実力派!京都の餃子専門店7選。満足できる餃子はここで食べられる!

京都と言えば、洗練された京料理や庶民の味おばんざいが有名ですが、知る人ぞ知る餃子の激戦区としても名を馳せています。

定番の餃子から、個性あふれるいろいろな餃子まで、食べ飽きることがありません。さまざまな餃子専門店の中から「ここぞ!」というお店を7店チョイスしました。

京都らしい和ぎょうざ、生姜餃子や味噌ダレ餃子、薄皮の一口サイズの餃子、全国チェーンの1号店、京都風情溢れるロケーションのお店、ミシュランガイド掲載のお店など幅広いラインナップです。

お好みのお店を見つけてくださいね。

ぎょうざ 歩兵(ほへい) 祇園本店:名物・生姜餃子は必食!京都祇園生まれの餃子専門店

ぎょうざ 歩兵(ほへい)の焼き餃子は、祇園へ遊びにくる方々の「呑みのシメ」として、祇園の方に愛され、口コミでどんどん評判が広がりました。

なんといってもその特徴は、一口で食べられる大きさです。一口にほおばることができ、口の中で旨さがあふれ、皮が薄いのに白菜とキャベツがたっぷりでいくつでも食べられます。ビールとの相性も抜群!ビールがすすみます。

ぎょうざ歩兵の餃子とビール


そして、ぎょうざ歩兵(ほへい) 祇園本店 で、ぜひ食べたいのが名物・生姜餃子です。にんにくを使用せず、生姜の香りを利かせて焼き上げた生姜餃子には特製の味噌だれがベストマッチです。匂いを気にせず食べられると、女性に大人気です。

餃子歩兵の生姜餃子

肉味噌もやしや壺きゅうり、鶏と生姜のスープなどリーズナブルなサイドメニューも充実しています!寒い季節には、鶏と生姜のスープが温まります!

ぎょうざ歩兵の鶏と生姜のスープ

ぎょうざ歩兵(ほへい) は、2011年、6席のカウンターだけのお店として始まりましたが、今や、押しも押されぬ祇園を、そして京都を代表する餃子店です。

白川にかかる巽橋に近いぎょうざ 歩兵(ほへい) 祇園本店は、2017年から「ミシュランガイド京都・大阪版」ビブグルマンに連続選出されています。ミシュランに選出の餃子、ぜひ食べてみてください。その違いに驚くはずです。

ぎょうざ歩兵(ほへい) 祇園本店 は、阪急京都河原町駅より徒歩約7分、京阪祇園四条駅より徒歩3分、祇園らしい京町家が続く京風情溢れる界隈にあります。誘い込まれるような赤いのれんが目印です。ぜひ、赤いのれんのお誘いにのっかってください!後悔させません!

餃子歩兵銀座本店外観
スポット名ぎょうざ歩兵(ほへい) 祇園本店
時間17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日日曜・祝日、12/30(土)~1/4(木)まで年末年始休業
問い合わせ075-533-7133
アクセス阪急京都河原町駅より徒歩約7分、京阪祇園四条駅より徒歩3分
住所京都府京都市東山区清本町373-3【MAP
URLhttps://gyozahohei.com/

夷川餃子 なかじま:にんにくあり、なしを選べて、さらっと食べられる餃子。

夷川餃子 なかじまの餃子を一言で言い表すなら、「たくさん食べても食べ疲れしない、さらっと美味しい餃子」と言えます。

その理由は、野菜たっぷりのヘルシー仕様。何個でも食べられて、食べてもお腹にもたれません。さらに、にんにく入り、なしを選べるから、その時のシチュエーションによって選べます!

この焼きあがった餃子の姿の潔さ!シンプルイズベスト、そのものです。

夷川餃子なかじまの餃子

餃子と言えば、ビールにピッタリですが、夷川餃子 なかじまの餃子は、ビールはもちろんのこと、 白ご飯とお味噌汁にも合うと店長おすすめです。

夷川餃子なかじまの餃子はみそ汁にもあう!

夷川餃子 なかじま 本店 では、餃子のテイクアウトもやっています。お土産にすれば、ポップでユニークなパッケージが人気です。たくさんの餃子をテイクアウトして、餃子パーティいかがですか?

夷川餃子なかじまのテイクアウト用パッケージ

夷川餃子 なかじま 本店は、阪急烏丸駅下車京都市営地下鉄で2駅の丸太町駅から徒歩約6分のところにあります。二条城から徒歩11分と二条城観光の前後の腹ごしらえにもピッタリです。

夷川通に面して、白地に墨痕も鮮やかな「夷川餃子なかじま」の暖簾が目印です。なかなか面構えがポップなお店です。

夷川餃子なかじま入り口
スポット名夷川餃子 なかじま 本店
時間11:30~14:00(LO13:30)
17:00〜22:00(LO21:30)
定休日無休
問い合わせ075-223-0141
アクセス阪急四条駅から京都市営地下鉄に乗り換えて2駅、丸太町駅下車徒歩約6分
住所京都府京都市中京区西洞院通夷川下る薬師町652-1【MAP
URLhttps://www.nakajimagyoza.com/

餃子の王将 四条大宮店:餃子と言えば!餃子の王将の1号店。

小さなお子さんから、学生さん、おじいちゃんおばあちゃんまでみんなが大好きな「餃子の王将」の餃子ですが、ここ、餃子の王将 四条大宮店は、今や全国にある直営店、FC店計730店(2023年11月末現在)のなかの、栄えある第1号店です!1967年12月、ここから、餃子の王将が始まりました!

「餃子の王将」と店名に「餃子」と冠しているだけに、餃子へのこだわり、プライドはどこにも負けません!「餃子の王将」の餃子は、青森県産にんにく、北海道産小麦など、主用食材はすべて国産のものを使用しています。

餃子の王将の餃子

「餃子の王将」では、一切冷凍しないで、毎日自社工場で製造したものを店舗に配送しているので、フレッシュです。特注の鉄板で、温度や水量、時間などを徹底して焼き上げています。焼き目はパリっと、皮はモチモチ、具材の風味あふれるジューシーな餡の餃子に仕上げています。さすが、「餃子の王将」というだけあります。自信の一皿です。

餃子の王将の鉄板で焼き上げられる餃子

「餃子の王将」では、他のメニューも充実していますが、多くの人が、必ず「ぎょうざ」も注文します。やっぱり、「餃子の王将」に行ったら、餃子はマストです。

餃子の王将 四条大宮店では、看板商品の餃子のほか、炒飯、ニラレバ炒め、餃子の王将ラーメンなど人気のラインナップです。家族で行っても、友達グループで行っても、予算を気にせず、いっぱい注文できるリーズナブルさもうれしいポイントです。「餃子の王将」に行ったら、みんな超満腹になって、幸せいっぱいの顔になります。

餃子の王将全メニュー

餃子の王将 四条大宮店は、阪急大宮駅から徒歩2分!駅近の便利な場所にあります。地下鉄四条駅、JR二条駅からも15分と徒歩圏内です。

餃子の王将四条大宮店外観
スポット名餃子の王将四条大宮店
時間10:00~深夜0:30(LO0:00)
定休日不定休 ※詳細な営業情報は、餃子の王将HPをご確認ください。
問い合わせ075-801-7723
アクセス阪急大宮駅下車徒歩約2分 、 地下鉄四条駅・JR二条駅それぞれからも下車徒歩約15分
住所京都府京都市中京区四条通大宮西入錦大宮町116-2【MAP
URLhttps://map.ohsho.co.jp/b/ohsho/info/1001/

ぎょうざ処 高辻 亮昌(すけまさ):餡のキャベツや豚肉も京都産を使用した京都産餃子。

ぎょうざ処 高辻 亮昌(すけまさ)の餃子の特徴を一言で言い表すなら、京の食材を味わう「和のぎょうざ」です。一般的な餃子と異なり、中華調味料は使わず、かつおだしをベースとし、京の料亭御用達「山利」のまろやかな味噌を加えて、京風ぎょうざに仕上げています。

素材感を際立たせた「京料理」に通じる上品な香りと味わいの餃子です。

ぎょうざ処高辻亮昌の餃子

さらに、餡に使う食材は、地産地消を心がけ、京都市長賞を受賞した伏見・中嶋農園の「キャベツ」、自慢の霜降り豚「京の都 もち豚」、伝統野菜「九条ねぎ」など、こだわりぬかれています。

タレは、村山造酢の「千鳥酢」を使った醤油ダレに黒煎り七味をはらりとかければ、ニンニクの風味が気にならない「和ぎょうざ」の完成です。

ぎょうざ処高辻亮昌セット
ぎょうざ定食Aセット:840円(税込)

ぎょうざ処 高辻 亮昌(すけまさ)では、ぎょうざ2人前、味噌汁、ごはん、お漬物のぎょうざ定食Aセットの他、ぎょうざ1人前、おばんざい、みそ汁、ご飯のぎょうざ定食Bセットもあります。

おばんざいは、日替わりで、B定食用と単品用数種が用意されています。餃子が焼きあがるのを待つ間、おばんざいでビールを飲むのもいいですね。

ぎょうざ処高辻亮昌のおばんざい

ぎょうざ処 高辻 亮昌(すけまさ) は、阪急烏丸駅から徒歩9分、京都市営地下鉄四条駅から徒歩8分にあります。「ぎょうざ」と墨痕鮮やかな白い提灯が目印です。奥に深い京都らしいお店の風情です。

ぎょうざ処高辻亮昌外観
スポット名 ぎょうざ処 高辻 亮昌(すけまさ)
時間月~金:11:30~14:00(L.O)、17:00~22:00(L.O)
土日祝:11:30〜22:00
定休日無休
問い合わせ075-201-6175
アクセス阪急烏丸駅下車徒歩約9分、京都市営地下鉄四条駅下車徒歩約8分
住所京都府京都市下京区高辻通新町西入堀之内町263【MAP
URLhttps://sukemasa.kyoto/

祇園餃子処 泉門天(せんもんてん) 祇園本店:生にんにくを使わない、舞妓さんにも愛される一口餃子。

祇園餃子処 泉門天(せんもんてん) 祇園本店は、京都の中でも京都風情あふれる祇園・花見小路にお店があります。場所柄、舞妓さんも多く訪れられます。

さらに、特製の薄皮に包んで、パリッと香ばしく焼き上げられた一口サイズの餃子は、花街で働く女性たちにも大人気です。

泉門天京都祇園本店の一口サイズの餃子

生にんにくを使わず、ガーリックパウダーで味付けした上品な味わいの餃子は、まさに祇園餃子処ならではの工夫です。

豚肉は銘柄豚の京都ぽーく、牛肉、新鮮な白菜とニラというシンプルな素材をしっかり目に味付けし、隠し味の一味がポイントです。あっさりしているのに、コクがあっていくつでも食べられるのが特徴です。

泉門天京都祇園本店の餃子

祇園餃子処 泉門天(せんもんてん) 祇園本店のメニューはいたってシンプル!餃子、しそ餃子、水餃子ときゅうりの浅漬け、あさり汁、ごはんのみ!また、生ビール、黒ウーロン茶などのお飲み物も用意されています。

しそ餃子は必食!今まで食べてきた餃子の概念を覆すかもしれない新鮮なおいしさにおどろくはずです。

泉門天京都祇園本店の餃子
餃子・しそ餃子各10個:550円、20個:1,100円、30個:1,650円、40個:2,200円(各税込)

祇園餃子処 泉門天(せんもんてん) 祇園本店は、阪急京都河原町駅から徒歩9分、地下鉄三条京阪駅より徒歩6分、京阪祇園四条駅から徒歩5分の祇園花見小路にあります。

店内飲食は平日・土日とも17:00~ですが、テイクアウトは12:00からOKです。お土産に持って帰ったら喜ばれること間違いなしですね。

泉門天京都祇園本店看板
スポット名 祇園餃子処 泉門天(せんもんてん) 祇園本店
時間【店内飲食】
平日:17:00~23:00(LO22:30)
土曜:17:00~25:00(LO24:30)
【テイクアウト】
平日:17:00~23:00(LO22:30)
土曜:17:00~25:00(LO24:30)
定休日日曜日
問い合わせ075-532-0820
アクセス阪急京都河原町駅より徒歩約9分、 地下鉄三条京阪駅より徒歩6分 、京阪祇園四条駅より徒歩4分
住所京都市東山区新橋通大和大路東入二丁目清本町380-3竹会館一階【MAP
URLhttps://ys-holdings.co.jp/senmonten/

ぎょうざ 泰三:注文してから作ってもらえる、味噌だれとの相性も絶品のぎょうざ。

餃子と言えば、だれもが認めるビールとの相性の良さですが、ぎょうざ泰三の餃子は、「ビールのあてになる一口餃子を作りたい」との思いでお店を創業されていますから、ビールとの相性はとりわけ抜群です。

ぎょうざ泰三の餃子は、神戸市近郊の新鮮な野菜と国産のニンニクと生姜、鹿児島黒豚ミンチ。そして、注文受けてから包む、こだわりの包みたてです。だから、注文後、多少お時間がかかります。ビールを飲みながら待つ時間のワクワク感もご馳走です。

ギョーザ泰三の包みたて餃子

ぎょうざ泰三の餃子のさらなる特徴は、自慢の薄皮です。焼き目はカリッと香ばしく、反対側はツルッと。中には具材がたっぷり。一口サイズの餃子なので、1人前8個(注文は2人前から)もペロッといただけます。タレは2種類!お店オリジナルの味噌ダレに山椒と餃子たれとラー油。味噌ダレは必食です。

餃子は、レギュラーの餃子の他、レモン塩でいただくしそ餃子やネギ餃子もあります。

ギョーザ泰三の味噌ダレ餃子

ぎょうざ泰三では、餃子に加えて、香港麺が人気です。香港麺は、スープがありません。でも、病みつきになるおいしさです。さらに、創業以来の蒸し鶏もおすすめです。餃子が焼きあがるまでのビールのお供にきゅうり漬けやピータンもいかがですか?

ギョーザ泰三の香港麺
香港麵:1,320円(税込)

ぎょうざ泰三は、阪急京都河原町駅から徒歩2分、裏寺町通の昭和レトロなしのぶ会館の2Fにあります。狭い階段にお気をつけておあがりください。

ギョーザ泰三 看板
スポット名ぎょうざ泰三
時間16:00~22:00
定休日火曜日
問い合わせ090-8936-8857
アクセス阪急京都河原町駅より徒歩約2分
住所京都府京都市中京区裏寺町道四条上ル中之町572しのぶ会館2F【MAP
URLhttp://gyoza-furuya.com/


ミスターギョーザ:季節毎にキャベツを仕入れる産地を変えて甘みを追究する餃子専門店。

ミスターギョーザの餃子は、お子様から女性、どなたが食べても、「飽き」がこない、一度食べたらクセになると評判の餃子です。

その理由は、こだわりぬいた国産食材を贅沢に使っていることです。そして、味噌ダレと酢醤油の2種類のこだわりのタレをお好みでチョイスできます。欲張りさんは、両方を味わうこともできます。

この黄金色の焼き色!ほんとうにおいしそうです。

ミスターギョーザの餃子

こだわりの薄皮で表面はパリッと焼き上げ、モチッとした弾力が具の旨味を逃がしません。薄い皮にぎっしり詰まった野菜多めの餡は、噛んだ瞬間から美味しさがあふれます。全体的にバランスのとれた、食べ飽きないおいしさです。

薄皮に包まれた餃子は、軽い食感でいくらでも食べられます。多くのお客さんが2~3人前注文されます。ただし、熱々で出てくるので、火傷にお気を付けください。それぐらい熱々です。

ミスターギョーザの熱々餃子の秘密

ミスターギョーザでは、餃子のほか、唐揚げや各種ラーメンもあります。

サイドメニューで人気なのが、キュウリの丸漬けです。中華風のあまじょっぱいタレに浸かったきゅうりにハマる人続出中です。絶妙の濃さが、餃子にも、ビールにも、白ご飯にも合います。餃子と一緒にキュウリの丸漬けもテイクアウトできます。

ミスターギョーザのキュウリの丸漬け

ミスターギョーザでは、その日の朝に仕込んだ食数のみで販売し、完売した時点で閉店になります。一番美味しい状態で召し上がっていただきたいというお店のこだわりです。

ミスターギョーザは、JR西大路駅より徒歩約10分、京都駅よりタクシーで約10分の住宅街の中にあります。阪急の各駅からは少し遠いですが、知る人ぞ知る餃子の名店ですので、ぜひお出かけください。

ミスターギョーザ外観
スポット名ミスターギョーザ
時間11:30~20:30(但しギョーザ売り切れ次第、閉店)
定休日木曜日
問い合わせ075-691-1991
アクセスJR西大路駅下車徒歩約10分、JR京都駅下車タクシーで約10分
住所京都府京都市南区唐橋高田町42【MAP
URLhttps://www.mr-gyo-za.com/

【関連情報】

京都中華で選びたい店。あっさり京風、餃子専門店、リッチ系まで >>> こちらから

個性あふれる京都餃子の世界。街中で気軽に楽しめる京都グルメ

京都に数ある餃子店の中から、個性豊かな人気店、京都らしさいっぱいのお店などをラインナップしました。いずれのお店も、一度行ったらまた行きたくなるお店ばかりです。

記事の餃子を見ていたら、むしょうにビールが飲みたくなりませんでしたか?ほかほかご飯をかき込みたくなりませんでしたか?

餃子とビール、餃子と熱々白ご飯・・・どちらもあなたにパワーを授けてくれること間違いありません。デートで、グループで、ファミリーでぜひお出かけください。

この記事を書いたのは、TOKK編集部 K

生まれも育ちも京都。阪急電車の全駅を紹介した『まちあるき手帖 神戸線・宝塚線・京都線』を編集し、阪急電車の全駅を踏破した経験の持ち主。気になること、興味の対象は数限りなく、一日24時間では足りない!

うどん/コーヒー/ロードバイク/猫/読書/SNS(dispoで何を撮影するのが良いかお悩み中のこの頃)/ピラティス/和菓子/パン/電車/旅/東京/アンティーク/写真/建築

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から50年以上の情報紙。関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月1回、各30万部発行するメディア。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Twitter】@hankyu_tokk

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia



  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!