『暮しの手帖』花森安治の回顧展が、神戸ゆかりの美術館で開催中

昭和23(1948)年に『美しい暮しの手帖』(現・『暮しの手帖』)の初代編集長となった、神戸市出身の花森安治の回顧展を、神戸ゆかりの美術館で初めて開催している。

花森安治の業績を紹介する特別展「花森安治『暮しの手帖』の絵と神戸」。30年間描き続けた表紙原画や、神戸・大阪ゆかりの記事、貴重な写真などの資料を通して、多彩な分野で手腕を発揮した編集者の偉業を辿(たど)る。

暮らしの手帖の表紙
花森安治『暮しの手帖』
1世紀25号 1954年 暮しの手帖社蔵

来館の際は下記ホームページより注意事項をご確認ください。

行事・イベント名
特別展
花森安治『暮しの手帖』の絵と神戸
場所神戸ゆかりの美術館
日程[後期]2021年3月14日(日)まで
時間10:00~17:00(入館は~16:30)
料金一般1,000円、大学生500円 
定休日月曜
問い合わせ078-858-1520
アクセス阪急御影駅→みなと観光バス・アジアワンセンター停下車すぐ【MAP
URL https://www.city.kobe.lg.jp/kanko/bunka/bunkashisetsu/yukarimuseum/index.html

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!