神戸三宮で穴場のゆっくりできる秘密にしておきたいカフェ7選

神戸三宮には多くのカフェがありますが、人がいっぱいで入れなかったりすることもあるのでは。今回は三宮でゆっくりできる穴場・隠れ家的カフェを7店ご紹介します。ショッピングをした後、ライブの後、美術館を巡ったりした後などに、あるいは一人でゆっくり過ごしたい時にピッタリなカフェばかりです。ほんとは、だれにも教えたくない秘密にしておきたいようなおしゃれなカフェなんですけどね。

日々忙しくしている私たちには、ひとりをゆっくり楽しむひと時が必要! 自分にとって、とっておきのカフェがあれば忙しい時でも、しんどい時も乗り切れるような気がします。この記事でぜひあなたのお気に入りみつけてみてくださいね。

※店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合があります。お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。

【神戸三宮】CAFE Zoē(カフェゾエ):時間を作ってわざわざ出かけたい穴場

CAFE Zoē(カフェゾエ)は、神戸国際会館から東へ約5分。中心から少し離れた磯上の旧いビルの3階にある、静かで心和むカフェです。通りがかりに寄るというより、「今日は、 CAFE Zoē(カフェゾエ) へ行くぞ!」という熱い気持ち(!?)で出かけたいカフェです。

CAFE Zoē(カフェゾエ)は、旧いビルがとってもお似合い! 古きよきものとベストマッチです。窓から差し込む陽射しがやさし気です。わざわざ訪れたい魅力に溢れた穴場のカフェなんです。

カフェゾエ内観

CAFE Zoē(カフェゾエ)に行ったら、ぜひ注文したいのがコーヒーゼリー! コーヒーゼリーも、世の中にいろいろな種類がありますが、この凛としたシンプルさ! シンプルだけど、考え抜かれたこだわり! しっかりと濃く淹れたゾエブレンドの、甘みを抑えたコーヒーゼリーの上にソルトアイスがのっています。コーヒーの苦みとソルトアイスの塩味が、あるようでなかった新鮮さが楽しめるゼリーなんです。このゼリー、プレーンとデカフェがあるのもうれしいですね。

カフェゾエのコーヒーゼリー
コーヒーゼリー(単品)720円

一人でぼんやり過ごす CAFE Zoē(カフェゾエ)のひと時。ゆったりくつろいでいても、お腹は空きます。ゆったりくつろいでいるからこその、心地よい空腹感かもしれませんね。そんなときにおすすめなのが、CAFE Zoē(カフェゾエ) のたまごサンドです。 CAFE Zoē(カフェゾエ) のたまごサンドは、2種類の焼き方のたまごを使っています。薄めに焼いた卵焼きの中に、潰してマヨネーズで和えたゆでたまごがサンドされたもので、食感も違って食べていても楽しいんです。手間をかけて作られたものは、その手間分よりおいしくなりますよね。

カフェゾエのたまごサンド
たまごサンド珈琲付き(1,150円)

次の休日には、CAFE Zoē(カフェゾエ)でまったりしましょう。きっと、心が喜びますよ!

スポット名 CAFE Zoē(カフェゾエ)
営業時間12:00~17:00
定休日土・日曜・祝日休
問い合わせ先078-261-3230
アクセス阪急神戸三宮駅から徒歩 約8分、神戸市営地下鉄・花時計前駅から徒歩2分、またはポートライナー貿易センター駅より徒歩4分
住所神戸市中央区御幸通6-1-3 山田ビル3階【MAP
URLhttps://www.instagram.com/cafe_zoe/

【三宮・元町】BUTTERCUP (バターカップ):かわいいカップケーキを楽しむ韓国っぽ穴場カフェ

BUTTERCUP (バターカップ)は、神戸市中央区栄町通にあるかわいいカップケーキ専門店です。栄町通といえば、おしゃれなカフェや雑貨店が立ち並ぶ、三宮でもホットな通り。その中でも、BUTTERCUP (バターカップ)は、かわいいもの好きの心をときめかすとっておきのカフェなんです。

明るいbuttercupの入り口

BUTTERCUP (バターカップ)の明るい陽射しに映える白いドアを開けると、店内はカウンター6席、テーブル12席のちっちゃなお店です。大きすぎない、でもそのアットホームな空間がまさに「隠れ家カフェ」です。にぎやかな通りにあるお店とは思えない居心地の良さなんです。

BUTTERCUP (バターカップ)の中へ入ると、キュートでおしゃれなカップケーキがお出迎え!今までのカップケーキのイメージを覆す可愛さ、おしゃれさです。一人静かにに過ごすひと時のお供が、こんなかわいいカップケーキなら乙女心を満足させてくれますね。お休みの日に一人で出かけたい穴場カフェです。

buttercupのバラエティ豊かなカップケーキたち

BUTTERCUP (バターカップ) では、定番のカップケーキのほか、季節限定カップケーキもバラエティー豊かです。しっとりとした生地とフレッシュな果肉の3種類のカップケーキは、見た目はもちろんとってもさわやかです。

またウインターシーズンにピッタリのカップケーキも登場! BUTTERCUP (バターカップ)の魔法にかかれば、季節にピッタリのカップケーキのできあがり!季節限定カップケーキがお目当てのリピーターも多いです。

butercupの冬バージョンカップケーキ

なお、BUTTERCUP (バターカップ)では、2022年秋よりメニューにカップケーキのほか、パイデザートも加わりました。 なんでもかわいくしてしまうBUTTERCUP (バターカップ)なら、パイも楽しみですよね。テイクアウトもできますので、自分へのご褒美にお気に入りのカップケーキやパイをぜひ!

BUTTERCUP (バターカップ)には季節限定のドリンクやデザートもありますから、一人でゆっくり過ごす時にピッタリなカフェです。

スポット名BUTTERCUP(バターカップ)
営業時間11:00~19:00(L.O.18:30)
定休日不定休
問い合わせ先078-335-5567
アクセス阪急神戸三宮駅から徒歩約15分、神戸市営地下鉄・みなと元町駅下車すぐ、JR元町駅より徒歩4分、阪神電鉄・元町駅より徒歩5分
住所神戸市中央区栄町通2-3-5 平崎ビル1階【MAP
URLhttps://www.instagram.com/buttercup_jp/?hl=ja

【神戸三宮】カフェ ケシパール:絶品チーズケーキをいただく隠れ家

ケシパールのザ・チーズケーキ

カフェ ケシパールの「ケシパール」は、とってもちいちゃな、偶然生まれた希少性の高い天然無核真珠のこと。その石言葉は、「ひとときの休息」です。このとっておきの穴場カフェの名前にふさわしいネーミングです。

カフェ ケシパール は、神戸三宮駅から歩いて約4分の駅近の通りの角のビルの中にあります。お店の中に足を一歩踏み入れると、ここが神戸三宮駅から徒歩数分のところとは思えない静けさの穴場カフェです。都会の喧騒から隔絶された静かな空間で絶品チーズケーキをいただくひと時は、まさに「ひとときの休息」です。

実は、カフェ ケシパールの店内が駅近のカフェとは思えない静けさを保っているのには、理由があります。 カフェ ケシパール の外に注意書きがあり、「大声での会話やパソコンの使用はできません」というもの。それゆえ、静かなひと時を過ごしたい方にとっては、カフェ ケシパールは楽園です。まさに、隠れ家!この静かなカフェ、誰もがほかの人に教えたくない、秘密にしておきたいと思うと思います。そんな貴重な穴場カフェなんです。

カフェ ケシパールの魅力は静かなことだけではありません。もう一つのおすすめポイントは、絶品チーズケーキです。静謐な空間でいただく極上のチーズケーキは、特別です。あなたの一人で過ごすとっておきのゆったりタイムのお供にもピッタリ。一押しは、その名も「ザ・チーズケーキ」で、4種のチーズを使った、こだわりの逸品です。

ザ・チーズケーキのほか、 カフェ ケシパールには日替わりチーズケーキもあります。カフェのキッチンで、毎朝心をこめて焼かれています。ぜひこの特別な空間を訪れたときにはいろいろなチーズケーキを楽しんでみて。

ケシパールのレアチーズケーキ
スポット名カフェケシパール
営業時間公式サイト、公式インスタグラムでご確認ください。
問い合わせ先078-203-1396
アクセス阪急・阪神・JR三宮駅から徒歩 約4分
住所神戸市中央区御幸通6-1-25 ももの木三宮ビル2階【MAP
URLhttps://www.cafe-keshipearl.com/

【三宮・神戸県庁前】SPARK scone and bicycle(スパーク スコーン&バイシクル):とっておきのスコーンがお目当て!

SPARK scone and bicycle(スパーク スコーン&バイシクル)は、その名前の通りスコーンと自転車(=バイシクル)のお店です。スコーンと自転車の組み合わせって、なかなか無い組み合わせで面白いですよね? でも、実は自転車好きには名の知れたカフェですが、知らなければカフェとはわからない…そういった意味で穴場カフェなんです。

SPARK scone and bicycleの外観

SPARK scone and bicycle(スパーク スコーン&バイシクル) は、市営地下鉄・県庁前駅からすぐのところにあります。カフェの前には、自転車がいっぱい並んでいるので、目印になりますね。 SPARK scone and bicycle(スパーク スコーン&バイシクル) では、レンタサイクルや自転車の販売、レベル別マウンテンバイクツアーも開催しています。天気のいい、お休みの日に自転車に乗って、三宮を回りたいという人にも良さそうです。フラっと出かけるのもいいですね。

SPARK scone and bicycle(スパーク スコーン&バイシクル) の中に入ると、店内の前半分がスコーンを中心としたカフェに、奥半分は自転車がいっぱいという構成に。

そんなユニークなSPARK scone and bicycle(スパーク スコーン&バイシクル) のスコーンは、北海道産の小麦とバターを使った本格派の一品! 外側がカリッと、内側はしっとりとした、お手本のようなスコーンです。

SPARK scone and bicycleの店内

スコーンも、アールグレイティー、塩キャラメル、ダブルチョコレート、バナナ&チョコ、イチジク&クルミなどフレーバーもバラエティー豊かです。

おいしそうなスコーン

SPARK scone and bicycle(スパーク スコーン&バイシクル)のスコーンは 大人気なので、ものによっては15時前後には売り切れてしまうことも。確実に食べたい、テイクアウトしたい時は、お取り置き可能なので、ぜひお取り置きの予約をおすすめします。スコーン好き、自転車好きな人に行って欲しいおすすめのカフェです。

スポット名SPARK scone and bicycle(スパーク スコーン&バイシクル)」
営業時間12:00〜22:00
※スコーンは売切れ次第終了。
※17時以降はご来店前にご予約ください。
定休日水曜休(その他の休みはカレンダーにて月毎に更新)
問い合わせ先078-855-9045
アクセス阪急神戸三宮駅から徒歩 約17分、神戸市営地下鉄・県庁前駅から徒歩8分
住所神戸市中央区中山手通4-18-21【MAP
URLhttp://www.spark-kobe.jp/

【神戸三宮】UNICORN(ユニコーン):コーヒーはもちろん、紅茶もエスプレッソで飲めるおしゃれ穴場カフェ

UNICORN(ユニコーン)は、元町駅からすぐ阪急神戸三宮駅からも徒歩8分の三宮本通り商店街にあります。白い壁にネオンの屋号、ユニコーンのモチーフが目印のおしゃれなカフェです。店内12席と4名席×2のテラス席の計20席のこじんまりとした空間がなんだかとっても居心地がいいカフェ。駅チカ、人で賑わう商店街の中とは思えない落ち着いた、人に教えたくないとっておきのカフェです。

ユニコーン外観とテラス席

UNICORN(ユニコーン)では、まだまだ珍しい紅茶のエスプレッソがいただけるカフェとして人気急上昇中なんです。もちろん、紅茶だけでなく、コーヒーのエスプレッソもいただくことができますよ。紅茶もエスプレッソで抽出するので、ラテアートも楽しめるんですよ!紅茶ファン待望のラテアートですね。コーヒー好きにも、紅茶好きにも納得のお味なんです。商店街を行くひとたちを眺めながら、ゆったりおいしい紅茶をいただけるのはとっておきの時間になること間違いなしです。

UNICORNのインテリアとラテアート

UNICORN(ユニコーン) では、野菜ソムリエが作る やさしいスイーツ・VALENTINAさんのケーキが週替わりで週末に届きます。丁寧に淹れられたコーヒーや紅茶にベストマッチなケーキをぜひお供に時間を過ごしてみて。なお、チーズケーキは常時いただけますよ。

ユニコーンのケーキ

UNICORN(ユニコーン)の店内にはモチーフが、マグカップはじめ、お店のいたるところに描かれています。もちろん、ユニコーンとは伝説の一角獣。ヨーロッパでは、力と純潔の象徴とされてきた架空の動物ですが、ユニコーンという言葉の響きには夢が広がります。お店には、ユニコーンをあしらったグッズがいろんな種類、販売されています。ファンも多く、わざわざ買いに来られる方も多いそうです。ぜひ購入して自宅でのお茶時間に使用してみては。

アートのようなケーキと濃厚な紅茶のエスプレッソで、一人だけのとっておきタイムをお楽しみください。きっと明日へのエネルギーがチャージできます!

スポット名UNICORN(ユニコーン)
営業時間9:00〜20:00(土日祝は10:00~)
定休日不定休(SNSにて確認ください)
問い合わせ先078-381-9088
アクセス阪急神戸三宮駅から徒歩8分、JR元町駅から徒歩4分
住所神戸市中央区三宮町2-8-6【MAP
URLhttps://www.instagram.com/unicornkobe/?hl=ja

【三宮・元町】ANGIE (アンジー):穴場カフェでいただくバターミルクパンケーキ!

ANGIE(アンジー)は、神戸南京町の路地裏にある、知る人ぞ知る、パンケーキがおすすめのおしゃれな穴場カフェです。ANGIE(アンジー)のパンケーキが、「天使のパンケーキ」と呼ばれている所以は、アメリカ南東部のお母さんが焼く自家製バターミルクを使用したふわふわなパンケーキだから。そこに、ANGIE (アンジー)流にアレンジしたソースなどが添えられたパンケーキに、バラエティー豊富なトッピングを楽しむことができるとっておきカフェです。

アンジーのマカデミアナッツパンケーキ
マカデミアナッツパンケーキ

ANGIE(アンジー)を、穴場カフェとして推す理由は、おいしいパンケーキはもちろんですが、おしゃれで、レトロかわいいインテリアがあるから。白を基調にしたアーリーアメリカンな雰囲気が、懐かしくも心がゆったりします。軽やかなジャズのメロディーともベストマッチ。ひとり極上のゆっくりした時間を過ごすのにピッタリなカフェなんです。

アンジー店内内観

シーンと静かなカフェもいいけれど、適度に音楽が気持ちよく流れ、食器が触れ合う音や静かにおしゃべりする声が聞こえるお店も、かえって落ち着きますよね。生き生きと楽し気な雰囲気が、明日からのエネルギーをチャージしてくれそうです。

選択肢がいっぱいあるANGIE(アンジー)のパンケーキなので、どれを選ぶべきか迷ってしまいそう。そんなあなたには、三種のミニパンケーキセットはいかがでしょうか? ちっちゃなパンケーキが三種のったスペシャルな一皿です。今までは ANGIE(アンジー) 平日限定メニューでしたが、土日もいただけることになりました。うれしい限りですよね、ドリンクもついてとってもお得なセット! ひとりでこっそり食べたいメニューです。

アンジー三種のパンケーキセット
三種のパンケーキセット(ドリンク付き)
スポット名ANGIE(アンジー)
営業時間11:00~18:00 (LO 17:00)
定休日月曜休(祝日の場合は営業)
問い合わせ先078-333-0723
アクセス阪急神戸三宮駅から徒歩 約14分、JR・阪神電車元町駅、市営地下鉄・みなと元町駅より徒歩3分
住所神戸市中央区栄町通2-7-4【MAP
URLhttps://angie-kobe.com/

【三宮・花隈】cafe yompan (カフェヨムパン):古民家をリノベした穴場カフェでいただくフォカッチャサンド

cafe yompan (カフェヨムパン)は、阪急花隈駅近くの細長い3階建てのビルにあります。1階は、厨房と販売スペース、2階には窓際のカウンター席と2つのテーブル席になっています。通りからcafe yompan (カフェヨムパン)の中を覗き込むと、まるで古いフランス映画のような雰囲気!その世界観に惹き込まれます、バケットを抱えた人が今にも出てきそう…。

cafe yompan (カフェヨムパン)は、焼き菓子やお手製のパンが人気のカフェです。なかでもフォカッチャサンドが一押し!

カフェヨムパン外観

cafe yompan (カフェヨムパン)の店内には、雑誌や本が置かれていて自由に読むことができます。おいしいパンとコーヒーをお供にして、ゆっくり雑誌を読むというお休みの日も素敵ですよね。席数11席だけの小さなカフェなので、喧騒が苦手な人にも居心地がいいカフェ。

カフェヨムパン2F

ね、まるで私設図書館のような本好きにはたまらない空間ですよね。ゆるやかに流れる時間とフレンチプレスで淹れたコーヒーがベストマッチ。一人でゆったり過ごす休日にはピッタリの場所です。

cafe yompan(カフェヨムパン)では、おいしいフォカッチャサンドがおすすめ。豆ツナや鶏ムネなど健康を意識しながら、おいしさにもとことんこだわったメニューをいただくことができます。ヘルシーながら、ボリューミーなフォカッチャサンドは、休日のゆったりランチに食べたい一品。とっておき穴場カフェの、だれにも教えたくない秘密のランチです。

cafeyompan
スポット名cafe yompan(カフェヨムパン)
営業時間10:00〜16:00
定休日火・日曜休
問い合わせ先078-371-1289
アクセス阪急花隈駅、阪神西元町駅から徒歩約3分
住所神戸市中央区北長狭通7-1-14【MAP
URLhttps://www.instagram.com/cafeyompan/?hl=ja

神戸三宮のひとりでゆっくり過ごせる穴場カフェ特集、いかがでしたか?

神戸三宮周辺で、ひとりゆったり過ごすことができる穴場カフェ・隠れ家的カフェを7店ご紹介しました。いずれのカフェも、オーナーの思いやセンスを感じることができる、すてきなカフェばかりです。

静けさやゆるやかに流れる時間など、こだわりの空間とともに、それぞれのカフェのこだわりのメニューもおすすめです。ひとりで過ごす時、くつろぎたい時、心地よい空間でおいしいものがお供ならいうことありませんよね。

おいしいものも、フォカッチャサンドあり、カップケーキあり、チーズケーキあり、スコーンあり、バターミルクパンケーキありと、より取り見取り! あなたのその日の気分で選んでくださいね。

あなたが一人ゆったり過ごしたいお気に入りのカフェが見つかりますように!

この記事を書いたのは、ライターatsuko.s

生まれて以来、関西から出たことがない、根っからの関西人!

おいしいものに眼がないのと同じぐらい、

美術館巡り、映画、本、写真、山歩き、語学学習が好き!

絵画では、ピカソと浮世絵が好き!映画は、ヨーロッパ映画がいちばん!
本では、イギリスの児童文学が好き!特に、アーサー・ランサム好きのランサマイト!

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!