【豊中・蛍池おすすめグルメ】一度は行きたい!絶品&ユニークな人気寿司店

大阪国際空港への玄関口でもある蛍池駅。そんな蛍池で見つけた、おいしいお寿司と電車旅気分が味わえる、ユニークなお店をご紹介します。

※2018年9月に取材した記事を再構成しています。

店主兼“駅長”が営む名店「スシDINER二葉」

制帽

店頭には「ふたば」の駅名標、中に入れば鉄道模型などの電車グッズがずらり。実はここ、60年以上も地元で愛され続けているお寿司屋さんなんです。

バッテラ
「バッテラ」1本418円(手前)。背景にあるのは店主が集めた電車グッズ。

「好きなものに囲まれて仕事ができるのは幸せ」と話すのは、鉄道ファンで店主兼“駅長”の中松さん。

こだわりの内装はもちろんのこと、先代から付き合いのある卸売市場で目利きした鮮度の良い魚や上質な米、丁寧な職人技が生み出す絶品寿司が人気です。

旅気分を味わえる列車をイメージした客席

「掃除や皿洗いから始めて、寿司のすべてを教わった」と言う、師匠である父親の跡を継いだ中松さん。長年の夢を叶え、店内を列車風にリニューアルしたのは2006年のこと。

スシDINER双葉の店内
鉄道ファンに一番人気の個室。BGMを列車の走行音に変えてもらうことも可能。

先代からの常連客に敬遠されるかもしれないと、一度は夢をあきらめようとしたものの、「やってみればいい」という奥様の言葉に背中を押され、店の改装を決めたそうです。

スシDINER双葉の店内
お座敷列車をイメージした客席

列車の客室をイメージした異なる3つの部屋を設計し、中松さんが趣味で集めてきた鉄道グッズも装飾。電車ファンにはたまらない空間に生まれ変わりました。

スシDINER双葉の店内
寝台特急のラウンジ風に造った客席。モダンな印象で女性客に人気。

何より店の魅力はお寿司うまさの違いはシャリにあり

と、ここまで内装の特徴を中心に語ってきましたが、「スシDINER二葉」の人気は何より、お寿司のおいしさがあってこそ。

バッテラ

「ネタの鮮度は当然、シャリが命」と中松さん。羽釜を使い、沸騰した湯に米を一気に入れる“地獄炊き”で炊いたシャリは、粒が立ち、ネタのおいしさを一層引き立てます。

「煮穴子カマンベール炙り」などの創作寿司のほか、天ぷらや「いちじくアイス」など、サイドメニューも充実。お寿司だけでなくいろいろ味わえるのもうれいしですね。

名刺にも“乗車気分”を感じさせてくれる工夫が

列車風の客席で絶品のお寿司をいただき、お会計を済ませようとすると、何やらレジ横に切符のようなカードを発見。

名刺

英語で“駅長”と記された中松さんの名刺でした。「鉄道好きな方が来店された時は、『本日はご乗車ありがとうございます』と言って、昔の切符みたいに改札鋏(きょう)を入れるんですよ」とのこと。

ちょっとした遊び心がワサビのようにジンワリ利いています。

いかがでしたか?遠出が難しい昨今、列車風の客席で旅気分に浸り、おいしいお寿司を味わうのもよさそうですね。テイクアウトも可能なので、お近くにお住まいの方はぜひ足を運んでみてくださいね。

スポット名スシDINER二葉
時間 11:00~14:30(LO14:00)、17:00~20:00はテイクアウトのみの営業(今後変更の場合あり)
定休日火曜休(祝日の場合は営業、翌日休)
問い合わせ06-6841-5531
アクセス阪急蛍池駅下車すぐ
住所豊中市蛍池中町1-3-16【MAP

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!