六甲山スノーパークで雪遊び!子連れで行く際のポイント【アクセス・服装・持ち物】

六甲山スノーパークは、毎年11月~3月にオープンする人工のスキー場。大阪市内からだと車でわずか60分と近く、スキーやスノーボードとは別の雪遊び専用エリアがありますので、小さな子供を遊ばせるのに安心

ここでは、初めての雪遊びのための、六甲山スノーパークまでのアクセスや、服装に持ち物、現地での食事や休憩場所の情報まで、子連れで行く際のポイントをまとめてお伝えします。

六甲山スノーパークまでのアクセスは?

まずは気になるアクセスですが、大阪市内から車で約60分、神戸・三宮からは約35分と、スキー場にしては都市部から近いのが特徴です。小さな子供を連れての長距離移動は大変ですので、アクセスが便利だと助かりますね。

マイカーの場合

山道を行く車

マイカーの場合は、蛇行した山道を行きますので、雪のシーズンは、スタッドレスタイヤ・タイヤチェーンの携行が必須です。当日の道路の状況は公式ホームページに案内がありますので、必ずチェックしてください。

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンがない場合は、後ほど紹介しますが、直行バスや公共交通機関を利用する方法があります。

駐車場は800台まで収容可能

「六甲山スノーパーク」の駐車場は、800台まで収容することが可能です。

満車になった場合は、遠く離れた臨時駐車場へ案内されてしまうこともあるため、込み合う休日などは、「六甲山スノーパーク」が営業を開始する9:00までには到着しておくほうが安心です。

●駐車場のご案内
【営業時間】
通常営業日 8:30~17:00(16:30最終受付)
ナイター営業日 8:30~22:00(21:30最終受付)

【駐車料金】
バイク 300円
普通車 1,500円
バス・マイクロバス 3,000円

※バスの駐車は予約が必要となります。あらかじめ六甲山スノーパーク(電話:078-891-0366)へご連絡ください。
※15名以上で利用の場合は、公式ホームページの「団体でご利用のお客様へ」をご確認ください。

直行バスを利用する場合

黄色の直行バス「LIMON」

大阪なんば駅からは土・日曜・祝日限定で、直行バス「LIMON」が運航していますが、今シーズンの運行は終了しました。

公共交通機関を利用する場合

阪急六甲駅

電車を利用する場合、阪急六甲駅が最寄りとなります。阪急六甲駅からは、神戸市バス、六甲ケーブル、六甲山上バスを乗り継ぎます。

1 阪急六甲駅を下車。改札を出たら突き当りを右へ(3番出口)。

2 エスカレーターを降りると、市バスのバス停が見えます。
16または106系統の「六甲ケーブル下行」に乗りましょう。 時刻表はこちら

3 終点まで行ったら、次は六甲ケーブルに乗ります(所要時間約10分)。 時刻表はこちら

4 ケーブル下車後は、駅舎を出たら左へ。
山上バスに乗って「六甲山スノーパーク」を目指しましょう!  時刻表はこちら

六甲ケーブルの駅舎と六甲山上バス

公共交通機関を利用する場合は入園券付きのお得な乗車券が便利

乗り継ぎが多いので公共交通機関を利用する場合は、「六甲山スノーパーク」の入園券が付いた乗車券があれば、その都度、切符を購入する手間が省けて便利です。

乗車券は2種類あります。

1 六甲ケーブルスキークーポン
以下の3つのチケットがセットになったクーポンです。

六甲ケーブル往復乗車券+六甲山上バスフリー乗車券+六甲山スノーパーク入園券

●料金/大人2,430円、小児(小学生)/1,220円
●有効期間/六甲山スノーパークの営業期間
●発売場所/六甲ケーブル下駅

2 六甲山スキークーポン
以下の5つのチケットがセットになったクーポンです。

阪急全駅~阪急六甲駅の往復乗車券+神戸市バス16・106系統往復乗車券+六甲ケーブル往復乗車券+六甲山上バスフリー乗車券+六甲山スノーパーク入園券

●料金/阪急版 大人3,050円、小児(小学生)/1,530円
●有効期間/六甲山スノーパークの営業期間
●発売場所/阪急電車主要駅ごあんないカウンター※ほか

※大阪梅田・十三・塚口・西宮北口・夙川・神戸三宮・豊中・石橋阪大前・川西能勢口・宝塚・淡路・北千里・茨木市・高槻市・桂・京都河原町の各駅

六甲山スノーパークの入園料は、大人(中学生以上)2,200円で小人(3歳~小学生)1,100円ですから、とってもお得!

六甲山スキークーポンには、六甲オルゴールミュージアムの入館割引券もついてきます。

公共交通機関を利用する場合は、ぜひお得な乗車券を購入しましょう。

六甲山スノーパークの料金は?

六甲山スノーパークの料金は次の通りです。

1dayチケット(発売時間9:00~16:30)
●料金/大人(中学生以上)2,200円、小人(3歳~小学生)1,100円

リフト乗り放題のフリー券付きナイターチケット(発売時間16:00~21:30) 
●料金/大人(中学生以上)2,700円、小人(3歳~小学生)1,600円

リフト1日券
●料金/平日1,550円、土・日曜・祝日3,100円
※大人・小人一律料金、3歳から有料。
※1回券200円もあり。

1dayチケットには、リフト料金が別途必要となります。スキーやスノーボードをしたい方は、六甲スノーパーク入口のチケット売り場か、ゲレンデ下のリフト券売り場でリフト券を購入しましょう。

雪ぞりや雪遊びができる「スノーランド」のみを利用する場合は、リフト券は不要です。

服装・持ち物はどうする?レンタルが便利!

今回、「六甲山スノーパーク」へ行く際に一番頭を悩ませたのが服装です。普段ウインタースポーツをしませんので、ウェアの持ち合わせがなく、かといって今回だけのために購入するのはもったいない…。

そんな方は「六甲山スノーパーク」のレンタルを利用するのがおすすめです!

ウエアを探す親子の姿

ハンガーに吊り下げられていて自由に選べるようになっています。キッズサイズは90㎝から取り扱いがあります。

気になる料金はこちら!

ウェアセットウェア上下にグローブ付き身長90㎝~
●料金/大人2,600円、小人2,100円
※スキー板・ブーツ・ストックが付いた「スキー&ウェアセット」や、ボード・ブーツが付いた「ボード&ウェアセット」もあります。詳しくは公式ホームページ

スノーシューズ足サイズ14㎝~29㎝
●料金/一律500円

グローブ4歳以下の幼児用はミトンタイプ
●料金/一律500円

各レンタルとも保証金1,000円を別途預けなければなりませんが、返却時に戻ってきます。レンタル券を紛失された場合は保証金の返却ができませんので、要注意です!!

ゴーグル・帽子のレンタルは行っていませんが、園内のレストラン アルペンローゼやショップ グリーンリーフで販売されていました。

ショップ内の手袋に帽子、ブーツ

雪ゾリと雪遊びだけなら、上はセーターにジャンパー、下はジーパンなどの軽装の方もいましたが、スノーシューズと手袋は必須です。持ち合わせがなければ、「六甲山スノーパーク」でレンタルもしくは購入されることをおすすめします!

レンタルの流れとしては・・・
六甲山スノーパーク入口でレンタル券を購入⇒入口近くのレンタルコーナーでウェアをレンタル⇒レンタルコーナー横の更衣室で着替える⇒道具は各レンタルコーナー(スキー&スノーボードゲレンデ もしくは スノーパーク前)でレンタル⇒それぞれ返却後、入口チケット売り場でレンタル券と引き換えに保証金を受け取る

道具のレンタル料金はこちら!

スキーセットスキー板・ブーツ・ストックのセット
●料金/大人(中学生以上)2,900円、小人(小学生以下)2,100円

ボードセットボード・ブーツのセット
●料金/大人(中学生以上)4,100円、小人(小学生以下)3,600円

雪ゾリ
●料金/一律500円

なお、雪遊びのグッズは園内のショップ グリーンリーフで販売されていました。

雪遊びグッズ

その他、実際に持って行って良かったものや、あれば良かったなと思ったものを一覧にしましたので、参考になさってください。

持ち物リスト
・帽子
・ネックウォーマー
・雪遊びした後の着替え(ズボン、靴下など)
・タオル
・ビニール袋(濡れた衣類をいれるため)
・雪遊び用砂場セット(スコップ、バケツなど)
・防水のカバンや袋
・防水スプレー
・日焼け止め
・使い捨てカイロ

雪遊びした後は着替えが必要です。知らない間にびしょ濡れになってしまいますので、風邪をひかないためにも、ズボンと靴下はあると便利です。

また、着替えは車の中に置いておくか、ロッカーへ預ける、もしくは防水カバンに入れて持ち歩くことをおすすめします。
布製のバッグにいれていたら、いつの間にか濡れていた…なんてことも!

六甲山スノーパークのはじめてガイドも充実していますので、お出かけ前にチェックしてみてください。

「スノーランド」の楽しみ方

スキーやスノーボードのゲレンデとは完全に別れた「スノーランド」は、入口から一番奥にあります。

六甲山スノーパークのエリアマップ

「スノーランド」は、雪ゾリと雪遊びができるエリアに分かれていて、雪ゾリをする場合は、ソリをレンタルするか(500円。保証料1,000円別途要)、ソリを持参するかになります。

ソリをひく子ども

緩やかな丘を滑るので、4歳ぐらいからなら一人でも滑ることが可能です。

滑る時は、中央よりやや後方に座って、ブレーキの役目をする両足をソリの外に出すのがポイントです。ソリの乗り方は、スノーランド内に掲示もありますので、しっかりと確認してから乗りましょう!

ソリに乗る女性

大人と子供で2人で乗ることもできますので、ぜひ親子でやってみてください。重さがあるほうがスピードがでます。疾走感があってとっても楽しめました。

ソリに乗る親子

雪遊びエリアでは、雪だるまやかまくら作りをする親子の姿が。手袋はもちろんのこと、スコップやバケツがあると便利です。

トトロの形のかまくら
雪だるまを作る親子の姿
雪だるまを作る子ども

また、タイヤに乗って雪の斜面を回りながら滑り降りる「スノーチューブ」(小学生以下)や、専用ストライダーを借りて雪の斜面を走る「スノーストライダー」(2~6歳の未就学児限定)などの無料イベントも開催されます。詳しくは公式ホームページをチェックしてください。

六甲山スノーパーク内のレストランや休憩場所は?

最後に食事と休憩ができる場所のご紹介を。「六甲山スノーパーク」で食事がとれる場所はいくつかありますが、入口から近い順にご紹介すると・・・

レストラン アルペンローゼ

カレーを食べる女性

六甲山スノーパークの入口を入ってすぐ右側にあります。ゲレンデに近く、スキーやスノーボードをする人には便利な立地と言えます。

ローストビーフを六甲山に見立てた「六甲山山盛りローストビーフ丼」などメガ盛りメニューもあって、がっつり食べたい時におすすめ!

ローストビーフ丼を指さす女性

ショップ グリーンリーフ

グリーンリーフの外観

テイクアウトになりますが、スノーランド横のショップ「グリーンリーフ」でも飲食の販売があります。カレーライスや焼きそばなどの食事メニューから、フライドポテトに豚まんなどの軽食、ドリンク類もありますので、雪遊びしながら、ちょっと食べるのによさそうです。

テイクアウトのメニュー

テイクアウトしたら、近くのベンチなどで食べられます。

テーブルとベンチ

雪だるま食堂

雪だるま食堂の椅子と机

入口から一番奥にあるのが「雪だるま食堂」です。あくまで個人の感想ですが、「レストラン アルペンローゼ」よりは、空いている気がしました。

スキーやスノーボードのゲレンデからは遠いですが、スノーランドからは近いので、休憩がてらゆっくり食事をとるのに適しています。ストーブが何台もあって、中はとっても暖かかったです。

雪だるまをイメージしたかわいらしいカレーや、お子様ランチがありました。

雪だるまカレー
お子様ランチ

休憩室は「スノーランド」の近くに!

授乳やオムツ替えができる休憩室

休憩室は、スノーランドの近くにあります。ショップ グリーンリーフの隣です。授乳室・オムツ替え室が完備されていて、午前9時から午後5時まで利用することができます。

いかがでしたでしょうか?下調べができたら、六甲山へGo! 楽しい雪山での休日を親子でお過ごしください。

スポット名六甲山スノーパーク
期間2020年11月14日~2021年3月9日
時間通常営業 9:00~17:00
ナイター営業 9:00~22:00
※詳しくはホームページの営業案内をご確認ください。
定休日期間中無休
問い合わせ078-891-0366
住所兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98【MAP
URL https://www.rokkosan.com/ski/

最後に

ウインタースポーツは学生時代のスノーボード以来…。

アナ雪ブームが今だおさまる気配のない娘のために、今回重い腰をあげて行ってきましたが、想像以上に楽しめました!

「六甲山スノーパーク」は、私のようにウェアを持ち合わせていない初心者でも大丈夫!ウェアに道具とレンタルが充実していますし、スキーやスノーボードのゲレンデとは完全に別れた雪遊び専用エリアがありますので、子供を安心して遊ばせることができます。

まさに、初めての雪遊びにぴったり!皆さんもぜひ訪れてみてくださいね。

この記事を書いたのは… TOKK編集部S

グルメと絶景があればどこへでも。子育て奮闘中のママ編集。学生時代はリュック一つで旅をするバックパッカー。企業広報、ライターの経験を経て2010年にTOKK編集部へ。街ネタ・グルメ・カルチャーの発信に携わる傍ら、阪急沿線を飛び出し、全国の観光地やホテルを取材した経験も。仕事柄たま~に鉄分高め。

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から49年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月2回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia

【Twitter】@hankyu_tokk

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!