【京都】お取り寄せスイーツ6選・実食レポート【TOKK2020年7月15日号】

阪急沿線情報紙「TOKK」編集部が、京都の名店が手掛けるお取り寄せスイーツを6つ厳選してご紹介。

目にも涼やかでうっとりするほど美しい銘菓を、実際に注文して食べてみた感想をお伝えします。

家から遠いお店でもネットで簡単に注文できて宅配してもらえるのは本当に便利。これまでお取り寄せを試したことがないという方も、この機会に一度トライしてみてはいかがでしょうか。

そして落ち着いたら、ぜひ直接お店にも足を運んでみてくださいね。

※価格はすべて消費税込みです。送料はすべて関西圏の料金となります。

神戸線のお取り寄せスイーツはこちらから
宝塚線のお取り寄せスイーツはこちらから

亀屋良長「桃の菓」

水菓子
「桃の菓」 1,188円 ※販売は8月中旬まで。

口に運んだ瞬間、パッと夏の青空が広がったような気分にさせてくれる爽やかな味わい。

フルーティーな桃羊羹に、乳酸菌飲料(カルピス)を使った甘酸っぱい錦玉羹(きんぎょくかん)、さらに白ワインで煮た白桃とスライスレモンが重ねられています。

水菓子

和菓子のようで洋菓子のようでもある、紅茶にも合いそうな新感覚のおいしさです。

見た目の美しさにもほれぼれします。桃羊羹の鮮やかなピンクは桃そのものの天然の発色とのこと。食べられる芸術品といった感じですね。

水菓子

これをいただかずして今年の夏は終われない、そんな気持ちにさせられます。

水菓子のパッケージ

パッケージもとても可愛く、手土産や贈り物にも喜ばれそうです。

商品名桃の菓 ※販売は8月中旬まで。
価格1,188円
内容1本(約205g。外装含む)
日持ち14日
発送の目安注文後5営業日以内
注文用URLhttps://kameya-yoshinaga.com/?pid=150723535
送料送料770円


スポット名亀屋良長 本店
問い合わせ075-221-2005
アクセス阪急大宮駅下車 約5分
住所京都府京都市下京区 油小路西入柏屋町17-19【MAP
URL https://kameya-yoshinaga.com/

Satomi Fujita by KAMEYA YOSHINAGA「あんみつ・ミツマメ」

水菓子
「あんみつ・ミツマメ」 1,512円 ※販売は8月31日まで(なくなり次第終了)。

寒天や求肥、果物など、様々な素材が盛られた日本の夏菓子、あんみつとミツマメ。それがなんと一口で楽しめるお菓子に。

3色の取り合わせが美しく涼やかで、器に盛ると宝石のよう。あんみつ2種(黒蜜と宇治抹茶)と、ミツマメの3種の味が楽しめます。

水菓子

まずはあんみつの黒蜜からいただきます。

コクのある黒糖の寒天に、まろやかなミルクムースが絶妙にマッチ。そこへ大納言の粒あんが加わり、一口サイズなのに本当にあんみつを食べたような満足感があります。

続いて宇治抹茶のあんみつをいただきます。

風味豊かな宇治抹茶に大納言の粒あん。和菓子で王道の組み合わせに、ミルクムースがプラスされることで、和の中に洋のテイストも感じられる新しい味わいです。

水菓子の中身

そして最後にミツマメをいただきます。

あんみつとはまた異なり、ほどよい酸味が広がってさっぱりと爽やか。とろける求肥の下には、バニラビーンズの入った風味豊かな蜜柑ゼリーが重ねられています。

赤えんどう豆が味と食感のアクセントになっていて、まさに一口で楽しむことができる「ミツマメ」です。

水菓子

小さな一品に込められた、和菓子の繊細で奥深い世界に感じ入ります。ゆっくりと、時間をかけて味わいたい銘菓です。

商品名あんみつ・ミツマメ ※販売は8月31日まで(なくなり次第終了)。
価格1,512円
内容9個(あんみつ<黒蜜、宇治抹茶>、ミツマメ 各3個)  
日持ち7日(冷蔵)
発送の目安注文後5営業日以内
注文用URLhttps://kameya-yoshinaga.com/?pid=92377440
送料送料990円(クール便代込)

スポット名Satomi Fujita by KAMEYA YOSHINAGA(亀屋良長 本店内)
問い合わせ075-221-2005
アクセス阪急大宮駅下車 約5分
住所京都府京都市下京区油小路西入柏屋町17-19【MAP
URL https://kameya-yoshinaga.com/

京菓匠 笹屋伊織「涼の晴風」

水菓子
「涼の晴風」 1,080円

淡く色づいた4色のゼリーに、金魚、レモン、かに、朝顔と、夏のモチーフがあしらわれた涼菓。

そのまま部屋に飾りたいと思ってしまうほど可愛くて見とれます。

掌に収まりそうな、上品なサイズ感も素敵。どれもゼリーの中に寒天が入っています。

水菓子

ゼリーはつるんとやわらかで口に運ぶとなめらかに溶け、ぷるんっとしっかりした食感の寒天がアクセントになっています。

食べるのがもったいないと思いつつ、それぞれをじっくりと味わわせていただきました。

水菓子

金魚が浮かぶのは、フルーティーなりんごのゼリー。ビー玉のように美しい、翠色をした球体の寒天が入っています。

レモンがあしらわれているのは、酸味が爽やかなレモンゼリー。桃色をした1cm角ほどの寒天がちりばめられていてレモンの黄色との対比が華やかです。

水菓子

カニのモチーフは、果汁がしたたるマスカットのゼリー。カニの下には太陽をイメージさせる明るく丸い寒天が入っていて、海や川で遊んだ楽しい思い出がよみがえってきそう。

水菓子

朝顔があしらわれているのは、ジューシーで後味はさっぱりとした甘夏のゼリー。小さな正方形の寒天が、朝顔の葉にきらめく陽光のようです。


どの味、どのモチーフを選ぶか、家族や友人とワイワイ話しながら選ぶ時間も楽しそうですね。

商品名涼の晴風(4個入り) ※販売は8月上旬まで。
価格1,080円
内容4個(金魚〈りんご〉、レモンゼリー、かに〈マスカット〉、朝顔〈甘夏〉 各1個) 
日持ち製造日から60日
発送の目安注文後3~7営業日
注文用URLhttps://www.sasayaiori.com/shop/products/p-3693/
送料送料759円
スポット名京菓匠 笹屋伊織 本店
問い合わせ075-371-3333
アクセス阪急大宮駅→市バス・七条大宮・京都水族館前停下車すぐ
住所京都市下京区七条通大宮西入花畑町86【MAP
URL https://www.sasayaiori.com/

永楽屋「重陽」

琥珀
「重陽」 1,037円

届いたときにまず目を引いたのが包装のデザイン。上品でとても洗練されていて素敵です。

琥珀のパッケージ

包みを開くとまたうっとり。

琥珀

可憐さの中にどこかはかなげで繊細な印象を感じる、日本の美意識を現したような、3種類の琥珀が入っています。

琥珀

器に盛ると、菊の花を飾ったように清楚な雰囲気に。

琥珀

薄いピンク色の琥珀「紫蘇」は、ちりばめられた紫蘇の葉が爽やかに香り、ほんのり塩味がきいています。なんとも上品なお味です。

「小豆」は、透き通る寒天にふっくら甘く炊き上げた小豆がアクセントになっていて、日本茶にとても合います。

澄んだグリーンが美しい「抹茶」は、惜しみなく使用された抹茶の香りがふわっと口いっぱいに広がります。3種3様のおいしさが楽しめます。

琥珀のパッケージと手紙

無料でメッセージカードを添えることもできるので、ギフトにも重宝しそうです。

商品名重陽
価格1,037円
日持ち製造日を含む30日
内容12個(紫蘇・小豆・抹茶 各4個)
発送の目安注文後4~6営業日
注文用URLhttps://shop.eirakuya.co.jp/products/detail/134
送料送料660円

スポット名永楽屋 本店
問い合わせ075-221-2318
アクセス阪急京都河原町駅下車すぐ
住所京都市中京区河原町通四条上る東側【MAP
URL http://www.eirakuya.co.jp/

京菓子司 俵屋吉富「京逍遥 清流めぐり」

錦玉羹
「京逍遥 清流めぐり」 1,944円 ※販売は2020年8月23日まで。

その名のとおり「清流」がそのままお菓子になったよう。コバルトブルーの錦玉羹が目の覚めるような美しさで、水の流れをそばで眺めているような涼感に包まれます。

錦玉羹

コバルトブルーの錦玉羹と対をなす白い道明寺羹が、跳ね返る水しぶきを感じさせ、家にいながら山中にある水辺に出かけたような心持ちにさせてくれます。

錦玉羹

遠出がなかなか難しくても、こうしてお出かけ気分を味わうのもいいものです。

甘みのあるぷりっとした錦玉羹と、もっちりした道明寺羹の食感のコントラストも楽しめます。渋めのお茶といっしょにいただきたい棹菓子です。

商品名京逍遥 清流めぐり ※販売は8月23日まで。
価格1,944円
日持ち40日
内容1本(約430g)
発送の目安注文当日~翌営業日
注文用URLhttps://tawaraya.xbiz.jp/
送料送料870円(京都府内810円)
スポット名京菓子司 俵屋吉富 烏丸店
問い合わせ075-432-3101
アクセス阪急烏丸駅→地下鉄・今出川駅下車 約4分
住所京都市上京区烏丸通上立売上ル【MAP
URL https://kyogashi.co.jp/

然花抄院「菓包 碧 (然ノ涼 水菓子五種) 」

水菓子
「菓包 碧 (然ノ涼 水菓子五種) 」 1,836円

澄んだ夏空に似合う、鮮やかで上品な風呂敷包みの装いが素敵。贈り物にも最適です。

風呂敷

風呂敷をほどくと、中には4種のゼリーと水ようかんが入っています。

水菓子のパッケージ

紫心(ししん)は北海道産小豆を丁寧に炊き上げたこし餡の水羊羹です。なめらかな舌触りで、のどごしはつるん。小豆の甘味とコクがしっかりあり、後味はすっきりしています。

朱玉(しゅぎょく)は山形県産さくらんぼを使ったゼリー。さくらんぼそのものを食べているような、果汁の味がしっかり感じられる贅沢なおいしさ。

青梅(あおうめ)は、シロップ漬けにした青梅のゼリー。果実味がとても豊かで、青梅の爽やかな香りと甘味が口いっぱいに広がります。

柚流(ゆるる)は、柚子の香りが芳醇な、みずみずしく甘酸っぱいゼリー。柚子の果皮の程よい苦みが上品な余韻を残します。

黒豆(くろまめ)は、甘味の深い丹波黒豆をあしらった黒糖羹。口の中でほろりと崩れるコクのある黒糖羹に、ふっくらやわらかな大粒の丹波黒豆がアクセントになっています。

素材を生かした、個性の異なる5種類の味を堪能してくださいね。

商品名菓包 碧 (然ノ涼 水菓子五種)
価格1,836円
日持ち製造日を含む366日
内容6個(紫心2個・朱玉・柚流・青梅・黒豆 各1個)
発送の目安注文後5営業日
注文用URLhttps://zenkashoin-shop.com/
送料送料1,180円
スポット名然花抄院 京都室町本店
問い合わせ075-241-3300
アクセス阪急烏丸駅→地下鉄・烏丸御池駅下車 約5分
住所京都市中京区蛸薬師町271−1【MAP
URL https://www.zen-kashoin.com/

以上、京都にある名店のお取り寄せスイーツ6選をご紹介しました。

最初は少し送料に抵抗を感じていましたが、涼しい家にいながら、はるばる遠いお店から商品を届けていただけると考えると、それだけの価値が十分あると感じました。

ぜひこの機会にお取り寄せしてみてくださいね。

この記事を書いたのは… TOKK編集部

「TOKK(トック)」編集部I。西宮生まれ、西宮育ちの宮っ子。サンドイッチが大好きで、ある店に3年間通い詰めて毎日サンドイッチを食べていたことも。また、ハイキングTOKKの編集制作を担当していた経験から野鳥が好きになり、外出すると必ず野鳥がいないか探す習性が。興味があるのは、レトロなもの、昭和のカルチャー全般。

阪急沿線情報紙「TOKK」は2020年で創刊から48年目を迎える情報紙で、関西私鉄・阪急電車沿線のおでかけとくらし情報を毎月2回、各30万部発行するメディアです。取材のこぼれ話やお店の方から聞いたお話や、くらしの中で気になる情報を毎日更新中です。

【Instagram】@tokk_hankyulocalmedia

【Twitter】@hankyu_tokk

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード






Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!