夏の六甲山でいちご摘み!体験農園が7月23日期間限定オープン

六甲山カンツリーハウスに、「夏イチゴ」の摘み取り体験ができる体験型観光農園「六甲山の体験農園」が、7月23日(祝)に期間限定オープンする。

今年の春は、いちごが旬を迎える時期に新型コロナウイルスが拡大し、いちご狩りに行けなかった人も多いはず。

「六甲山の体験農園」では、市街地よりも涼しい環境を利用して、関西では珍しい夏イチゴ(品種:すずあかね)を栽培している。夏イチゴは、6~11月にかけて収穫、出荷されるイチゴのことで、北海道など夏でも涼しい地域で栽培されている。

夏イチゴの摘み取り体験をする女性

「夏イチゴの摘み取り体験」では、栽培の様子を見学しながら、利用プランに準じた数の夏イチゴを摘み取り、その場で食べることができる。

また「六甲山の体験農園」ではジャガイモも栽培しており、ジャガイモ掘りの体験プランもある。

「夏イチゴの摘み取り体験」「夏のじゃがいも掘り体験」共に、受付は当日現地のみ。定員は当日の体験分がなくなり次第終了なので、早めの時間に訪れた方がよさそうだ。

【開園期間】7月23日(祝)~9月13日(日)の予定 ※火・水を除く

<夏イチゴの摘み取り体験>

【時間】10:00~12:30、13:30~16:00

【料金】ライトプラン 500円/人(6粒)
スタンダードプラン 1,000円/人(14粒)
デラックスプラン 1,500円/人(22粒)
※六甲山カンツリーハウス入園料別途要

<夏のじゃがいも掘り体験>

【時間】10:00~12:30、13:30~16:00
【料金】1株500円
※六甲山カンツリーハウス入園料別途要
※じゃがいも掘り体験の方は先着順で夏野菜の収穫もできる。

https://www.rokkosan.com/

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!