヒーにもこだわり

LeBRESSO(レブレッソ)という店名は、LEB(ココロ)、BREAD(ブレッド)、
ESPRESSO(エスプレッソ)をかけ合わせた造語。

その名前の通り、コーヒーにもこだわりがあり、ブラジルやグアテマラ、エチオピアなどから仕入れた厳選豆を使用しています。オリジナルブレンドや産地別のシングルオリジンもいただけます。

自宅で美味しく食べるおすすめの方法

それでは本題。食パン通のスタッフMがおすすめるする4つのポイントを紹介します。

レブレッソの食パンの厚みは4枚切り以上に!思い切って分厚く切る!

レブレッソは、グランフロント大阪店をはじめ、イートインもできる形態のお店を展開。「レブレッソブレッド」を、一人分のサイズにカットして提供しています。

驚くのが、お店で提供している「レブレッソブレッド」の厚み

こんなに分厚いサイズで出てくるのです!普通の食パンの4枚切り以上の分厚さくらいはありそう。

お店で出す厚さが、つまり、一番美味しくいただけるということ。

実際に食べた食パン通・スタッフMも、「厚切りで食べるとこんなに美味しいのか!」と感動したそうです。

自宅で食べる時はお店にならって、4枚切り以上の厚さに切るのがおすすめです。もったいない気もしますが、ここは思い切って贅沢に味わいましょう!

レブレッソの食パンはトーストして食べる

最近は、焼かずに生で食べるのが美味しいパンもありますよね。しかし、レブレッソの食パンは生よりもトーストして食べることをおすすめします。

理由は、生地の美味しさを実感できるから。

購入した時に気づくと思いますが、「レブレッソブレッド」は「こんなに重いの!?」というくらいにずっしりしています。

水分がたっぷり含まれて、もっちり、しっとりしているんだろうな、ということが想像できます。

トーストすることで、表面のカリッと感と中のしっとり感の対比が生まれて、より美味しく感じるはずです。

トーストしたら、まずは何もつけずに食べてみる

「レブレッソブレッド」は、食べた瞬間、デニッシュのようなほんのりとした甘みを一番に感じます。

そして、口の中に広がる優しいミルクの風味。

食感はというと、カリッと焼き上がった表面とは対象的に、中はもちもち!

「炊きたてのご飯のような、もちもち、しっとりな食感と、甘み、うまみ」という「レブレッソブレッド」の特徴を知るために、まずは、何もつけずに食べて、パンそのものの美味しさを実感するのがおすすめです。

お店で売っているジャムをつけて食べる!

LeBRESSO(レブレッソ)の店頭では、オリジナルのジャムを販売しています。

ジャムのバリエーションは豊富で、イートインでも提供しているストロベリージャムのほか、季節ごとに変わるフルーツ系ジャムと、ミルクジャムのシリーズがあります。

店頭に並ぶレブレッソのジャム

特に人気はミルクジャム!

「レブレッソブレッド」を食べるなら一緒に組み合わせることをおすすめします。

ミルクジャムシリーズは、ハニーバター、ピスタチオ、ラムレーズン、塩バターミルクの4種類。原材料は、淡路島産の牛乳に、北海道産の生クリーム、練乳、グラニュー糖とシンプルで、これに各味の材料を合わせています。

ほどよい甘さ、優しい香りと口溶けが、トーストした食パンにぴったり!

もし、この記事を読んでいるのが食パンを買いに行く前なら、店頭で売っている自家製ジャムもぜひ一緒に購入してみてください。

レブレッソの公式ホームページからお取り寄せもできるので、ミルクジャムだけ欲しい!という方は通販を利用してみては。

レブレッソの食パンを購入する方法

店頭で購入する

阪急沿線なら大阪梅田駅にあるグランフロント大阪店が一番近くて便利。仕事帰りやショッピングのついでに立ち寄れるのが嬉しいですね。

レブレッソグランフロント大阪店

関西にある店舗は現在、グランフロント大阪店以外だと、本店がある鶴橋のみ。

その他には、東京・名古屋・富山・福井・広島・福岡にも店舗があるので、詳しいお店の情報は、公式ホームページにてチェックしてみてください。

通販でお取り寄せできる?

現在、「レブレッソ」では、残念ながら食パンの通販は行っていません。

食パンを購入するには、各店舗へ足を運ぶ必要があります。

食パンの通販は行っていませんが、上で紹介したミルクジャムのみ、通販で購入することが可能です。

また本店では、宅配サービスがスタート。近くに住んでいる方は利用してみては。

まとめ

人気の高いレブレッソの食パン。もちもち食感の食パンを美味しくいただくには、

厚切りトーストする何もつけずに食べるオリジナルジャムをつけて食べる、ことがポイントです。

人気の食パンの美味しさを、心行くまで味わってくださいね。

スポット名LeBRESSO(レブレッソ)グランフロント大阪店
アクセス阪急大阪梅田駅下車 約6分
住所大阪府大阪市北区大深町4-1
グランフロント大阪 うめきた広場 B1F【MAP
URL http://lebresso.com/

この記事を書いたのは… TOKK編集部T

夕日

「TOKK(トック)」編集部T。豊中育ち→箕面→豊中→池田→神戸・岡本→池田と阪急沿線を転々とする。そのたびに、その街と周辺を隅々まで歩き、住人だからこそ分かる見どころを掘り起こしている。次に住んでみたいのは阪急京都線の大山崎。趣味は、おいしいもの発掘と山歩き。

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から48年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月2回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia

【Twitter】@hankyu_tokk

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!