【京都のお取り寄せ】京都の有名おやつ 京菓子處 鼓月の千寿せんべい。神戸限定の夏味も登場

京都のおやつといえばイメージされるのは何でしょうか?

抹茶スイーツや小豆の和菓子、みたらし団子…。京都においしいお菓子はたくさん。ですが、家に買い置きして、家族みんなで食べるのにちょうどよい。そんな日常のおやつにぴったりの有名スイーツとなると、数が限られているように思います。

そんな中、京都の人が日常のおやつとして買い置きしたり、毎日食べても飽きないと思うスイーツの一つが千寿せんべいです。和菓子のようで和菓子でない不思議な感覚の銘菓です。

この記事では、京都の人がもらって嬉しい、日常のおやつとして楽しむ有名銘菓「千寿せんべい」をご紹介します。2020年夏に登場したラムネ味についてもご紹介しています。

目次

  1. 鼓月千寿せんべい誕生秘話
  2. 千寿せんべいのおいしさへのこだわり
  3. 一口サイズの姫千寿せんべい
  4. 姫鼓月神戸阪急店&オンラインショップ限定のラムネ味
  5. まだまだある鼓月のおいしい和のおやつ

鼓月千寿せんべい誕生秘話

1945年に京都で創業した鼓月。こちらの看板商品といえば「千寿せんべい」。この銘菓が誕生するまでの経緯はとってもユニーク!誕生までの裏話を広報の方に教えていただきました!

千寿せんべいのナミナミは機械の輸入ミスから生まれた?

千寿せんべいの大きな特徴の一つが「ヴァッフェル(ドイツ語でワッフルのこと)」生地がナミナミ状になっていること。ナミナミ状になっているため、半分ずつなど分ける時にきれいに分けられますし、口に入れた時には、歯応えとボリューム感を感じられるようになっています。

でも実はこれ、ある間違いから生まれた形だったそうです。

1963年に「今までにない新しい時代のお菓子を作ろう!」とドイツから「ヴァッフェル」生地を焼く機械を取り寄せたところ、なんと間違って焼肉機を輸入してしまったそう(焼肉機は、肉の油が落ちやすいようにナミナミになっていますよね)。そのためナミナミの形になったとのこと。

「ヴァッフェル」生地は一般的に格子状ですから、この時にきちんとワッフルを焼く機械が導入されていれば、今とは全く違う見た目になっていたんですね。

千寿せんべいおいしさへのこだわり

製造工程にもこだわりを感じる千寿せんべい

それでは千寿せんべいがどのようにして作られているか、そのおいしさの秘密にせまります。まずは定番中の定番であるシュガークリームをはさんだ千寿せんべいです。

千寿せんべいの特徴であるナミナミの「ヴァッフェル」生地部分の原材料は独自にブレンドされた千寿せんべい専用粉。ソフトな食感と口どけの良さを重視して、こだわっています。

どこにもない味を作るために季節によって配合や焼き加減が工夫されているそうです。

「ヴァッフェル」生地にはさまれたシュガークリームには純度の高い粉糖が使われているため、ふんわりとした甘みになっています。

千寿せんべいの商品詳細は下記の通りです。

【商品名】千寿せんべい
【販売場所】鼓月全店、オンラインショップ
【味】シュガークリームのみ
【ラインナップ】1枚130円、8枚入1,188円、12枚入1,728円、16枚入2,376円、24枚入3,456円、30枚入4,320円、40枚入5,616円(すべて税込み)

購入はこちら楽天ショップ

一口サイズの姫千寿せんべい

千寿せんべいの美味しさはそのまま、一口サイズで小さく可愛らしくなった姫千寿せんべい。

全店舗・すべての季節買うことができる定番の味「有機ほうじ茶」をはじめとして、地域限定味や季節限定味などのバリエーションがあります。

姫千寿せんべいはオフィスでのお菓子にもぴったりなんです。写真のようにレモンの輪切りとほぼ同じくらいのサイズ感です。何個でも食べられてしまう危険もありますね…。

【商品名】姫千寿せんべい
【販売場所】鼓月全店(地域限定味は該当地域の店舗での販売のみ)、京菓子處鼓月オンラインショップ
【味】<全店全季節共通>有機ほうじ茶、<地域限定>有機抹茶(京都)、カラメルプリン(神戸)、モーモーミルク(札幌)、<季節限定>みかん、さくら、レモンスカッシュ、ストロベリー紅茶、雪塩バニラ、栗モンブラン、キャラメル林檎、<催事イベント限定>苺ラズベリー、キリマンジャロ、レモン紅茶、玉露、柚子
【ラインナップ】1箱12枚入1,404円(ばら売りなし)、2段箱2,916円、3段箱4,320円(すべて税込み)

購入はこちら楽天ショップ

姫鼓月神戸阪急店&オンラインショップ限定のラムネ味

この夏、登場したのがラムネ味。大人には懐かしい味が千寿せんべいにも。

神戸にゆかりのあるラムネ味の姫千寿せんべい、1周年を迎えた姫鼓月神戸阪急店&オンラインショップ限定で新発売です。

なぜ神戸でラムネ味?

ラムネは明治初期に神戸旧居留地にあった「シム商会」がレモネードを製造販売したことから全国に広がったとされています。

神戸にゆかりのあるラムネフレーバーの姫千寿せんべいが、姫鼓月神戸阪急店1周年に合わせて誕生。姫鼓月神戸阪急店限定「姫千寿せんべいカラメルプリン」に続く、神戸にゆかりのある限定味です。

ラムネの千寿せんべいってどんな味?

手のひらサイズの姫千寿ラムネ味

シュガークリームになじみがあると、ラムネ味ってどんなだろ?と思いますが、ラムネの炭酸感と爽やかな風味をいかして、シュガークリームに炭酸とレモンエキストラオイルで清涼感を加えているとのこと。

焼き菓子なのにラムネを感じられるフレーバーになっています。

ブルーにビー玉をデザインした涼しげな千寿せんべいラムネ味パッケージ
手土産にもぴったり2段重ねの千寿せんべい
手土産にもぴったり法事用3段の千寿せんべい

パッケージもとってもかわいいんです。夏のギフトにぴったりなラムネ瓶をイメージしたレトロで爽やかなパッケージ。フタには涼しげなビー玉のイラストをあしらい、炭酸泡をイメージした水玉模様が全体にデザインされています。

【商品名】姫千寿せんべいラムネ 
【販売場所】姫鼓月 神戸阪急店 / 鼓月公式オンラインショップ 
【商品価格】12枚入 1,404円、二段箱(ラムネ12枚入、雪塩バニラ12枚入)2,916円、三段箱(ラムネ12枚入、雪塩バニラ12枚入、有機ほうじ茶12枚入)4,320円(すべて税込み)
【販売開始】2020年7月10日(金)

購入はこちら楽天ショップ

姫千寿せんべい ラムネを店舗で購入の場合は

スポット名 神戸阪急
時間10:00~20:00
問い合わせ078-221-4181
アクセス阪急神戸三宮駅よりすぐ
住所神戸市中央区小野柄通8丁目1−8【MAP
URL https://www.hankyu-dept.co.jp/kobe/index.html

まだまだある鼓月のおいしい和のおやつ

季節限定

わらび餅

プルンとヒンヤリ夏のおすすめ鼓月のわらび餅

グッと冷やして食べるわらび餅はとってもおいしいですよね。鼓月のわらび餅はつるんとしたのど越しが特長。きな粉と黒みつでいただきます。

【商品名】わらび餅
【販売価格】3個入り1,188円、6個入り2,268円、9個入り3,348円(税込み)

購入はこちら:楽天ショップ

檸檬饅頭 爽々

季節限定レモン味のさやかな饅頭菓子

ほろ苦いレモンピールをシロップ浸けでやわらかくまろやかにした後、レモンピューレと白餡を合わせ、さっぱりジューシーな味わいの「レモン餡」に。
レモンピューレのゴロゴロとした食感や、爽やかな風味がたまりません。

“ころっと”した形も可愛らしく、みずみずしいレモンそのもの。

【商品名】檸檬饅頭 爽々
【販売価格】5個入り 1,188円、10個入り 2,268円、15個入り 3,348円(すべて税込み)

購入はこちら:楽天ショップ

長く愛されてきた定番

定番菓子の華は伝統の技をいかした華やかな和菓子

華は菊の花のかたちが雅な黄味餡の焼饅頭です。昭和30年代、当時には珍しくバターやクリームを使うなど、京菓子の伝統に創意工夫を重ねて誕生。50年以上も愛され続ける銘菓です。

12個入 2,268円(税込み)

購入はこちら:楽天ショップ

花洛

定番和菓子の花洛ふんわり生地にあんこが詰まる

パウンド生地に皮むきこし餡入のホイル焼き菓子。普通のこしあんは煮てから皮を除去しますが、花洛に使用されているのは皮をむいてから煮る「皮むきあん」です。皮の色が入らないためにこし餡よりも色があわく、皮の雑味がなく、まろやかな口解けのあっさりとした風味です。

12個入り 2,268円(税込み)

購入はこちら:楽天ショップ

鼓月 本店の情報

スポット名 鼓月 本店
時間午前9時〜午後7時(平日)
午前9時〜午後6時(日祝日)
問い合わせ075-802-3321
アクセス市営地下鉄二条駅より徒歩約11分
住所京都市中京区旧二条通七本松西入ル【MAP
URL https://www.kogetsu.com/

最後に

いかがでしたか?

京都で長く愛されている味をお土産に、そして家族みんなの毎日のおやつに、オフィスでのおやつの時間にも、軽くてお手頃な千寿せんべい。関西には鼓月さんのお店がたくさんありますので、見かけられたらぜひ一度食べてみてくださいね。

この記事を書いたのは… TOKK編集部K

「TOKK(トック)」編集部K。生まれも育ちも京都、季節ごとの花や歳時記など、京都ネタに強し!また、阪急沿線の各駅ごとに見どころをまとめた「まちあるき手帖」の編集制作も担当、阪急電車89駅、全てを踏破した経験も。興味のあることは、うどん、コーヒー(おしゃれカフェより純喫茶派)、ロードバイク(レースに出るゴリゴリ系ではなく、愛車でゆったりポタリング派)。

阪急沿線情報紙「TOKK」は今年で創刊から48年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月2回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia

【Twitter】@hankyu_tokk

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!