京都・北野天満宮で400年の歴史ある祭典「献茶祭」と正月の縁起物「大福梅」授与

京都の北野天満宮で、400年の歴史ある祭典「献茶祭」を12月1日(火)に、「大福梅授与」を12月13日(日)から実施する。

「献茶祭」は、豊臣秀吉公が催した北野大茶湯に由来する大茶会。京都の茶道の家元が御本殿にてお点前を奉仕し献茶祭を行う。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年の献茶祭は祭典のみ執行(一般参列なし)。各茶会・協賛席は中止となる。

また13日からは「大福梅」を授与。「大福梅」は、元旦に一年の無病息災を祈っていただく、京都を代表する新年の縁起物。

行事・イベント名献茶祭 12月1日(火)
大福梅授与 12月13日(日)~
場所北野天満宮
料金【大福梅】1袋700円(なくなり次第終了)
問い合わせ075-461-0005 
アクセス阪急西院・大宮各駅→市バス・北野天満宮前停下車すぐ【MAP
URL http://kitanotenmangu.or.jp/

  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。また、お出かけの前に各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
  • 価格は記事配信日時点での税込価格です。

この記事をシェアする

関連キーワード







Follow Me!

Instagram Icon Twitter Icon

公式アカウントをチェック!