【大阪市内・北摂】テイクアウトもOK!ピスタチオなど人気のおいしいジェラート店3選(駐車場情報も)

暑い時食べたくなる、口どけ滑らかなジェラート!このジェラートも、2021年ブームになっているマリトッツォと同じくイタリア発祥のスイーツです。そんなイタリアスイーツやピスタチオ人気の影響もあってか、徐々にジェラート専門店も増えつつあります。

今回は大阪で食べられる、ジェラートのお店をご紹介します。ナッツにミルク、フルーツなど、どのお店も濃厚なジェラートがいただける、とっておきのお店ばかり。暑い時だけといわず、年中おいしいジェラートの世界を体験してみて!

※店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合があります。お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。

ジェラートってどんなもの?アイスクリームとの違いは?

ジェラートってどんなスイーツでしょうか。アイスクリームとジェラートって何が違うの?となる人もいるかと思います。アイスクリームと大きくくくりますが、アイスクリームにもいろいろ種類(アイスミルクやラクトアイス)があることをご存じでしょうか。

アイスクリームとは乳固形分15.0%以上 (うち乳脂肪が8.0%以上) 入っているもののこと。アイスミルクは乳固形分10.0%以上 (うち乳脂肪が3.0%以上)、ラクトアイスは乳固形分3.0%以上入っていて、乳脂肪が3.0%以下になるとシャーベット(氷菓)といわれ、この差は乳脂肪分のよう。スーパーやコンビニなどで同じように見えるアイスクリームも、あっさりしているアイスクリームと濃厚なアイスクリームがあるのはこのためなんです(商品パッケージの成分表のところを見てみてくださいね)。

そしてジェラートは、乳脂肪分が4〜8%と低いものなんです(アイスミルクとアイスクリームの間ぐらいですね)。ただ、ジェラートってあっさりというより濃厚な印象がありますよね。それはジェラートの空気の量が、アイスクリームに比べて少ないから。

ジェラートの空気は35%未満で製造されていて、より乳脂肪や果実感が濃く濃密なものに仕上がるんです(アイスクリームの多くは50%以上の空気を含んでいます)。この空気量が関係するのは味わいだけではありません、空気量が多いとふんわりした軽い食感になり、少ないとねっとりとした重みのある食感になるんです(雪を思い起こすとわかりやすいですね)。

ジェラートはイタリア語で…

ジェラートは、イタリア語で「凍った」という意味を持つ氷菓。フィレンツェが発祥と言われており、牛乳、果汁、などを混ぜた物を凍らせて作るスイーツです。イタリアの夏には欠かせないお菓子で、シチリアではブリオッシュに挟んで食べられることもあるんだとか(それって、マリトッツォ!)。

それでは大阪で実際にいただけるジェラート専門店をご紹介します。

【摂津市】グラシエコンコルド

2021年6月22日にオープンしたばかりのお店が「グラシエコンコルド」です。早速店名にジェラート…でない言葉がついていますが、”グラシエ”とはフランス語でアイスクリーム専門の職人資格を保有したシェフのこと。この人たちが作るものを「グラス(アイスクリーム)」「ソルベ(シャーベット)」といい、牛乳やクリームを含んだアイスクリームや果実感が濃厚な味わいでジェラートに近いものになります。実際「グラシエコンコルド」は、クラフトジェラート専門店を謳っています。

「グラシエコンコルド」は、阪急摂津市駅から歩いて約22分と少し距離があります。JR千里丘駅からなら約10分ほどで、パナソニックスタジアム吹田に向かう道のりにあります。住宅街の中ではありますが、比較的大きな道沿いなので迷う心配はなさそうです。目印は青いペンギンのペン太くんです!

大体の位置関係はこちらをチェック

グラシエコンコルドのジェラートは…

「グラシエコンコルド」のジェラートは常時8種類がラインアップ。こちらのジェラートはすべて手作りされているので、量産されておらず売り切れ次第終了に。パナソニックスタジアム吹田へ向かう道にあるため、ガンバの試合がある時などは特に早めに完売してしまうことも多いのだとか。

気になるフレーバー一部をご紹介します。一番人気という濃厚なブロンテ産ピスタチオにゲランドの塩を利かせた「ブロンテピスタチオ」シングル 540円(550円)ダブル 756円(770円)、ラズベリーとブラックベリーの交配種で、バラを思わせる香りと、ラズベリーの華やかな香りを同時に楽しめる「タイベリー」、2種類のラム酒を使用した「ラム レーズン」、カカオのフレッシュさを楽しめる「チョコレート(カカオトレース)」、、濃厚なアルフォンソマンゴーとさわやかなパッションフルーツを合わせた「マンゴーパッション」、天満橋・猫じた珈琲のエチオピア産スペシャリティコーヒーを使った華やかな「エチオピアコーヒー」、そして土日に限定販売されている「世界遺産 石見銀山ミルク」などで、いずれもシングル 432円(440円)ダブル 648円(660円)。そこに秋の新作ティラミスのジェラートが3種類登場。※( )内はイートイン価格。

誰でも食べやすいバニラ風味のティラミス「バニラティラミス」、イタリアのマルサラワインにザバイオーネ(卵黄と洋酒を混ぜた濃厚なソース)を使った大人の味わい「コンコルドティラミス」、「猫じた珈琲」のブレンドコーヒーを使用したひき立てのコーヒーの香りが楽しめる「プレミアムティラミス」の3種類とどれも食べてみたいものばかり!ティラミスはイタリア語で「私を癒やして」という意味のあるスイーツ。ぜひ自らを癒やしにいただきにいこう!

グラシエコンコルドにはイートインメニューも

その場で食べるジェラートもテイクアウトできる「グラシエコンコルド」ですが、8席のみのイートイン席でしか食べられないメニューも! コーヒーとの「ジェラートセット」1,000円や皿盛りのデザート1,600円やパフェ類1,600円、焼き菓子といったイートインでしか食べられないものも。パフェなどは季節により内容が変わるので、その都度チェックしてみて!

なお、「グラシエコンコルド」には駐車場は店のすぐ前に2台あり。駐輪場もあるとのこと。ただ、満車の場合は住宅街のためコインパーキングなどに駐車をお願いします。

次々に新作を登場させる意欲的なジェラート専門店「グラシエコンコルド」。自分がいただくのはもちろん、誰かへの手土産にも喜ばれそうですね。オンラインでも購入できるようになったのでお店に行くのをためらう方はそちらをチェック!

スポット名グラシエコンコルド
時間13:00~21:00 ※売り切れ次第終了。
定休日水曜休
問い合わせ06-6875-2270
アクセス阪急摂津市駅下車 約22分またはJR千里丘駅下車 約11分
住所吹田市千里丘西8-1【MAP
URL https://www.instagram.com/glacier_concorde/
https://concorde-seika.co.jp/
駐車場2台

【吹田】ハッピージェラート

吹田においてジェラート店といえばで名の挙がるお店が、阪急吹田駅から歩いて5分の場所にある「ハッピージェラート」です。「ハッピージェラート」は2008年創業で、ケーキ店で修業されていたご主人が、一人で手作りし接客も行うお店です。

「ハッピージェラート」は、阪急吹田駅から歩いて5分ほどにあるお店。お店のある道自体はそこまで大きくはありませんが、府道145号線でバスなども通っている道にあり、迷う心配はありません。目印は青いフレームの店舗です。

大体の位置関係はこちらをチェック

ハッピージェラートのジェラート

手作りアイスをうたう「ハッピージェラート」は、タマゴ不使用のジェラート。そのため低カロリーなんだとか。牛乳、生クリーム、脱脂粉乳を使用し、素材それぞれの味が楽しめるように作っているのだそうです。なお、シャーベットは乳製品は入っていないので、アレルギーのある人はこちらがおすすめ。

「ハッピージェラート」では、季節限定のフレーバーもありますが大体10種類がラインアップ。そして「ハッピージェラート」の特徴はご主人手書きのPOPです。それも、どこの何を使用とかではなく、ご主人の人柄があらわれた詩的なものから、ジェラートのおいしさを伝えるPOPはなんともユニークなんです。ぜひ購入時はチェックしてみて。

訪れた時のラインアップは、「ピスタチオ」、「いちご」、「チョコレイト」(チョコレートではなく、チョコレイトなのがなんともいい!)、「ラムネ」(夏季限定)、「Theミルク」、「マンゴー」、「八朔(シャーベット)」、「抹茶」、「フランボワーズ」(夏季限定)、「ライチ」。

ショーケースでは、ジェラートはアルミホイルで覆われているのでどんなものか見分けがつきませんが、POPを頼りにご主人に相談してみて。

「ハッピージェラート」のジェラートは、うれしいことに明朗会計。カップ・コーンいずれもどのフレーバーでもシングルは300円、ミニダブルは380円、ダブルは450円です。これはテイクアウトでも同じ価格。

手作りでこの価格の手ごろさにまず驚きますよね。ミニダブルもダブルとコーンの大きさがあまり変わらないので、ジェラート量が少ないのかなと思ってミニダブルを注文したら、ほぼ普通のサイズと同じ!

今回は「ピスタチオ」と夏季限定という「フランボワーズ」のミニダブルをコーンでいただきました。

まずピスタチオはものすごく濃厚!ピスタチオの素材の味もしっかりするし、フランボワーズは甘酸っぱい…色合いも美しく、自分のチョイスに自画自賛です。

「ハッピージェラート」はイートインも数席(テーブルなしの椅子のみ)。ゆったり食べる…には少し難しいですが、その場で食べる場合はそれで十分ですね。

テイクアウトも購入してみました、いずれもシングルです。有料ですがテイクアウト用の発泡スチロールの箱の用意もあります。抹茶は甘さ控えめでお茶の苦みもしっかりで本当に美味! ライチもアジア香る、上品でジューシーな甘さがたまりません。

なお「ハッピージェラート」には、駐車場はありません。また駐輪場も難しいイメージ。道もそこまで大きくないうえに、車通りも多い道なので、車で訪れる際は、近くのコインパーキングなどに駐車してください。

季節ごとに様々なジェラートが登場する「ハッピージェラート」。手ごろな価格なのであれもこれも食べやすいのもうれしいですよね。ぜひ何度も訪れていろいろ試してみては。

スポット名ハッピージェラート
時間11:00~20:00
定休日水曜休
問い合わせ06-4861-0306
アクセス阪急吹田駅下車 約5分
住所吹田市泉町5‐1‐40
駐車場なし

【大阪梅田】ヴェンキ ディアモール大阪店

見ているだけおいしそうなヴェンキのジェラート

2021年7月16日に大阪梅田にあるショッピングストリート、ディアモール大阪へオープンしたのは、イタリア・ピエモンテ発のチョコジェラテリア「ヴェンキ ディアモール大阪店」です。

ディアモール大阪の円形広場にオープン

創業1878年、シルヴィアーノ・ヴェンキがオープンしたチョコレートショップ「ヴェンキ」。職人技あふれるチョコレートのほか「ヴェンキ ディアモール大阪店」では、チョコレートなどの上質な素材を使い、丁寧に作られるジェラートも大人気です。そんな魅力たっぷりの西日本初の出店となる「ヴェンキ ディアモール大阪店」で購入できるジェラートやチョコレートについては、詳しくは下記記事で紹介していますので、こちらをご覧ください。

↓↓詳しくはこちら↓↓

【大阪梅田】ジェラートが大人気のヴェンキがディアモール大阪へやってきた!ピスタチオなど人気のアイスからチョコレートまでを徹底レポート

いかがでしたか

イタリア菓子がブームの2021年。ジェラートも身近なスイーツになりましたが、まだまだジェラート専門店は少ないんです。でもジェラートがどんなものか、アイスクリームとどう違うのか、なぜ濃厚なのにさっぱりするのかといったことから紐解くと、ジェラートってとっても繊細なスイーツだということがわかります。

でもだからこそ、食べたときにうっとりするような幸せなひと時をもたらしてくれるのかもしれませんね。みなさんも誰かの手みやげにはもちろん、年中いただきたくなる濃厚ジェラートで幸せの時間を過ごしてみて。

この記事を書いたのは… TOKK編集部R

TOKK編集部R

大阪・北摂育ち。甘党で1日1回の甘いものが欠かせません。
愛しているものは、ミルクティーとチョコレートとナッツとチーズケーキ…
趣味は、美術館巡り(浮世絵大好き)と観劇(ストレートプレイ中心)
シネマやイベント、TOKKの公式Twitterを担当しています

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から49年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月1回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Twitter】@hankyu_tokk

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!