【鉄分100% エピソード10】ドアの大きさが異なる阪急電車

【鉄分100%】 では、阪急電車のまめ知識などを “鉄分”たっぷりにお届けします。

エピソード10_ドアの大きさが異なる阪急電車

阪急電車のドアの大きさはどれも同じだと思われがちですが、神戸線の増結用車両8200系だけドアが20cm広くなっています(写真左が8200系)。

阪急電車

1990年代に混雑緩和を目的として、収納式座席などの新機軸と共に採用されたものでした。その後の社会的ニーズの変化に合わせて、今では一般車と同じ座席に改造されていますが、広いドアなどに当時の名残が見られます。

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







編集ディレクター募集

Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!