武庫之荘の人気カフェから誕生!職人が作るおしゃれマスクが話題

住みやすい街として最近注目されている尼崎。その尼崎で、感度の高い人たちの支持を集めているカフェが「THUMBS UP MARKET(サムズアップマーケット)」です。

昨今の事情により現在カフェは臨時休業中ですが、オンラインで販売を始めたマスクが話題になっています。

有名ブランドの鞄職人として培った技術でオリジナル商品を生産

マスク3種

店主の鶴川健一さんと奥様の瞳さんの二人で営業されている「THUMBS UP MARKET」。

THUMBS UP MARKETの内観
※写真は2019年8月取材時のものです。

1階がカフェ、2階でオリジナルの鞄(かばん)やビンテージ雑貨、植物を販売しています。

THUMBS UP MARKETの2階

「THUMBS UP MARKET」オリジナルの鞄は、人気ブランド「master-piece(マスターピース)」で鞄職人として働き、工場長も務めた健一さんが1点1点制作しています。

ミシンを使っているシーン

1950~60年代に欧米で生産されたテントや寝袋を解体し、生地をリメイクして作られる製品は、どれもオリジナルティにあふれていてスタイリッシュ。

「尼崎で一番イカしたマスクを作る!」という思いで生産を開始

そしてこうした状況の中、お客さんからの要望を受けて作り始めたのがマスクです。

3種類のマスク

素材はコットン70%、ナイロン30%。クオリティに定評のあるブランドの素材を使用しているため、耐久性があり水洗いも可能です。飛散防止やエチケットマスクとして使えます。

ベージュのマスク

「尼崎で一番イカしたマスクを作る!」という思いで生産を始められたとのこと。マスクの着用が日常化する中、センスの良いものを身に着けて少しでも気分を前向きにできるのはうれしいですね。

持ち運びに便利な専用のマスクホルダーもあります。鞄やベルトなどへの取り付けが可能で、マスクはもちろん小物入れとしても活躍してくれそうです。

マスクを入れるケース

商品はオンラインでの予約注文となります。※詳細はこちら

カフェ再開後には新作メニューも登場予定

クリームソーダ

マスクの生産を行いつつ、カフェの営業再開に向けて新作メニューも準備中。これからの季節にうれしいクリームソーダや、

クリームソーダ

黒蜜きな粉プリン、

黒蜜きな粉プリン

自家製ミートソースとチーズで焼き上げたピザなどが登場する予定です。

自家製ミートソースとチーズで焼き上げたピザ

カフェは2020年6月1日からの再開を目指しているとのこと。「THUMBS UP MARKET」のオンラインショップを楽しみつつ、再開の日を待ちたいですね。

スポット名THUMBS UP MARKET
時間 カフェ再開後は11:00~17:00を予定。下記公式サイトやインスタグラム(@thumbs_up_market)、ツイッター(@ThumbsupMarket_)にて要確認。
問い合わせ06-6435-9512
アクセス阪急武庫之荘駅下車 約20分、または阪神バス・武庫小学校停または武庫元町停下車すぐ
住所尼崎市武庫元町1-26-8【MAP
URL https://thumb.theshop.jp/
  • 掲載店舗の営業時間、メニュー内容などは、記事配信日時点での情報です。予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!