京都水族館が大規模リニューアル!新展示エリア「クラゲワンダー」公開

京都ならではの展示エリアや、生き物の生態を間近に観察できるユニークな展示方法で、人気を集める京都水族館。2012年の開業以来、初めてとなる大規模リニューアルを実施し、2020年7月16日(木)に新展示エリア「クラゲワンダー」が誕生しました。

古の時代から私たちの身近に存在しながら、いまだ謎が多い生物クラゲ。これまでも京都水族館では、クラゲの展示に力を注いできましたが、よりクラゲの多様性を楽しんでもらおうと、西日本最多となる約20種5000匹が「クラゲワンダー」に展示されています。

プロローグとして、生まれてから生後2か月までのクラゲが展示されるエリア

真っ暗な展示エリアへ足を踏み入れるとライトアップされた幻想的な空間の中に、ふわふわと浮かぶクラゲたち。その最初の展示には、クラゲが生まれてから大きくなるまでの成長過程を水槽別に見ることができます。1日目のクラゲは本当に小さくて、目を凝らさないとわからないほど。それが、2~5日目、6~10日目と徐々に私たちの知るクラゲの姿へと変貌していきます。

大きな水槽でクラゲが泳ぐ姿を鑑賞するカップル

クラゲへの興味が高まったところで続いて登場するのが、「GURURI(グルリ)」。こちらは、アーチをくぐると“360度ぐるり”とクラゲに包まれる特別な体験ができる場所。青と白をベースにした色鮮やかなライトにミズクラゲの透き通った姿が映し出され、うっとりしてしまいます。まるでクラゲの住む海の世界へ足を踏み入れたよう。

アートをくぐると360度クラゲに包まれる幻想的な光景が

これまでバックヤードで行っていたクラゲの繁殖や研究を行うスペースも公開されていて、飼育スタッフとのコミュニケーションも楽しめます。

飼育員の作業を観察できる「京都クラゲ研究所」

デートにぴったり!この夏、新しくなった京都水族館を訪れてみてはいかがでしょうか?

スポット名 京都水族館
料金大人2,200円 高校生1,700円 小中生1,100円 幼児(3歳以上)700円
時間日により異なるため公式ウェブサイトを要確認
定休日年中無休
問い合わせ075-354-3130
アクセス阪急大宮駅→京都市バス・七条大宮・京都水族館前停すぐ
住所京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)【MAP
URL https://www.kyoto-aquarium.com/
  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!