服部緑地で子どもと1日遊べる!遊具に植物園、プール、釣り堀に駐車場まで

阪急沿線の特徴として、公園が多いことが挙げられます。児童公園と呼ばれる公園もですが、花見やバーベキューなど色々な楽しみ方のできる大きな公園がいくつもあります。

服部緑地もその大きな公園の1つです。周囲には電車の駅も多く、利便性も抜群。公園内には遊具だけでなく、プールや釣り堀、植物園、音楽堂、乗馬センターに競技場など多くの施設を有しています。

この記事では服部緑地をはじめ、公園内にある施設をご紹介します。家族で、友達と、もちろん一人でも見どころがたくさんの服部緑地を知って、ぜひお出かけの参考にしてみては。

※施設の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合があります。お出かけの前に各施設にご確認いただきますようお願いいたします。

服部緑地はどこにあるの?アクセス方法や駐車場も

服部緑地は、大阪の北部・豊中市(一部は吹田市)に位置する大阪府営公園。公園はゆるやかな起伏に富んでいて、竹林や松林に10数個の池が点在しています。

そんな豊かな自然に恵まれた服部緑地は、阪急宝塚線・曽根駅または北大阪急行・緑地公園駅が最寄り駅。いずれも大阪市内から15分ぐらいのところにある駅で、大阪都市部からのアクセスも抜群の立地です。

2021年4月には、阪急曽根駅からバスが開通し、西側の緑橋に緑地公園西口(仮)というバス停が新設されるとのこと。これでよりアクセスが楽になりそうですね。

詳しくはこちらをご確認ください。

車で訪れたい場合、駐車場は全部で4つ。北、西、東、南に1つずつ駐車場があります。駐車料金についてはこちらを、駐車場の場所はこちらを参照ください。

服部緑地ってどんな公園?園内はシェアサイクルも!

服部緑地は、甲子園球場の約33倍の広さという126ha(ヘクタール)もある、広大な公園です。

大阪府下では最大級の規模の公園で、日本の都市公園100選や日本の歴史公園100選にも選ばれています。

大きな公園内を移動するのに便利なのが、「シェアサイクル(ハローサイクリング)」です。公園内には7カ所のポートがあり、異なるポート間での貸し出し・返却もOK(豊中市全域では46カ所のポートあり)。電動アシスト自転車で坂道も楽ちん、簡単な登録だけで利用料金も15分・70円~と使いやすいのもうれしいポイントです。空き状況や予約もオンラインで可能、気軽に使ってみたいですね。

詳しくはこちらを確認ください。

※2021年1月21日現在、「ちかくの森」でのバーベキューを禁止しています。詳細は服部緑地ホームページを確認ください。

詳細のマップについてはこちらを参照ください。

服部緑地はほとんどのエリアを無料で使用することができます。緑も豊かで四季折々の花にあふれ、野鳥なども訪れるこの公園は近隣の人だけでなく、多くの人がわざわざ訪れる人気の公園になっています。

また服部緑地内には、子どもが遊べる遊戯場のほか夏には流水プールが大人気のウォーターランド、冬にはフィッシングパークもオープン!

また、スポーツ競技のための陸上競技場からテニスコート、サッカー場に乗馬センターまでそろいます。

文化施設として、音響が良いという評判の野外音楽堂、日本各地の代表的な民家を移築復元した民家集落博物館、約500種1,150本の椿を見ることができる都市緑化植物園などもあります。

服部緑地 円形花壇

まずは”公園”と聞いてイメージする花壇から。服部緑地でシンボル的なイメージとなっているのが「円形花壇」です。

服部緑地の中央に位置しています。その周りを取り囲むように花壇が並んでいて、広場としても親しまれています。

服部緑地のシンボル円形花壇のチューリップ

花壇には春はチューリップやバラ、夏はヒマワリ、秋はコスモス、冬にはパンジーなど1年を通して季節の花が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませてくれます。

ここからの服部緑地内の施設の位置を説明するために、園の中心にある「円形花壇」を時計の文字盤のようにして方角をご紹介します。

服部緑地 梅林

服部緑地の「梅林」は、「円形花壇」を時計の文字盤とした時に8時の方向に位置しているのが「梅林」です。

八重寒紅や楊貴妃など約21品種・約200本もの梅が、1月下旬~3月ぐらいにかけて紅、白などのかわいい花を咲かせます。

香りも良い梅は、寒い冬ならではの楽しみです。ゆっくり散策しながら観梅したいですね。

服部緑地 サクラの杜

服部緑地には多くの桜もあります。ゆっくり桜を楽しめるのが、「円形花壇」から2時の方向に位置している「サクラの杜」。

この「サクラの杜」以外にも服部緑地内には山ケ池の畔や「いなり山児童遊戯場」、「日本民家集落博物館」周囲など多くの桜の木があり、服部緑地全体が人気の花見スポットになっています。

服部緑地 こどもの楽園

服部緑地には四季の花々だけでなく、子どもたちが見たらつい走り出してしまうような、大型の遊具がいくつかあります。その一つが「こどもの楽園」。

「円形花壇」から見ると9時の方向、服部緑地内でも最も西にあります。

20mもの長さがあるローラースライダーを中心にいくつものすべり台があり、大きなタコのすべり台も!

このすべり台が結構高低差があって、スリル満点!滑車で爽快感を味わえる、ターザンロープ遊具も子どもに大人気です。

もちろん小さな子どもでも遊べるもあるので安心(砂場は2021年3月末オープン予定)。子ども連れでピクニックにも良さそうですね。

服部緑地 いなり山児童遊戯場(ガリバー公園)

服部緑地で「こどもの楽園」以外でも大きな遊具があるのが、「いなり山児童遊戯場(通称ガリバー公園)」です。「円形花壇」から見ると2時の方向、服部緑地内で最も北東にある施設です。

桜に囲まれるいなり山児童遊戯場

こちらも「こどもの楽園」と同じく、複合遊具、ジャングルジム、砂場などがあります。

いなり山の高低差を使った大きなすべり台は、ステンレス製のためよく滑ります!スリルを味わえると子どもたちが行列することも。

また、ブランコやターザンロープなどもあってこちらも大人気です。

小さな子ども向けの遊具もあるので、子ども連れの家族にもおすすめです。この「いなり山児童遊戯場」には桜の木があるので、春はシートを広げてお花見ピクニックもよさそうですね。

このほかにも「円形花壇」から7時の方角にある、「谷あいの原っぱ」にも小さな遊具があります(一部のすべり台は使用禁止。ブランコなどは使用可)。

服部緑地 ウォーターランド/フィッシングパーク

「円形花壇」から8時の方角、服部緑地でも最も西南にあるのが「服部緑地ウォーターランド」です。屋外プールのため、利用期間は夏の7~9月(年によって利用日が変わるため詳細はホームページで確認ください)。

公園内にあるプールのため、周囲は緑がいっぱい!松林があるところが日本風で、そんなところも魅力です。

「ウォーターランド」には、プールの種類がいくつかあります。ゆったりした流れが楽しめる流水プール、5本のレーンがあるスライダープール(120㎝以上の身長制限があります)、貝の形をした遠浅のなぎさプール。カメのすべり台がある幼児プールと4つのプールがあります。

人気はクネクネと曲がる、1周250mある流水プールです。浮輪でプカプカ流れに身を任せると、リゾート気分が味わえそうですね。

この「ウォーターランド」の休業期間を活用し、秋から春にかけては「フィッシングパーク」に早変わりします。営業期間は11月~翌年の4月頃(年によって利用日が変わるため詳細はホームページで確認ください)。

流水プールはエサ釣りやフライ釣り用に、なぎさプールはルアー専用に。釣り具のレンタルもあるので、道具がなくても安心!お子様優先釣り場などもあるので、家族全員で釣りを楽しむことができそうです。

釣り場はイワナやアマゴなど、食べられる魚ばかりだとか。釣った魚については、制限はあるものの持って帰れるのもうれしいですね。

スポット名 服部緑地 ウォーターランド/フィッシングパーク
料金ウォーターランド 1,050円(520円)/
フィッシングパーク 1日券 4,000円(2,800円)、午後券 2,800円(2,000円)、2時間券 1,800円(1,300円)
※( )内は中学生以下の子ども料金。価格は変更の場合あり。
時間ウォーターランド(夏季のみ) 9:30~18:00(入場は~17:00、遊泳は~17:30。日曜・祝日は9:00~)/
フィッシングパーク(冬~春季のみ) 8:00~16:00(入場は~14:00)
定休日ウォーターランド 夏季期間中無休/フィッシングパーク 冬~春季の木曜休
※プールも釣りも年によって営業期間や時間が変わる場合があります。
問い合わせウォーターランド 06-6868-1357
フィッシングパーク 06-7175-7673
※いずれも開催中の場合のみ。
アクセス阪急曽根駅下車 約25分または北大阪急行・緑地公園駅下車 約19分
住所豊中市服部緑地1-8【MAP
URL ウォーターランド http://www.hattori-pool.site/public_html/
フィッシングパークhttps://hattori.fishingpark.jp/index.html

服部緑地 都市緑化植物園

「円形花壇」から見ると5時の方角、服部緑地内で南東に位置するのが「服部緑地 都市緑化植物園」です。

椿 江戸錦

「都市緑化植物園」の椿山と温室内の「カメリアルーム」には、約500品種・約1,150本もの色とりどりの椿があり、見ごろの12~4月にかけて品種ごとに順次開花していきます。自分のお気に入りの椿を見つけに行くのも楽しそうですね。

椿 月の都

また「見る、触る、香る、聞く、味わう」という五感でハーブを楽しめるハーブ園、紅黄葉樹林、温室などもあって四季折々の多くの植物を見ることができます。

「都市緑化植物園」では、芝生広場やスタジオなどでヨガや寄せ植えなどのイベントも定期的に開催されています。美しい緑に囲まれた中で参加するイベントは、一味違いそうです。

スポット名 服部緑地 都市緑化植物園
料金高校生以上 220円 中学生以下 無料
時間10:00~17:00(入園は~16:00)
定休日火曜休(祝日の場合は営業、翌日休)
問い合わせ06-6866-3621
アクセス阪急曽根駅下車 約29分または北大阪急行・緑地公園駅下車 約7分
住所豊中市寺内1-13-2【MAP
URL http://hattori.osaka-park.or.jp/guide/facility/%E9%83%BD%E5%B8%82%E7%B7%91%E5%8C%96%E6%A4%8D%E7%89%A9%E5%9C%92/

GoodBBQ 服部緑地バーベックマルシェ

緑に囲まれた大きな公園ならバーベキューがしたい…という人も多いのでは。服部緑地では無料でバーベキューができるスペースもありますが、無料のバーベキュースペースは「ちかくの森」と「谷あいの原っぱ」のみ(現在無料のバーベキューを禁止している区域があります。詳細はホームページを確認ください)。

無料のバーベキュー場は、道具の貸し出しや洗い場、炭捨て場はなし。ゴミの持ち帰りは必須になります。「円形花壇」から「ちかくの森」は10時の方角、「谷あいの原っぱ」は7時の方角にあります。

場所取りなどを気にせず、なんなら手ぶらでゆったりバーベキューが楽しみたい人は有料のバーベキュースペース、「GoodBBQ 服部緑地バーベックマルシェ」を。こちらは「円形花壇」から見て10時の方角、「ちかくの森」よりさらに北西にあります。

こちらでは、食材の火起こしまでスタッフがやってくれるというサービスも。また雨天時にもバーベキューができるスペースもあります。これならバーベキューに不慣れな人や、女性同士でも安心して楽しめそうですね。

予約も電話または下記URLからできますよ!

スポット名 GoodBBQ 服部緑地バーベックマルシェ
料金シンプルBBQセット 1人2,750円~
時間10:00~16:00
定休日火曜休、3月中旬~11月末 (12~3月上旬は冬季休業期間。※日程は年によって異なる)
 
問い合わせ06-6865-6066
アクセス阪急曽根駅下車 約25分または北大阪急行・緑地公園駅下車 約 15分
住所豊中市服部緑地1-1【MAP
URL https://www.good-bbq.com/shop/hattori/

服部緑地 日本民家集落博物館

服部緑地内を代表する施設の一つが「日本民家集落博物館」。「円形花壇」から見ると、12時の方角にあります。

ちらちらと降る雪が似合う、飛騨白川の合掌造り民家

「日本民家集落博物館」は、日本各地の代表的な民家を関連民具とともに移築復元、1956年にオープンした日本で最初の野外博物館です。岐阜県白川村の合掌造りの民家や、岩手県南部の曲家、奄美大島の高倉など11種の民家を展示しています。

民家の周りも各地方の特色を生かした野外展示になっていて、桜に囲まれた大和十津川の民家や、紅葉に覆われる南部の曲家など季節ごとの見どころも十分です。

スポット名 日本民家集落博物館
料金大人 500円、高校生 300円、小中生 200円
時間9:30 ~ 17:00 (入館は ~16:30 )
定休日月曜休(祝日の場合は翌日休)
問い合わせ06-6862-3137
アクセス阪急曽根駅下車 約32分または北大阪急行・緑地公園駅下車 約17分
住所豊中市服部緑地1-2【MAP
URL http://www.occh.or.jp/minka/?s=index

いかがでしたか

あまりにも広大で服部緑地に行ったことがある人でも、一部しか利用したことがなかったり、知らなかったという人も多いのでは。

入場料などが必要な施設もありますが、大型の遊具などを無料で使用できたりとうれしいことも多いところが公共の公園ならでは。

服部緑地周辺には、おいしいパン屋さんや焼き菓子屋さんなどもあるので購入して手軽なピクニックに出かけるのもおすすめです。

ぜひ次のお休みは季節に応じた様々な楽しみ方ができる、服部緑地へ出かけてみてはいかがでしょうか。

スポット名 服部緑地
問い合わせ06-6862-4945(服部緑地管理事務所/9:00~17:00)
アクセス阪急曽根駅下車 約25分または北大阪急行・緑地公園駅下車 約12分
住所豊中市服部緑地1-1【MAP
URL http://hattori.osaka-park.or.jp/
※この記事は2021年1月時点の情報です。最新の情報については、ホームページなどを確認ください。

この記事を書いたのは… TOKK編集部R

TOKK編集部R

大阪・北摂育ち。甘党で1日1回の甘いものが欠かせません。
愛しているものは、ミルクティーとチョコレートとナッツとチーズケーキ…
趣味は、美術館巡り(浮世絵大好き)と観劇(ストレートプレイ中心)
シネマやイベント、TOKKの公式Twitterを担当しています

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から49年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月1回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Twitter】@hankyu_tokk

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!